東京⇔高松の移動手段まとめ【2016年度版】

高松市の街並み

高松市の街並み


東京⇔高松の移動手段(交通手段)についてまとめました。

はじめに、東京⇔高松の距離(東京駅〜高松駅の距離で計算)について確認しておきましょう。直線距離は542.1km、JRの営業キロは804.7kmです。


そして、東京と高松を結ぶ主な移動手段には、主に以下のようなものがあります。

  • 高速バス
  • 鉄道(在来線)
  • 鉄道(サンライズ瀬戸)
  • 鉄道(新幹線・マリンライナー)
  • 飛行機

それぞれの移動手段について、以下で見ていきましょう。

高速バス

【片道費用】5,800〜13,400円
【所要時間】約10時間〜

以下は、東京⇔高松間の高速バス一覧です。運賃は、2016年6月調査時点での運賃です。

東京ディズニーリゾートにも停車する高速バスには、Dマークをつけました。

東京⇔高松間の高速バス(2016年6月調査時点)
バス名 運賃 時間帯 座席
コトバスエクスプレスD 5,900〜13,400円 夜行 3・4列
ドリーム高松号 5,800〜11,500円 夜行 3列
ハローブリッジ号 5,900〜11,400円 夜行 3・4列

東京⇔高松間の高速バスは、こちらで確認した限りすべて夜行バスです。

バスの座席は、3列シートと4列シートがあります。3列シートのほうが座席間の間隔がゆったりしていますが、その分だけ運賃は高いです。

一部のバスでは、早めに予約することで運賃が安くなる「早割」タイプの運賃を設定しています。スケジュールが決まっている場合は、なるべく早めに予約手続きを進めるのがいいでしょう。

鉄道(在来線)

高松駅

高松駅

【片道費用】11,310円(東京駅〜高松駅の片道運賃)
【所要時間】約13時間〜

東京⇔高松間をJRの在来線で移動する方法です。つまり、新幹線(特急列車)には乗車せずに、普通列車・快速列車のみを利用して移動します。時間がかかりますが、朝早く家を出れば、何とか1日で移動することも可能です。

ジョルダンの青春18きっぷ検索で、最適な乗り継ぎルートや時刻を検索することができます。

フリーきっぷを活用する

在来線で移動する場合、時期によっては、青春18きっぷなどのフリーきっぷを利用して格安で移動することも可能です。以下は、東京⇔高松間で利用できるフリーきっぷです。

東京⇔高松間で利用できるフリーきっぷ
きっぷの種類 価格 発売期間 有効期間
青春18きっぷ 11,850円 春・夏・冬 1日間
秋の乗り放題パス 7,710円 3日間

鉄道(サンライズ瀬戸)

サンライズ瀬戸

『サンライズ瀬戸』

【片道費用】15,070〜28,280円(1人利用の場合)
【所要時間】約9時間30〜40分

サンライズ瀬戸は、JRが運行する夜行寝台列車です。夜行列車なので、深夜に東京〜高松間を移動することになります。

上りのサンライズ瀬戸は高松駅を21:26に出発して、東京駅に翌日7:08に到着します。下りのサンライズ瀬戸は東京駅を22:00に出発して、高松駅に7:27に到着します。

サンライズ瀬戸の寝台にはいくつか種類があり、料金に幅があります。その中でも一番安いノビノビ座席は、比較的割安です。以下の表は、サンライズ瀬戸の運賃・料金(東京〜高松間の大人・片道運賃)です。

サンライズ瀬戸の運賃・料金
寝台タイプ 運賃・料金
シングルデラックス 28,280円
シングルツイン 23,980円
シングル 22,110円
ソロ 21,030円
ノビノビ座席 15,070円

鉄道(新幹線・マリンライナー)

快速マリンライナー

快速『マリンライナー』

【片道費用】17,130〜25,110円
【所要時間】約4時間30分〜

東京⇔岡山間を新幹線、岡山⇔高松間を快速マリンライナーで移動する方法です。快速マリンライナーは岡山⇔高松間を結ぶ快速列車で、運転本数も比較的多いです。新幹線での移動は飛行機より時間がかかりますが、『定時性』に優れているのが新幹線を利用するメリットです。

新幹線のチケットは基本的に割高ですが、往復の場合は『のぞみ早特往復きっぷ』を利用して、費用をある程度抑えることも可能です。

『のぞみ早特往復きっぷ』は、JR四国が発売している往復割引きっぷです。高松〜岡山間は快速『マリンライナー』の普通車自由席、岡山〜東京間は新幹線『のぞみ』の普通車指定席に乗車できます。

『のぞみ早特往復きっぷ』の価格は28,800円(片道あたり14,400円)です。高松発の設定のみで、東京方面発の設定はありません。『早特』タイプのきっぷなので、『ゆき』出発日の7日前までの購入が必要です。

以下の表は、東京⇔高松間のきっぷ比較です。片道と往復に分けて示し、往復の場合は往復割引を適用してあります。往復割引は運賃が『ゆき』『かえり』ともに1割引になります。

