東京⇔新潟の移動手段まとめ【2016年度版】

JR新潟駅

JR新潟駅

東京⇔新潟(新潟県新潟市)の移動手段(交通手段)についてまとめました。

まず、東京〜新潟の距離について確認しておきましょう。直線距離は256km、JRの営業キロ(新幹線)は333.9kmです。(いずれも東京駅〜新潟駅の距離で計算)

東京⇔新潟では、主に以下のような移動手段があります。

  • 高速バス
  • JR在来線
  • 上越新幹線
  • 飛行機

それぞれの移動手段について、以下で見ていきましょう。

高速バス

【費用】1,870〜9,300円
【所要時間】約5〜7時間

東京⇔新潟間の主な高速バスを以下の表に示します。運賃は、2016年5月時点の情報です。東京ディズニーリゾートに停車する高速バスには、Dマークをつけました。

東京⇔新潟間の主な高速バス(2016年5月時点)
高速バス(運行会社) 運賃(片道) 時間帯 座席
新潟〜池袋・新宿線
(越後交通・新潟交通・西武バス)
3,100〜6,200円 昼・夜 3・4列
ウィラーエクスプレスD 3,000〜9,300円 昼・夜 3・4列
キラキラ号 1,870円〜 昼・夜 4列
JAMJAMライナー 2,800円〜 3・4列
サンシャインエクスプレス 3,000円〜 >夜 3・4列
アミー号 2,360円〜 4列
泉観光バスNETWORK 2,800円〜 昼・夜 4列

高速バスは東京⇔新潟の移動手段の中で、一番安い部類の移動手段です。運賃は基本的に4列シートのほうが3列シートより安いですが、3列シートは座席間のスペースがゆったりしています。また、昼行バスと夜行バスのいずれかを選択できます。

JR在来線

JR上越線の列車

JR上越線の列車

【片道費用】5,620円(東京駅〜新潟駅の大人片道運賃)
【所要時間】約7〜10時間

JRの在来線で移動する方法です。つまり普通列車・快速列車のみを利用し、新幹線を利用せずに移動します。

JR在来線での移動は時間がかかりますが、費用を節約したい場合には有効な方法です。乗継ぎの列車と発着時刻を調べるには、ジョルダンの青春18きっぷ検索が便利です。なお水上駅〜長岡駅間は、列車の本数が少ないので注意が必要です。

フリーきっぷを活用する

JR在来線で移動する場合、時期によってはフリーきっぷを活用することで、1日あたりにすれば数千円程度と格安で移動することが可能です。以下の表は、東京⇔新潟間で利用できる在来線向けフリーきっぷの一覧です。

東京⇔新潟間で利用できるフリーきっぷ(在来線向け)
きっぷの種類 価格(大人) 有効期間
青春18きっぷ 11,850円 1日間(5回分)
北海道&東日本パス 10,290円 連続する7日間
週末パス 8,730円 2日間(週末限定)
三連休乗車券 13,390円 3日間(三連休限定)

JR東日本の株主優待割引券

そして少し裏技的な方法ですが、JR東日本の株主優待割引券を利用することも可能です。株主優待割引券は運賃が2割引になります。

ただし株主優待割引券を利用する場合、株主優待割引券を入手するためのコストも考慮に入れる必要があります。さらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

 JR東日本の株主優待割引券で新幹線に安く乗る

上越新幹線

上越新幹線

上越新幹線

【片道費用】6,730〜14,160円
【所要時間】約1時間40分〜2時間10分

東京〜新潟を結ぶ上越新幹線を利用する方法です。上越新幹線は、東京⇔新潟間を最短1時間40分前後で結びます。東京⇔新潟の移動手段の中では、最もポピュラーな移動手段です。

