快速みえ(名古屋〜鳥羽)の割引まとめ

快速みえ

快速みえ

記事の内容を2014年度(消費税5%→8%改定後)の情報に更新しました。(2014年5月27日追記)

快速『みえ』とは?

快速みえは名古屋と三重県の鳥羽を結ぶ快速列車です。この快速みえは一部区間が伊勢鉄道の区間(河原田〜津)を通るのが特徴で、伊勢神宮や伊勢・志摩方面の観光・移動に便利な快速列車です。指定席と自由席があり、指定席に乗車するには座席指定券が必要です。

特急『みえ』の運賃・料金(2014年4月1日〜)

次に、快速『みえ』の所定の運賃・料金(主な区間のみ)を確認しておきます。指定席券は通常期が520円、閑散期が320円です。閑散期は1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の期間の月~木曜(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除く)で、通常期はそれ以外の期間です。以下の表では通常期の料金を表示しています。

快速『みえ』の運賃・料金(大人・通常期)
区間 自由席 指定席
名古屋〜四日市 470円 990円
名古屋〜津 1,270円 1,790円
名古屋〜松阪 1,650円 2,170円
名古屋〜伊勢市 2,000円 2,520円
名古屋〜鳥羽 2,450円 2,970円

特急『みえ』の割引

快速『みえ』の割引には、以下のようなものがあります。

  1. 青空フリーパス
  2. 伊勢路フリーきっぷ
  3. 快速みえ得ダネ4回数券

それぞれの内容について、以下で見て行きましょう。

1. 青空フリーパス

青空フリーパスはJR東海が発売しているフリーきっぷです。土日祝日や年末年始の1日間、フリー区間の普通列車・快速列車の普通車自由席が乗り降り自由です。快速『みえ』の指定席に乗車するには、別に指定席券が必要です。

青空フリーパスは伊勢鉄道の区間もフリー区間に含むので、伊勢鉄道区間の運賃を別に支払う必要がないのが青空フリーパスのメリットです。

【青空フリーパスの価格】

  • 2,570円(大人)

青空フリーパスの価格が2,570円なので、往復で元が取れるラインは片道運賃が1,290円以上の区間になります。名古屋〜津の往復では元が取れませんが、名古屋〜松阪の往復なら元が取れます。

2. 伊勢路フリーきっぷ

伊勢路フリーきっぷはJR東海が発売しているお得なきっぷです。快速『みえ』の普通車自由席の往復、普通・快速列車の普通車自由席が乗り降り自由となるフリー区間、そしてタクシー乗車券6,000円分がセットになっています。

このきっぷは1人用〜4人用があります。1人用だとお得感があまりないですが、人数が多くなるほどお得になっています。

【伊勢路フリーきっぷの価格(名古屋市内出発)】

  • 1人用:7,570円
  • 2人用:9,630円(1人あたり4,815円
  • 3人用:11,690円(1人あたり約3,897円
  • 4人用:13,750円(1人あたり約3,438円

上で挙げた名古屋市内出発にも、東海地方の各エリア発の設定があります。

3. 快速みえ得ダネ4回数券

快速みえ得ダネ4回数券は、快速「みえ」の普通車自由席を利用できる4枚つづりの回数券です。指定席も利用できますが、別に座席指定券が必要です。

有効期間は1ヶ月です。1ヶ月以内に4枚分を使い切る予定がなければ、購入するべきではありません。

【快速みえ得ダネ4回数券の価格(主な区間)】

  • 名古屋〜津:3,080円(1枚あたり770円
  • 名古屋〜伊勢市:4,920円(1枚あたり1,230円
  • 名古屋〜鳥羽:5,600円(1枚あたり1,400円

運賃・料金を比較

上で挙げた方法の料金を比較してみます。大人1名が快速みえの普通車「自由席」を利用して名古屋〜鳥羽を往復するという条件です。快速みえ得ダネ4回数券の場合は2枚分、伊勢路フリーきっぷの場合は1人用の場合です。

名古屋⇔鳥羽(自由席・往復)
きっぷの種類 運賃・料金(価格)
青空フリーパス 2,570円
快速みえ得ダネ4回数券 2,800円
所定の運賃・料金(指定席) 4,900円
伊勢路フリーきっぷ(1人用) 7,570円

土日祝日なら、青空フリーパスが一番お得です。快速みえ得ダネ回数券も同じぐらい安いです。伊勢路フリーきっぷの1人用は高いですが、グループ旅行なら有力な選択肢になります。


スポンサード リンク

関連記事

タグ

JR東海三重伊勢神宮名古屋四日市愛知東海地方鳥羽