東京⇔高松間のきっぷ比較
きっぷの種類 片道 往復
のぞみ早特往復きっぷ 28,800円
通常のきっぷ(普通車自由席) 17,130円 31,980円
通常のきっぷ(普通車指定席) 18,690円 35,100円
通常のきっぷ(グリーン車) 25,110円 47,940円

上で述べた『のぞみ早特往復きっぷ』の他に、東京⇔高松間に設定されているきっぷはありませんが、東京〜岡山間の新幹線割引きっぷを別に購入するという方法も考えられます。

東京〜岡山間の新幹線割引きっぷについては、以下の記事を参考にしてください。

 東京⇔岡山の移動手段まとめ

宿泊の予定がある場合

『ゆき』と『かえり』に新幹線を利用し、かつ宿泊の予定がある場合は、ホテル新幹線がセットになった旅行商品(JRセットプラン)を利用するという選択肢もあります。

条件にもよりますが、個別にホテルや新幹線のチケットを予約するよりも、全体の費用が安くなるケースがあります。以下は、日本旅行が発売しているJRセットプランです。

【日本旅行】JR+宿泊セットプラン

飛行機

高松空港

高松空港

【片道費用】4,990〜42,990円
【所要時間】約1時間10〜40分(空港アクセス時間は含まず)

東京⇔高松間の運航路線一覧です。運賃は2016年8月調査時点での運賃です。

東京⇔高松間の運航路線(2016年8月時点)
航空会社 路線 便数 運賃
ANA 羽田⇔高松 1日6往復 11,590〜42,990円
JAL 羽田⇔高松 1日7往復 11,590〜36,890円
ジェットスター 成田⇔高松 1日1〜2往復 4,990〜32,190円

ANAとJALが羽田⇔高松線を運航しています。そして格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが、成田高松線を運航しています。

ANAやJALの普通運賃は割高ですが、早期に予約することで運賃が安くなる「早割」タイプ運賃の利用である程度は運賃を安くすることが可能です。予定が決まっている場合は早めに予約手続をするといいでしょう。

空港アクセスについて

旅程を建てる際には、空港までのアクセス時間も計算に入れる必要があります。高松駅から高松空港までの所要時間はリムジンバス約40分、運賃は760円です。

羽田空港と成田空港ですが、都心方面に近いのは羽田空港です。ジェットスターは成田空港発着なので、東京都心まで移動する場合、羽田空港発着より時間がかかるという点に注意が必要です。

東京⇔成田空港の移動手段についてさらに詳しくは、以下の記事をご覧ください。

 東京⇔成田空港の移動手段(アクセス)まとめ

航空券の予約

航空券の最安値を絞り込むなら、DeNAトラベルが便利です。ジェットスターなどのLCCも含めた各航空会社の航空券を、一括して検索・予約できます。

飛行機で東京⇔高松を往復し、かつ宿泊の予定がある場合は、航空券とホテルがセットになったパッケージツアーを利用するという選択肢もあります。

これらのパッケージツアーは『ダイナミックパッケージ』とも呼ばれており、自分の希望に合わせて日程を選択したり、レンタカーなどのオプションをつけることができます。

条件にもよりますが、ダイナミックパッケージを利用することにより、個別に航空券とホテルを手配するのに比べて、全体の費用が安くなるケースが多いです。

ANA
航空券+宿泊「旅作」国内ダイナミックパッケージ

JAL
【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージ

ジェットスター
ダイナミックパッケージ(航空券+宿泊)

スポンサーリンク

まとめ

東京⇔高松間の移動手段を表にまとめると、以下のようになります。

東京⇔高松間の移動手段
交通機関 費用(片道) 所要時間
高速バス 5,800〜13,400円 約10時間
鉄道(在来線) 11,310円 約13時間〜
鉄道(サンライズ瀬戸) 15,070〜28,280円 約9時間30〜40分
鉄道(新幹線・マリンライナー) 17,130〜25,110円 約4時間30分〜
飛行機 4,990〜42,990円 約1時間10〜20分

スピードを重視するなら、飛行機、または新幹線・マリンライナーです。飛行機の所要時間が一番短いですが、いわゆる「定時性」は鉄道のほうが優れています。

リーズナブルに移動するなら高速バスです。ただ東京⇔高松間は長距離区間になるので、ある程度体力のある方向けの移動手段です。

JRの在来線での移動は時間的がかかりすぎるので、あまり現実的ではありません。ただ時期によっては、青春18きっぷなどのフリーきっぷを活用することで、格安で移動することも可能です。

サンライズ瀬戸は、日本でも貴重になった定期運行している寝台列車です。時間がかかり費用も決して安くないですが、宿泊費用がかからないというメリットがあります。

この記事の内容については、動向に応じて随時更新していく予定です。


スポンサーリンク

タグ

四国東京関東地方香川高松

関連するコンテンツ