東京〜軽井沢の移動手段まとめ【2018年度版】

軽井沢駅

軽井沢駅

東京〜軽井沢の移動手段(公共交通機関)をまとめました。東京から軽井沢、軽井沢から東京、両方からの移動が対象です。

東京〜軽井沢の距離と地図

まず、2地点の距離を確認しておきましょう。東京駅〜軽井沢駅の直線距離は約126km、新幹線の営業キロは146.8kmです。

以下の地図に、東京〜軽井沢の主な駅や鉄道のルート等を示しました。

東京〜軽井沢の地図

東京〜軽井沢の地図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成)

東京〜軽井沢の移動手段

そして、東京〜軽井沢の移動手段(公共交通機関)には、以下のようなものがあります。

  • 高速バス
  • JR在来線+JRバス
  • 新幹線

それぞれの方法について、以下で見ていきましょう。

高速バス

碓氷橋

碓氷橋(上信越自動車道)

片道費用2,100〜3,300円
所要時間約3時間〜

高速バスは、東京〜軽井沢の移動手段の中で最もリーズナブルです。

2018年6月調査時点で、東京〜軽井沢間では以下の高速バスが運行されています。東京〜軽井沢間の高速バスの所要時間は約3時間〜です。

東京〜軽井沢の高速バス(2018年6月調査時点)
高速バス 運賃
新宿・池袋・練馬〜軽井沢線 2,600円
横浜・羽田・品川〜軽井沢線 2,100〜3,300円
渋谷〜軽井沢・草津線 3,000円
どっとこむライナー 2,200円
※2017年3月16日から運行開始した『渋谷〜軽井沢・草津線』を追加しました。(2017年3月17日追記)

バスの運転本数は、新宿・池袋・練馬〜軽井沢線のほうが多いです。

JR在来線+JRバス

横川駅〜軽井沢駅を結ぶJRバス

横川駅〜軽井沢駅を結ぶJRバス

片道費用2,780円(グリーン車に乗車する場合は別にグリーン料金が必要)
所要時間約3時間30分〜
(費用と所要時間は東京駅〜軽井沢駅間で計算)

JR在来線JRバスを利用する方法です。つまり新幹線を利用せずに、普通列車・快速列車とバスを乗り継いで移動します。

JR軽井沢駅は新幹線の駅なので、JRの在来線だけでたどりつくことのできる経路がありません。

そのため、東京駅から軽井沢の手前にある横川駅まで在来線で移動し、横川駅〜軽井沢駅間はJRバス(運賃は510円)に乗車する形になります。バスの所要時間は約34分です。

ちなみにこのJRバスは碓氷峠のアップダウンとカーブが多い道を通るので、車酔いをする方は注意が必要です。

青春18きっぷのシーズンには、青春18きっぷで東京駅〜横川駅間を移動することも可能です。

東京駅〜横川駅間の乗り継ぎに関しては、ジョルダンの青春18きっぷ検索が参考になります。

ただ、JRバス(横川駅〜軽井沢駅)には青春18きっぷで乗車できないので注意してください。別に運賃を支払う必要があります。

新幹線

北陸新幹線『あさま』

北陸新幹線『あさま』

所要時間約1時間10分〜
片道費用3,700〜12,590

新幹線(北陸新幹線)で移動する方法です。東京〜軽井沢の移動手段の中では、最も速い移動手段です。

以前は長野新幹線という名称でしたが、2015年3月14日の北陸新幹線開通後は、北陸新幹線という名称に統一されました。

以下は、東京〜軽井沢間の新幹線きっぷの比較です。表を普通車、グリーン車、グランクラスにそれぞれ分けて示しました。

  • 大人1名が通常期に乗車する場合の片道価格です。
  • 普通車は背景を白、グリーン車は背景を、グランクラスは背景を水色で示しました。
  • グランクラスは「あさま」(シートのみ営業)と「はくたか」で、料金が異なります。
  • 「お先にトクだ値」と「えきねっとトクだ値」は「あさま」のみの設定です。
東京〜軽井沢の新幹線きっぷ(普通車)
きっぷの種類 価格 備考
お先にトクだ値(あさま) 3,700〜4,270円 えきねっと会員限定
えきねっとトクだ値(あさま) 4,850〜5,490円 えきねっと会員限定
モバイルSuica特急券 5,150円 モバイルSuica会員限定
eきっぷ 5,250円 e5489会員限定
新幹線回数券(6枚つづり) 5,350円 価格は1枚あたり
通常のきっぷ(普通車自由席) 5,390円
通常のきっぷ(普通車指定席) 5,910円
東京〜軽井沢の新幹線きっぷ(グリーン車)
きっぷの種類 価格 備考
お先にトクだ値(あさま) 4,830〜5,210円 えきねっと会員限定
えきねっとトクだ値(あさま) 6,330〜6,700円 えきねっと会員限定
モバイルSuica特急券 7,210円 モバイルSuica会員限定
eきっぷ 7,310円 e5489会員限定
通常のきっぷ(グリーン車) 7,450円
東京〜軽井沢の新幹線きっぷ(グランクラス)
きっぷの種類 価格 備考
モバイルSuica特急券(あさま) 10,300円 モバイルSuica会員限定
eきっぷ(あさま) 10,400円 e5489会員限定
通常のきっぷ(あさま) 10,540円
モバイルSuica特急券(はくたか) 12,350円 モバイルSuica会員限定
eきっぷ(はくたか) 12,450円 e5489会員限定
通常のきっぷ(はくたか) 12,590円
※追記
グリーン車向けの新幹線回数券は、2016年3月で発売終了になりました。

『お先にトクだ値』『えきねっとトクだ値』について

お先にトクだ値』と『えきねっとトクだ値』は、JR東日本のポータルサイト「えきねっと」(会員登録無料)の会員が購入できる割引きっぷです。

列車・席数・区間限定のきっぷで、一番安い『お先にトクだ値』は、乗車日の13日前までの申込みが必要です。

『お先にトクだ値』も『えきねっとトクだ値』もあまり席数が多くないので、なるべく早めの申込みが必要です。

えきねっと(会員登録無料)はこちら↓

パッケージツアーを利用する

新幹線で軽井沢へ行く場合、パッケージツアーを利用するという選択肢もあります。

新幹線チケットとホテル宿泊がセットになったパッケージツアーは、新幹線やホテルを個別に手配するよりも、費用全体を抑えられるケースが多いです。日帰りのパッケージツアーもあります。

JR東日本系列の旅行会社『びゅう』が、軽井沢行きのパッケージツアーを販売しています。

【びゅう】びゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと

スポンサーリンク

まとめ

東京〜軽井沢の移動手段を、表にまとめました。

東京〜軽井沢の移動手段
交通機関 費用(片道) 所要時間
高速バス 2,100〜3,300円 約3時間〜
JR在来線+JRバス 2,780円 約3時間30分〜
新幹線 3,700〜12,590円 約50分
  • スピードを重視するなら、やはり新幹線の選択がベストです。
  • 新幹線の運賃・料金は他と比較すると高いですが、えきねっとの割引きっぷを利用することで、費用をある程度抑えることが可能です。
  • 少しでもリーズナブルに移動するなら、高速バスJR在来線+JRバスを利用する方法があります。
  • JR在来線での移動は少し面倒ですが、青春18きっぷの季節などには格安で移動できる方法です。
この記事の内容は、交通事情の変化等に対応して随時更新します。

スポンサーリンク

タグ

JR東日本東京甲信越地方軽井沢長野

関連するコンテンツ

スポンサーリンク