大阪⇔札幌(北海道)の移動手段まとめ【2016年度版】

2016年3月26日の北海道新幹線開業に合わせて、内容を更新しました。(2016年4月6日)
大阪国際空港ターミナルビル

大阪国際空港ターミナルビル

大阪⇔札幌の移動手段(交通手段)についてまとめました。

はじめに、大阪⇔札幌間の距離について確認します。直線距離は1059.9km、JRの営業キロは1719.7kmです。(いずれも大阪駅〜札幌駅の距離で計算)

そして、大阪と札幌を結ぶ主な移動手段には、主に以下のようなものがあります。

  • 飛行機
  • フェリー
  • 鉄道

それぞれについて、以下で見ていきましょう。

飛行機

ANAの飛行機

【片道費用】4,890〜47,300円
【所要時間】約1時間50分〜2時間10分

以下は、大阪⇔札幌間で運航されている路線の一覧です。運賃は、2016年4月調査時点での運賃です。

大阪⇔札幌間の運航路線(2016年4月調査時点)
航空会社 路線 運賃
ANA 伊丹〜新千歳 13,500〜46,300円
関西〜新千歳 15,400〜46,300円
JAL 伊丹〜新千歳 13,500〜47,300円
関西〜新千歳 15,400〜47,300円
スカイマーク 神戸〜新千歳 5,500〜28,900円
AIR DO 神戸〜新千歳 12,500〜44,700
ピーチ・アビエーション 関西〜新千歳 4,890〜35,090円
ジェットスター・ジャパン 関西〜新千歳 5,690〜23,690円

飛行機は、大阪⇔札幌間の移動手段の中で、最もポピュラーな移動手段です。コスト面でも所要時間でも、他の移動手段に比べると優位性があります。

航空会社をおおまかに分けると、フルサービスの航空会社と、LCC(格安航空会社)に分類することができます。

フルサービスの航空会社

フルサービスの航空会社の普通運賃は基本的に割高ですが、旅割75(ANA)など早割タイプの運賃を利用することで、費用をある程度抑えることが可能です。

LCC(格安航空会社)は関西空港発着の路線のみですが、フルサービスの航空会社は伊丹空港(大阪国際空港)と神戸空港発着の路線を運航しています。

また、2013年6月21日からAIR DOが神戸〜札幌(新千歳)線を運航しています。伊丹空港は大阪市中心部から近く、神戸空港も大阪市中心部から十分に行ける距離です。

LCC(格安航空会社)

LCCでは、ピーチとジェットスターが大阪(関西)〜札幌線を運航しています。LCCの特徴は、なんといっても運賃の安さです。

運賃は時期によって大きく変動し、ゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期は、運賃が高くなる傾向があり、フルサービスの航空会社とあまり大差がない運賃になります。

また、LCCは手荷物が別料金(一定の重量を超える場合)なので、手荷物が多いとANAやJALの運賃とさほど変わらなくなることもあります。

LCCでは期間限定のセールがよく実行されます。セール情報は航空会社のWebサイトに掲載されます。なお当サイトのTwitterアカウントでもセール情報を配信しています。

航空券の検索・予約

大阪⇔札幌の航空券の条件(最安値)を絞り込むなら、DeNAトラベルが便利です。LCCも含めた各航空会社の航空券を、一括して検索・予約することができます。

フェリー

新日本海フェリー

新日本海フェリー

【片道費用】9,570〜54,000円(舞鶴〜小樽)
【所要時間】約20時間〜(舞鶴〜小樽)

新日本海フェリーが、舞鶴港(京都府舞鶴市)と小樽港(北海道小樽市)を結ぶフェリーを運行しています。新日本海フェリーを利用する場合、船内で一泊する形になります。

大阪市中心部から舞鶴フェリーターミナルまでは、連絡バスで約2時間20分です。神戸・三宮からの連絡バスがセットになっている「バス得きっぷ」を利用することも可能です。

 新日本海フェリーの「バス得きっぷ」で神戸〜小樽を1万円以下で移動する

フェリーは船室のタイプが細かく分かれているのが特徴で、一番安い船室の「ツーリストA」と「スイート」では運賃にかなり差があります。

フェリーの他の移動手段にないメリットは、車や二輪車などの大型の荷物を持ち込めることです。当然ですが、荷物にも運賃がかかります。

鉄道(新幹線・特急列車乗り継ぎ)

新幹線700系

新幹線700系

【片道費用】36,520〜60,740円
【所要時間】約11時間〜

特急列車新幹線を乗り継ぐ方法です。大阪〜札幌間を鉄道で移動する方法は、所要時間が長くコスト面でも飛行機に劣るので、これまであまり一般的ではありませんでした。ただ、2016年3月の北海道新幹線開業により、以前よりは少ない乗り継ぎ回数で移動できるようになりました。

具体的には、それぞれの区間ごとに、以下の列車に乗車します。

  • 新大阪〜東京(東海道新幹線)
  • 東京〜新函館北斗(北海道新幹線)
  • 新函館北斗〜札幌(特急スーパー北斗・北斗)

少なくとも2回の乗り換え(東京駅新函館北斗駅)が必要です。

以下は、新大阪〜札幌間の運賃・料金(大人1名・通常期)です。東京駅・新函館北斗駅で乗り換えるものとします。グランクラスは、東京〜新函館北斗間のみです。

新大阪〜札幌間の運賃・料金(東京駅・新函館北斗駅で乗り換え)
座席の種類 運賃・料金(片道)
普通車指定席 36,520円
グリーン車 52,520円
グランクラス 60,740円

在来線での移動について

大阪〜札幌間を在来線(普通列車・快速列車)で移動することも可能ですが、時間がかかりすぎてあまり現実的ではありません。実際の移動には、片道で3日間は見積もっておいたほうがいいでしょう。

それでも時間と体力に余裕があれば、青春18きっぷ北海道&東日本パスを利用することで、1日あたりにすれば数千円と格安で移動することが可能です。これらのフリーきっぷは、いずれも春・夏・冬の期間限定発売です。

寝台列車について

以前大阪〜札幌の移動手段として利用できた寝台特急『トワイライトエクスプレス』は、2015年3月12日で定期運行が終了しました。

スポンサーリンク

まとめ

大阪⇔札幌の移動手段について表にしてまとめると、以下のようになります。

大阪⇔札幌の移動手段
交通機関 費用(片道) 所要時間
飛行機 4,890〜47,300円 約1時間50分〜2時間10分
フェリー 9,570〜54,000円 約20時間〜
鉄道(新幹線・特急列車) 36,520〜60,740円 約11時間〜

この区間は、所要時間を考えると飛行機がまず第一の選択肢になります。費用に関しても、LCCが登場したことで優位性が増しました。

鉄道は費用と時間という点で、飛行機と比べると不利です。ただし2016年3月に北海道新幹線が開業したことで利便性が向上し、鉄道を利用する方も少しずつ増えてくるものと思われます。

移動そのものを楽しむなら、時間はかかりますがフェリーを利用するという選択もあるでしょう。フェリーのメリットは、自動車や二輪車を積載できることです。

この記事の内容については、動向に応じて随時更新していく予定です。


スポンサーリンク

タグ

北海道大阪札幌近畿地方

関連するコンテンツ