特急くろしお(京都・新大阪~和歌山・新宮)の割引まとめ【2015年度版】

特急くろしお

特急『くろしお』

特急『くろしお』の基本データ

特急『くろしお』は、京阪神地区と和歌山県の南紀地方を結ぶJR西日本の特急列車です。

この区間(京阪神地区〜南紀地方)には直通の高速バスが走っていないので、特急『くろしお』が最もポピュラーな移動手段です。京都〜新宮間の所要時間は約4時間30分と、日本の特急列車の中でも長距離列車の部類に入ります。

なお以前は特急『スーパーくろしお』号、または特急『オーシャンアロー』号という名前で運転されていましたが、2012年3月から特急『くろしお』に統合されています。

特急『くろしお』の停車駅

京都駅新大阪駅・西九条駅・天王寺駅・和泉府中駅・日根野駅・和泉砂川駅・和歌山駅海南駅・箕島駅・藤並駅・湯浅駅・御坊駅・南部駅・紀伊田辺駅白浜駅・椿駅・周参見駅串本駅古座駅太地駅紀伊勝浦駅新宮駅

太字以外の駅には一部の列車のみ停車します。なお京都駅発着の列車は数が限られているので注意が必要です。

特急『くろしお』の運賃・料金(2014年4月1日〜)

特急『くろしお』の運賃・料金(新大阪駅発着の主な区間のみ)は以下のようになっています。大人1名が通常期に片道区間に乗車する場合の運賃・料金です。なお普通車指定席に乗車する場合、繁忙期は520円プラス、閑散期は520円マイナスです。

特急『くろしお』の運賃・料金(新大阪駅発着)
区間 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車
新大阪〜和歌山 2,210円 2,730円 3,490円
新大阪〜御坊 3,670円 4,190円 4,190円
新大阪〜紀伊田辺 4,750円 5,270円 7,500円
新大阪〜新宮 6,690円 7,210円 10,800円

特急『くろしお』の割引

特急『くろしお』の割引には、以下のようなものがあります。

  • くろしお指定席往復きっぷ
  • eきっぷ・e早特
  • きのくに指定席特急回数券
  • JR西日本の株主優待割引券
  • ジパング倶楽部(シニア限定)
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの内容について、以下で見て行きましょう。

くろしお指定席往復きっぷ

くろしお指定席往復きっぷは、JR西日本が発売している往復割引きっぷです。特急『くろしお』の普通車指定席を利用できます。2名以上での利用が必須なので、1名だけでは利用できません。また、乗車日前日までの発売なので注意が必要です。乗車日当日には購入できません。

こども用は一律2,000円です。以下は主な区間の価格(大人)です。くろしお指定席往復きっぷは、2名以上での旅行や家族旅行に向いているきっぷです。

くろしお指定席往復きっぷの価格(大人)
区間 くろしお指定席往復きっぷ 所定の運賃・料金(往復)
新大阪〜和歌山 4,320円  5,460円
新大阪〜御坊 6,690円 8,380円
新大阪〜紀伊田辺 7,820円 10,540円
新大阪〜新宮 10,080円 14,420円

eきっぷ・e早特

eきっぷe早特は、JR西日本が発行元のクレジットカード『J-WESTカード』の会員向けに発売している割引特急券です。eきっぷとe早特を購入するには『J-WESTカード』への入会が必要です。

『eきっぷ』と『e早特』の違いは、予約期限の違いです。eきっぷは乗車日当日でも購入が可能ですが、e早特は乗車日の3日前までの購入が必要です。なお特急『くろしお』の場合、『e早特』はグリーン車のみの設定です。

以下は普通車指定席用の価格(主な区間のみ)です。eきっぷは厳密に言うと特急券のみを指しますが、以下では運賃も含めた総額で表示しています。

eきっぷの価格(普通車指定席)
区間 eきっぷ 所定の運賃・料金
新大阪〜和歌山 2,150円 2,730円
新大阪〜御坊 3,450円 4,190円
新大阪〜紀伊田辺 4,250円 5,270円
新大阪〜新宮 6,040円 7,210円

