マイルを貯めるクレジットカードの選び方5つのポイント

ペンとクレジットカード

ペンとクレジットカード

マイルを貯める方法にも色々ありますが、その中でも一番手っ取り早い方法がクレジットカードです。マイルの基本的な貯め方についてはこちらの記事をご覧ください。この記事では、マイルを貯めるためのクレジットカードの選び方について説明します。対象は特定の航空会社のマイレージプログラムではなく、一般的なマイレージプログラム全般とします。ここではクレジットカードを選ぶ上で重要な5つのポイントを紹介します。

1. 年会費

年会費はクレジットカードを選ぶ上でわかりやすいポイントです。年会費が無料のクレジットカードから、数万円するものまで様々です。

もちろん無料のクレジットカードを選べばいいのに越したことがありませんが、通常クレジットカードの特典と年会費は比例します。

マイルが貯まるスピードも、基本的には年会費が高いクレジットカードのほうが速くなります。また機能も年会費が高いクレジットカードのほうが通常多いです。

クレジットカードに年会費を払う意思のない方は無料のクレジットカードを選べばいいですし、コストが増えても積極的にマイルを貯めたいという方は年会費が有料のクレジットカードを選べばいいです。この辺りはバランスを考えて選びましょう。

2.マイル付与率

マイル付与率は、クレジットカード利用額に対して、どれぐ らいマイルがもらえるかを表したものです。

例えばクレジットカードで1,000円利用して10マイルもらえる場合、マイル付与率は1%です。ただしパーセンテージ表記よりも10マイル/1000円というようにそのまま記したほうがわかりやすいので、当サイトではこの表記を使用します。

マイル付与率はマイルが貯まる速度に直接影響するので、マイル付与率はクレジットカードを選ぶ上で重要なポイントです。

3.マイル移行費用

クレジットカードを利用した際には、クレジットカード会社独自のポイントが貯まります。多くのクレジットカードの場合、このポイントをマイルに移行するという形でマイルが貯まります。このポイントをマイルに移行する際にかかる費用、マイル移行費用もクレジットカードを選ぶ上で重要なポイントの一つです。

このマイル移行費用はクレジットカードによっては無料ですが、有料のカードのほうがマイル付与率が高くなっている場合がほとんどです。

クレジットカードによってはマイル移行費用が無料と有料のコースを用意して、どちらかを選択できるようにしているところがあります。

また、JALカードは他のクレジットカードと少し事情が違っています。JALカードの場合はポイントから移行する必要はなく、クレジットカードの利用で直接マイルが貯まります。その代わりJALカードの場合は、ショッピングマイル・プレミアムというオプションを用意して、マイル移行費用を年会費にプラスする形を取っています。ショッピングマイル・プレミアムに入会すると、マイルが通常より2倍もらえるようになります。

4. 旅行保険

よく旅行をする方、特に海外旅行をよくする方にとって旅行保険は重要なポイントです。クレジットカードによって、旅行保険が自動付帯しているものや、旅行保険自体が全くないものなどがあるので、内容をよく確認することが重要です。

基本的に旅行保険の内容は年会費の高さと比例します。航空会社系のクレジットカードならほぼ旅行保険が付帯していますが、年会費が安い一般カードと、年会費が高いゴールドカードとでは補償額や補償内容が違います。

例えば一般カードの場合は海外旅行保険の補償が1,000万円までという内容になっていることが多いですが、ケガや病気の治療や盗難などはカバーしていません。ゴールドカードであれば、補償額が5,000万円から1億円と高く、補償内容も充実しています。

5. 提携電子マネー

クレジットカードには、EdyやWAONなどの電子マネーと提携しているものがあります。電子マネーを利用した分だけ一定の比率でマイルが貯まるクレジットカード、または電子マネーにクレジットカードでチャージをした場合にもマイルが貯まるクレジットカードもあります。

電子マネーをよく利用される方にとっては、どの電子マネーと提携しているかによってマイルが貯まるスピードが変わってくるので、提携電子マネーの有無もクレジットカードを選ぶ上での基準の一つです。

まとめ

マイルを貯めるクレジットカードの選ぶ際には、以下の5つがポイントです。

  1. 年会費
  2. マイル付与率
  3. マイル移行費用
  4. 旅行保険
  5. 提携電子マネー

スポンサーリンク

タグ

関連するコンテンツ