特急ラピート(なんば〜関西空港)の割引まとめ【2015年度版】

特急ラピート

特急ラピート

特急『ラピート』の基本データ

特急『ラピート』は、なんば駅〜関西空港駅を結ぶ南海電鉄の特急列車です。関西空港への接続列車として、JRの特急列車『はるか』と並び立つ存在です。『ラピート』のメリットは運賃の安さと所要時間の短さで、特急『はるか』は停車駅の多さがメリットです。

『ラピート』には速達タイプの『ラピートα』と、停車駅の多い『ラピートβ』がありますが、運賃は同じです。

なお『ラピート』は全車指定席です。座席の種別には『レギュラーシート』と『スーパーシート』があり、『レギュラーシート』はJRの普通車、『スーパーシート』はJRのグリーン車に相当します。

停車駅

難波駅・新今宮駅・天下茶屋駅・堺駅・岸和田駅・泉佐野駅・りんくうタウン駅・関西空港駅

なおラピートαは堺駅と岸和田駅には停車しません。

特急『ラピート』の運賃・特急料金(2014年4月1日〜)

特急『ラピート』に乗車するには、運賃に加えて特急料金が必要です。以下は主な区間の運賃・特急料金(大人)です。運賃と特急料金を合わせた金額です。

特急『ラピート』の運賃・特急料金
区間 レギュラーシート スーパーシート
泉佐野駅〜関西空港駅 590円 1,210円
岸和田駅〜関西空港駅 1,120円 1,330円
堺駅〜関西空港駅 1,330円 1,540円
なんば駅〜関西空港駅 1,430円 1,640円

特急『ラピート』の割引

特急『ラピート』の割引には、以下のようなものがあります。

  1. 『関空トク割 ラピートきっぷ』
  2. 『大阪出張きっぷ』
  3. 各種回数券
  4. LCC利用者限定きっぷ

それぞれの内容について、以下で見て行きましょう。

1. 『関空トク割 ラピートきっぷ』

関空トク割 ラピートきっぷは、特急『ラピート』の割引片道きっぷです。対象区間は、なんば・新今宮・天下茶屋・住吉大社・堺駅 ~ 関西空港駅です。

関空トク割 ラピートきっぷは、なんば駅・新今宮駅・天下茶屋駅・住吉大社駅・堺駅・関西空港駅で購入できます。

なんば〜関西空港駅の場合、通常のきっぷより300円程度割引になります。特に使用条件もなく、使い勝手のいいきっぷなので、最初に確実に抑えておきたいきっぷの一つです。

『関空トク割 ラピートきっぷ』の価格(大人)

【レギュラーシート】1,130円
【スーパーシート】1,340円

2. 『大阪出張きっぷ』

大阪出張きっぷは、特急『ラピート』の乗車券と大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線1日フリー乗車券がセットになったタイプのきっぷです。

方向は関西空港駅→なんば駅のみで、なんば駅発の設定はないので注意が必要です。座席はレギュラーシートを利用できます。

目的地が大阪市営地下鉄やニュートラムの駅の場合に便利なきっぷです。ちなみに上で紹介した『関空トク割 ラピートきっぷ』との差額は370円(レギュラーシートの場合)です。

地下鉄やバスなどで370円分以上乗車する予定がなければ、『関空トク割 ラピートきっぷ』を購入したほうがお得です。

『大阪出張きっぷ』の価格

1,500円(こども用の設定はありません)

『大阪出張きっぷ』と同タイプのきっぷ

なお『大阪出張きっぷ』と似たタイプのきっぷとして、『京都アクセスきっぷ』『神戸アクセスきっぷ』『奈良アクセスきっぷ』などのきっぷも発売されています。

いずれのきっぷも南海電鉄と他の鉄道の乗車券がセットになっているので、関西空港から近畿地方各地へのアクセスに便利です。なお『大阪出張きっぷ』と違い特急券はついていないので、特急『ラピート』に乗車するには特急券を別に購入する必要があります。『京都アクセスきっぷ』の場合は、プラス300円で特急『ラピート』に乗車できます。

3. 各種回数券

南海電鉄が発売している各種回数券を利用する方法です。普通回数券・オフピークチケット・サンキューチケットは乗車券タイプ、DAY5特急回数券は特急券タイプの回数券です。

特急『ラピート』で回数券を利用する場合、乗車券タイプと特急券タイプの両方を同時に利用することも可能ですし、どちらか一方を利用することも可能です。

回数券の一覧
回数券の種類 回数(価格) 有効期間 備考
普通回数券 11回(10回分) 3ヶ月
オフピークチケット 12回(10回分) 3ヶ月 平日昼間と土日祝日限定
サンキューチケット 14回(10回分) 3ヶ月 土日祝日限定
DAY5特急回数券 4回(2,050円 購入1か月後の月末 時間帯限定

オフピークチケット、サンキューチケット、DAY5特急回数券はそれぞれ時間帯や曜日によって利用制限があります。一番安くなる組み合わせは、土日祝日にサンキューチケットとDAY5特急回数券を組み合わせて利用する方法です。なんば〜関西空港(大人・レギュラーシート)の場合は合計すると1,067円で、通常のきっぷより363円安くなります。

回数券という性質上、有効期間内に使い切る予定がなければ購入するべきではありません。ただグループで利用するなど、工夫によってお得な使い方も可能です。

多くのケースで『関空トク割 ラピートきっぷ』を利用するほうが安いですが、回数券は関空トク割 ラピートきっぷの設定区間以外(岸和田〜関西空港など)でも利用できるのがメリットです。

4. LCC利用者限定きっぷ

LCC(格安航空会社)が利用者限定で発売しているきっぷを利用する方法です。ピーチ・アビエーションとジェットスターが特急『ラピート』の割引きっぷを発売しています。

LCC利用者限定ということで使えるシチュエーションは限られますが、価格はいずれのきっぷも『関空トク割 ラピートきっぷ』より安いです。LCCを利用するなら抑えておきたいきっぷです。

Peach・なんばきっぷ

Peach・なんばきっぷは、ピーチ・アビエーションが関西空港行きの機内限定で発売している特急『ラピート』の割引きっぷです。価格は1,030円で、通常のきっぷより400円割引です。機内での購入時に受け取ったレシートを、関西空港の南海電鉄カウンターで引き換えます。

ジェットスター・ナンカイきっぷ

ジェットスター・ナンカイきっぷは、ジェットスターが発売している特急『ラピート』の割引きっぷです。Peach・なんばきっぷとは違い、機内での発売ではなく、航空券の予約時または予約後に購入します。価格は1,030円で、通常のきっぷより400円割引です。


スポンサーリンク

タグ

南海電鉄大阪近畿地方関西空港

関連するコンテンツ