定価のきっぷを購入して乗車するのが一番普通の方法ですが、以下に挙げるような割引きっぷを購入するという選択肢もあります。

以下の表は、普通車指定席用のきっぷ比較です。

東京⇔新潟の新幹線きっぷ(普通車指定席)
きっぷの種類 価格 備考
お先にトクだ値 6,730〜7,530円 13日前までに購入
スーパーモバトク 8,690円 モバイルSuica会員向け
えきねっとトクだ値 8,800〜9,680円 当日1時40分までに購入
モバイルSuica特急券 9,670円 モバイルSuica会員向け
新幹線回数券(普通車指定席) 9,770円 6枚つづりで定価58,620円
通常のきっぷ(普通車指定席) 10,570円 自由席は520円マイナス

以下はグリーン車用のきっぷ比較です。

東京⇔新潟の新幹線きっぷ(グリーン車)
きっぷの種類 価格 備考
お先にトクだ値 9,190〜9,900円 13日前までに購入
スーパーモバトク 11,700円 モバイルSuica会員向け
えきねっとトクだ値 12,020〜12,720 当日1時40分までに購入
新幹線回数券(グリーン車) 13,170円 6枚つづりで定価79,020円
モバイルSuica特急券 13,780円 モバイルSuica会員向け
通常のきっぷ 14,160円

お先にトクだ値」「えきねっとトクだ値」は、JR東日本のポータルサイト「えきねっと」(会員登録無料)の会員向けの割引きっぷです。

「お先にトクだ値」は乗車日13日前までの予約・購入が必要です。

えきねっとはこちらです。

なお週末に東京⇔新潟を往復する場合は、上の在来線の項目で紹介した「週末パス」を利用することも可能です。特急券を別に購入すれば、週末パスで新幹線にも乗車できます。

また、上の在来線の項目で紹介したJR東日本の株主優待割引券を利用することも可能です。株主優待割引券を利用する場合は、運賃・料金がそれぞれ2割引になります。

宿泊する場合

宿泊の予定がある場合は、ホテルと新幹線のチケットがセットになったパッケージツアーを利用することで、全体の費用を抑えることができます。

日本旅行が、往復の新幹線と宿泊がセットになった『JR+宿泊セットプラン』を発売しています。

2名以上という条件が付いているプランが多いですが、1名から申込可能なプランもあります。1名から申込可能なプランには、『1名様申込OK』というラベルがついています。

日本旅行のJR+宿泊セットプラン
【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!

飛行機

新潟空港ターミナルビル

新潟空港ターミナルビル

【片道費用】13,740〜21,940円
【所要時間】約1時間05分(空港までのアクセス時間は含めず)

運航会社(2016年5月時点)
航空会社 路線 本数 運賃
ANA(全日空) 成田⇔新潟 1日1往復2便 13,740〜21,940円

ANAが、成田⇔新潟線を1日1往復で運航しています。成田空港発着便なので、東京都心方面まで移動する場合は東京都心方面〜成田空港のアクセス時間も考慮する必要があります。

 東京⇔成田空港の移動手段(アクセス)まとめ

ANAの場合、「旅割」などの早割タイプの運賃を利用することで、費用をある程度安くすることが可能です。予約期限が決まっているので、予定が決まっている場合は早めに予約手続を進めるほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

東京⇔新潟の移動手段を表にしてまとめると、以下のようになります。

東京⇔新潟の移動手段
交通機関 費用(片道) 所要時間
高速バス 1,870〜9,300円 約5〜7時間
JR在来線 5,620円 約7〜10時間
上越新幹線 6,730〜14,160円 約1時間40分〜2時間10分
飛行機 13,740〜21,940円 約1時間05分

スピードを重視するなら、上越新幹線飛行機が選択肢になります。ただ飛行機の場合、新潟⇔成田線が1日1往復しか飛んでいないという状況です。運転本数という利便性で言えば、新幹線のほうが優っています。

新幹線のきっぷは比較的割高ですが、『えきねっとトクだ値』などの割引きっぷを利用してある程度費用を抑えることも可能です。

安さを重視するなら高速バスJR在来線です。東京⇔新潟間の高速バスは運転本数が多いです。

JR在来線の場合、時期によっては青春18きっぷなどのフリーきっぷを活用することで、格安で移動することも可能です。

この記事の内容については、動向に応じて随時更新していく予定です。


スポンサーリンク

タグ

新潟東京甲信越地方関東地方

関連するコンテンツ