特急『成田エクスプレス』割引&乗車ガイド【2019年度版】

特急『成田エクスプレス』

特急『成田エクスプレス』

特急『成田エクスプレス』の基本データや、おトクな割引きっぷなど、乗車前に役立つ情報をまとめました。

特急『成田エクスプレス』の基本データ

特急『成田エクスプレス』路線図

特急『成田エクスプレス』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は一部の停車駅のみ表示)

成田エクスプレス(N’EX)は首都圏の各駅と成田空港を結ぶ全車指定席の特急列車です。

京成電鉄のスカイライナーと並び、成田空港への高速な移動手段です。また朝夕には、一部区間で通勤・通学用の列車として利用されるという、もう一つの側面も持ち合わせています。

特急『成田エクスプレス』に、車内販売はありません。

 成田エクスプレス 公式ページ(JR東日本)

特急『成田エクスプレス』と競合する交通手段

特急『成田エクスプレス』と競合する交通手段は、主に以下のようなものがあります。

他にも、JRや京成電鉄の普通列車・快速列車を乗り継いで行く方法などがあります。

リムジンバス高速バスは特急列車と比べるとリーズナブルですが、渋滞などで遅延が発生する可能性は、特急列車より高くなります。

東京都心〜成田空港の移動手段全般については、以下の記事をご覧ください。

 東京都心〜成田空港の移動手段まとめ

スポンサーリンク

特急『成田エクスプレス』の運賃・料金

次に、特急『成田エクスプレス』の運賃・料金(主な区間のみ)について確認しておきます。大人1名が通常期に乗車するという条件です。

普通車指定席の場合、繁忙期は通常期に200円プラス閑散期は通常期から200円マイナスです。繁忙期・通常期・閑散期のカレンダーはこちらです。

※2019年10月1日に、消費税率の引き上げ(8%→10%)が予定されています。以下の運賃・料金は、消費税率引き上げ前の運賃・料金です。10月1日以降、新しい運賃・料金に随時修正します。
特急『成田エクスプレス』の運賃・料金(主な区間のみ)
区間 普通車指定席 グリーン車
東京〜成田空港 3,020円 4,560円
新宿〜成田空港 3,190円 4,730円
品川〜成田空港 3,190円 4,730円
大宮〜成田空港 3,840円 5,380円
横浜〜成田空港 4,290円 5,830円
八王子〜成田空港 4,620円 6,160円

特急『成田エクスプレス』の割引きっぷ

特急『成田エクスプレス』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。

  • N’EX往復きっぷ
  • 房総料金回数券(指定席用)
  • えきねっとチケットレスサービス

それぞれの内容について、以下で見ていきましょう。

N’EX往復きっぷ

N’EX往復きっぷは、JR東日本が販売している『成田エクスプレス』の往復きっぷです。成田エクスプレスに往復で乗車できます。普通車用グリーン車用があります。有効期間は14日間です。

N’EX往復きっぷには注意点が2つあります。1つは発売場所です。みどりの窓口では基本的には発売しておらず、指定席券売機旅行会社などで購入する必要があります。

もう1つの注意点は発売期間です。1ヶ月前から前日までの発売で、乗車日当日には購入できないので注意が必要です。

N’EX往復きっぷの価格(大人)
出発地 普通車用 グリーン車用
東京(都区内) 4,940円 6,480円
横浜(市内) 6,170円 7,710円
武蔵小杉 5,140円 6,690円
高尾 6,170円 7,710円
大宮 5,140円 6,690円
大船~逗子 6,380円 7,920円
横須賀 6,690円 8,230円

N’EX往復きっぷについてさらに詳しくは、以下の記事もご覧ください。
 『N’EX往復きっぷ』で首都圏〜成田空港をおトクに往復

房総料金回数券(指定席用)

房総料金回数券(指定席用)は、JR東日本が発売している料金回数券です。

千葉方面の特急列車に使える特急券が、4枚セットになっています。特急券のみなので、乗車券は別に購入する必要があります。有効期間は1ヶ月です。

この房総料金回数券で『成田エクスプレス』に乗車するには、いくつか条件があるので注意が必要です。

まず、房総料金回数券で乗車できるのは千葉駅、四街道駅、成田駅のいずれかの駅に停車する成田エクスプレス限定です。千葉駅、四街道駅、成田駅に停車する成田エクスプレスは、主に朝夕の通勤時間帯に運転されています。

そして、房総料金回数券では成田〜成田空港間には乗車できないので注意が必要です。乗車できるのは成田駅までです。

房総料金回数券(指定席用)の価格(主な区間)
出発地 価格 1枚あたり
東京・品川・新宿・池袋〜蘇我・四街道 2,800円 700円
東京・品川・新宿・池袋〜上総湊・大原・八日市場・成田 3,720円 930円

成田エクスプレスの東京〜成田間の特急料金は1,700円なので、房総料金回数券を使うと770円割引(通常期の場合)になります。上で挙げたように使用にいくつか条件がありますが、割引率が高いきっぷです。

えきねっとチケットレスサービス

えきねっとチケットレスサービスは、JR東日本の予約サイト『えきねっと』で購入できる割引きっぷです。

『えきねっと』でスマートフォン・携帯電話からチケットレスサービスを利用すると、紙のきっぷを受け取ることなく成田エクスプレスに乗車できます。そして、成田エクスプレスの指定席特急料金が200円割引になります。

えきねっとはこちら↓

スポンサーリンク

価格を比較

上で紹介した割引きっぷと、所定の運賃・料金を比較してみます。大人1名が、首都圏の各駅〜成田空港駅間を、成田エクスプレスの普通車指定席で往復するという条件です。

区間 N’EX往復きっぷ チケットレスサービス 所定の運賃・料金
東京〜成田空港 4,940円 5,640円 6,040円
大宮〜成田空港 5,140円 7,280円 7,680円
横浜〜成田空港 6,170円 8,180円 8,580円
八王子〜成田空港 4,800円 8,840円 9,240円

往復なら『N’EX往復きっぷ』が一番安いです。片道なら、割引率はあまり高くありませんが『えきねっとチケットレスサービス』が使えます。上の表には挙げていませんが、東京〜千葉や東京〜成田などの区間に乗車するなら、房総料金回数券も安いです。

特急『成田エクスプレス』の予約

特急『成田エクスプレス』の指定席券は、以下の手段で予約・購入できます。

  • JRの主な駅にある『みどりの窓口
  • 主な旅行会社の窓口
  • JR東日本の駅にある指定席券売機
  • インターネット予約サイト(えきねっと)

えきねっと』では、シートマップ空席状況を確認しながら、希望の座席を選択することができます。

『えきねっと』を利用する際の注意点は、きっぷの受け取り場所です。JR東日本、またはJR北海道の駅で、紙のきっぷを受け取る必要があります。また、きっぷ購入時の決済にクレジットカードが必要です。

きっぷの買い方全般については、以下の記事をご覧ください。

 新幹線(特急列車)きっぷの買い方ガイド

スポンサーリンク

タグ

JR東日本千葉埼玉成田空港東京横浜神奈川関東地方

関連するコンテンツ