きのくに指定席特急回数券

きのくに指定席特急回数券は、JR西日本が発売している回数券です。特急『くろしお』の指定席特急券が4枚つづりになっています。

有効期限は1ヶ月間なので、1ヶ月以内に使い切る必要があります。なおゴールデンウィークやお盆、年末年始などは利用できないので注意が必要です。

きのくに指定席特急回数券(大人)の価格
区間 きのくに指定席特急回数券 1枚あたり
新大阪〜和歌山 8,640円  2,160円
新大阪〜御坊 14,000円  3,500円
新大阪〜紀伊田辺  17,280円  4,320円
新大阪〜新宮 24,280円  6,070円

JR西日本の株主優待割引券

JR西日本が株主向けに発行している株主優待割引券(鉄道優待割引券)を利用する方法です。きっぷの購入時に株主優待割引券1枚を提示すると、運賃・料金がそれぞれ50%割引になります。

株主優待割引券を入手するには、JR西日本の株主になる、または金券ショップやネットオークションなどで入手する方法があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

JR西日本の株主優待(鉄道優待割引券)の使い方

株主優待割引券を金券ショップやネットオークションで入手する際の入手コストは、だいたい4,000〜4,500円前後が相場になっているようです。入手コストを考えると、短距離区間より、新大阪駅〜新宮駅間のような長距離区間で使用するほうがお得です。

ジパング倶楽部(シニア限定)

ジパング倶楽部は、JRがシニア世代向けに運営している会員制サービスです。男性65歳以上、女性60歳以上の方が入会できます。年会費は3,770円です。

会員になると、JRの列車に2〜3割引(片道・往復・連続いずれかで営業キロが201キロ以上の場合)で乗車できます。例えば新大阪〜新宮の場合は営業キロが276.8kmなので、片道だけでも割引が適用されます。営業キロはこちらで確認できます。

学生割引(学生限定)

学生割引は、JRが中学・高校・大学などの学生向けに提供している割引制度です。乗車する区間の営業キロが101キロを超えている場合、運賃が2割引になります。営業キロはこちらで確認できます。

特急『くろしお』の場合、京都〜和歌山(115.1km)や、新大阪〜御坊(130.7km)などは営業キロが101キロ以上なので割引の対象になります。新大阪〜和歌山(76.1km)は営業キロが101キロ未満なので、割引の対象にはなりません。

運賃・料金を比較

最後に、上で紹介した方法を比較してみましょう。大人1名が、通常期に特急『くろしお』の普通車指定席に乗車するという条件です。区間は新大阪〜新宮(片道)です。往復きっぷや回数券は、1枚あたりの価格に直して計算しています。

新大阪〜新宮(大人・通常期・普通車指定席)
区間 費用 割引率
株主優待割引券 3,600円 50.1%
くろしお指定席往復きっぷ 5,040円 30.1%
eきっぷ 6,040円 16.2%
きのくに指定席特急回数券 6,070円 15.8%
学生割引 6,260円 13.2%
所定の運賃・料金 7,210円

株主優待割引券は一番安いですが、金券ショップやネットオークションで入手する場合はコストに注意する必要があります。入手コストを含めると、他のきっぷのほうが安くなる可能性があります。

次に安いのは『くろしお指定席往復きっぷ』です。この『くろしお指定席往復きっぷ』は、2名以上での使用など条件がいくつかついているのが難点です。

きのくに指定席特急回数券やeきっぷは、上の二つのきっぷよりは条件が緩いです。それぞれのきっぷにいろいろな条件があるので、購入を検討する際には注意する必要があります。

 

また、上では紹介しませんでしたが、通勤・通学向けの割引きっぷも発売されています。いずれも定期券などと組み合わせることを前提とした短距離区間向けのきっぷです。


スポンサーリンク

タグ

JR西日本京都和歌山大阪新宮近畿地方

関連するコンテンツ