特急スーパーとかち(札幌〜帯広)の割引まとめ【2016年度版】

台風10号の影響でJR根室線の一部区間が不通となっているため、特急『スーパーとかち』は2016年9月現在、運休しています。最新の運行情報については、JR北海道の公式サイトをご覧ください。(2016年9月6日追記)
特急スーパーとかち

特急『スーパーとかち』

特急『スーパーとかち』の基本データ

特急『スーパーとかち』は、札幌駅〜帯広駅の間を約2時間40分で結ぶJR北海道の特急列車です。

同じく道東方面を結ぶ特急列車『スーパーおおぞら』が釧路駅まで走るのに対して、『スーパーとかち』は帯広駅止まりです。そして、『スーパーとかち』は『スーパーおおぞら』より停車駅がやや多いのが特徴です。

特急『スーパーおおぞら』(札幌〜釧路)の割引については、当記事では扱いません。以下の記事をご覧ください。

 特急スーパーおおぞら(札幌〜釧路)の割引まとめ

停車駅

札幌駅・新札幌駅・南千歳駅・追分駅・新夕張駅・占冠駅・トマム駅・新得駅・十勝清水駅・芽室駅・帯広駅

特急『スーパーとかち』の運賃・料金(2014年4月1日〜)

次に、特急『スーパーとかち』の運賃・料金(主な区間のみ)について確認します。大人1名が通常期に乗車するという条件です。

特急『スーパーとかち』の運賃・料金(大人・通常期)
区間 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車
札幌〜新夕張 2,770円 3,290円 4,050円
札幌〜トマム 4,610円 5,130円 7,360円
札幌〜新得 5,400円 5,920円 8,150円
札幌〜十勝清水 5,830円 6,350円 8,580円
札幌〜芽室 6,370円 6,890円 10,480円
札幌〜帯広 6,700円 7,220円 10,810円

スポンサーリンク

特急『スーパーとかち』の割引

特急『スーパーとかち』の割引(安く乗る方法)には、以下のようなものがあります。

  • 『乗車券往復割引きっぷ』
  • 『北海道ネットきっぷ』
  • 悠遊旅倶楽部(シニア限定)
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの方法について、以下で見て行きましょう。

『乗車券往復割引きっぷ』

乗車券往復割引きっぷ』は、JR北海道が発売している乗車券タイプの往復割引きっぷです。2016年2月26日から新しく発売されたきっぷです。

乗車券タイプのきっぷとは、運賃のみのきっぷのことです。運賃のみで特急料金は含まないので、『スーパーとかち』などの特急列車に乗車するには、別に特急券を購入する必要があります。

『乗車券往復割引きっぷ』の有効期間は6日間です。6日以内に往復する必要があります。

『乗車券往復割引きっぷ』の価格(札幌⇔帯広)は7,150円(大人)です。通常の乗車券(往復)の価格が8,640円なので、1,490円安くなる計算です。

『北海道ネットきっぷ』

北海道ネットきっぷ』は、『JR北海道予約サービス』限定で購入できる特急券タイプの片道きっぷです。こちらも2016年2月26日から新たに発売されています。

『北海道ネットきっぷ』は特急券タイプのきっぷなので、乗車券は別に購入する必要があります。また、『北海道ネットきっぷ』は乗車日前日の23時までに購入する必要があります。

『北海道ネットきっぷ』は利用日・列車・席数・区間限定です。区間は札幌⇔帯広に設定されています。『スーパーとかち』の普通車指定席に乗車できます。

『北海道ネットきっぷ』の価格は1,590円(大人)です。通常の指定席特急券の価格が2,900円なので、1,310円安くなる計算です。

きっぷを組み合わせて利用する

上で紹介した、『乗車券往復割引きっぷ』と『北海道ネットきっぷ』を組み合わせて利用することも可能です。むしろ組み合わせて利用する使い方のほうが多いかもしれません。

それぞれのきっぷの組み合わせについて、運賃・料金を比較してみましょう。大人1名が札幌〜帯広を通常期に普通車指定席で往復する場合の比較です。

『スーパーとかち』(札幌〜帯広間)のきっぷ比較
乗車券 特急券 運賃・料金
乗車券往復割引きっぷ 北海道ネットきっぷ 10,330円
通常の乗車券 北海道ネットきっぷ 11,820円
乗車券往復割引きっぷ 通常の特急券 12,950円
通常の乗車券 通常の特急券 14,440円

いちばん安いのは、『乗車券往復割引きっぷ』と『北海道ネットきっぷ』を組み合わせる方法です。ただ、この方法は往復の場合にしか使えないので、片道だけ乗車する場合は、通常の乗車券と『北海道ネットきっぷ』を組み合わせる方法が一番安いです。

悠遊旅倶楽部(シニア限定)

悠遊旅倶楽部は、JR北海道が運営しているシニア向けの会員制サービスです。悠遊旅倶楽部の入会資格は女性が満50歳以上、男性が満60歳以上です。

JR北海道線を片道・往復・連続で201キロ以上を旅行する場合に、運賃・料金などが30%割引になります。年会費は1,540円です。

なおこの悠遊旅倶楽部ですが、2016年3月31日で新規の申込と更新が停止しています。また、2017年3月31日でのサービス終了が決定しています。

学生割引(学生限定)

中学・高校・大学・専門学校などの学生向けの割引である学生割引を利用する方法です。片道の営業キロが101キロ以上の場合、運賃が2割引になります。

特急『スーパーとかち』で札幌駅から出発する場合を例に挙げると、占冠駅(札幌〜占冠間の営業キロは121.3km)より先まで乗車すれば、学生割引が適用になります。乗車する区間の営業キロについては、こちらで確認できます。

発売終了になったきっぷ

最後に、発売終了になったきっぷをまとめておきます。2016年3月の北海道新幹線開業により、札幌〜帯広間を対象とした一部のきっぷが発売終了になりました。

2016年3月で発売終了になったきっぷ(札幌〜帯広間)は以下の通りです。

  • 指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)
  • 得割きっぷ
  • グリーン往復割引きっぷ

なお指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)については、一部区間では引き続き発売されます。


スポンサーリンク

タグ

JR北海道北海道帯広札幌

関連するコンテンツ