特急ハウステンボス(博多〜ハウステンボス)の割引まとめ【2016年度版】

特急ハウステンボス

特急ハウステンボス

特急『ハウステンボス』(博多〜ハウステンボス)の基本データやおトクな割引きっぷなど、乗車前に役立つ情報をまとめました。

特急『ハウステンボス』の基本データ

特急ハウステンボス路線図

特急ハウステンボス路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は、主な停車駅のみ表示)

特急『ハウステンボス』は、博多駅〜ハウステンボス駅間を約1時間50分で結ぶJR九州の特急列車です。

福岡方面から長崎県佐世保市のテーマパーク『ハウステンボス』へと直通するアクセス手段として、便利な特急列車です。

福岡県〜長崎県を走る特急列車には、他に特急『かもめ』(博多〜長崎)、特急『みどり』(博多〜佐世保)があります。特急『ハウステンボス』と特急『みどり』は博多駅〜早岐駅間を併結して運行し、早岐駅で切り離しされます。

特急『ハウステンボス』と競合する交通機関として、西鉄が運行する高速バス(福岡・福岡空港〜ハウステンボス線)があります。福岡(天神)〜ハウステンボス間の所要時間は1時間56分、運賃(大人・片道)は2,260円です。

高速バスの所要時間は特急『ハウステンボス』とほとんど差がなく、運賃は高速バスのほうが安いです。ただ、高速バスは渋滞などの影響で、予定到着時刻に間に合わないことが可能性としてあります。

使用車両

783系電車

車両編成

4両編成(博多〜早岐間は特急『みどり』が併結)

停車駅

博多駅・二日市駅・鳥栖駅新鳥栖駅・吉野ヶ里公園駅・佐賀駅肥前山口駅武雄温泉駅有田駅早岐駅ハウステンボス駅

全列車が停止する駅については太字で示しました。太字でない駅には一部の列車しか停車しません。

特急『ハウステンボス』の運賃・料金(主な区間)

次に、特急『ハウステンボス』の運賃・料金(主な区間)について確認しておきます。

大人1名が通常期に乗車するという条件です。普通車指定席の場合、繁忙期は通常期に200円プラス閑散期は通常期から200円マイナスです。

特急『ハウステンボス』の運賃・料金(主な区間のみ)
区間 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車
博多〜鳥栖 1,180円 1,700円 2,210円
博多〜佐賀 1,930円 2,450円 2,960円
佐賀〜ハウステンボス 1,930円 2,450円 2,960円
鳥栖〜ハウステンボス 2,580円 3,100円 3,610円
博多〜ハウステンボス 3,360円 3,880円 4,930円

スポンサーリンク

特急『ハウステンボス』の割引きっぷ

以下では、特急ハウステンボスの割引きっぷをいくつか紹介します。

  • ハウステンボスアクセスきっぷ
  • 2枚きっぷ
  • eきっぷ
  • JR九州ジパング倶楽部(シニア限定)
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの方法について以下で見ていきましょう。

ハウステンボスアクセスきっぷ

ハウステンボスアクセスきっぷは、JR九州が販売している往復きっぷです。熊本、宮崎、鹿児島、大分など九州各地からハウステンボス駅までの往復(特急列車利用)が割引になっています。博多駅発の設定はないので、博多駅から出発する場合は2枚きっぷを利用します。

ハウステンボスアクセスきっぷの価格
出発駅 価格(大人)
長崎 2,470円
佐賀 3,390円
北九州市内 7,710円
大分 10,180円
熊本 10,590円
鹿児島中央 21,600円

2枚きっぷ(指定席用)

2枚きっぷ(指定席用)はJR九州が販売している2枚つづりの回数券です。乗車券と特急券(指定席)がセットになっています。 価格は福岡市内発(指定席用)で5,040円です。

eきっぷ

eきっぷは、クレジットカード会員専用の割引特急券です。JR九州が発行元のクレジットカード「JQカード」、またはJR西日本が発行元の「J-WESTカード」の会員が利用できます。

JR九州ジパング倶楽部(シニア限定)

JR九州ジパング倶楽部は、JR九州のシニア向け会員制サービスです。男性が満65歳以上女性満60歳以上の方が入会できます。

JR九州ジパング倶楽部の特典の一つが割引で、JR九州エリア内の片道または往復201キロ以上を旅行する場合に、運賃・料金が3割引になります。

博多駅〜ハウステンボス駅は営業キロが112.8kmなので、往復の場合に割引が適用されます。

学生割引(学生限定)

学生割引は、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の生徒が利用できる割引です。営業キロ(片道)が101キロ以上の場合、運賃が20%割引になります。

博多駅〜ハウステンボス駅間の場合、営業キロが112.8kmなので学生割引で乗車できます。もっと短い区間、例えば鳥栖〜ハウステンボスの場合は営業キロが84.2kmなので学生割引では乗車できません。

運賃・料金を比較

各きっぷの運賃・料金を比較してみます。大人1名が通常期に博多駅〜ハウステンボス駅を特急ハウステンボスの普通車指定席で移動する場合の運賃・料金(2枚きっぷの場合は1枚あたり)です。

なお、ハウステンボスアクセスきっぷに関しては、博多発の設定がないので除外しています。

博多〜ハウステンボス(往復)
きっぷの種類 運賃・料金(往復)
2枚きっぷ(指定席) 5,040円
eきっぷ 6,720円
通常の運賃・料金(普通車指定席) 7,740円

スポンサーリンク

タグ

JR九州ハウステンボス九州佐世保博多福岡長崎鳥栖

関連するコンテンツ