青春18きっぷで夏の信州へ・その2(しなの鉄道・小海線)

2日目の移動地点(1⇒ 軽井沢・2⇒小諸・3⇒野辺山・4⇒小淵沢・5⇒八王子)

前回(青春18きっぷで夏の信州へ・その1)の続きです。

テレビで天気予報をチェックすると、当初心配していた天気も良くなるようで安堵しました。チェックアウトギリギリまで部屋でのんびりしていたので、出発が少し遅くなりました。2日目はまず、しなの電鉄小諸駅を目指します。

軽井沢駅構内

軽井沢駅構内

今回軽井沢は宿泊するだけだったので、少しもったいなかったかもしれません。次はぜひ軽井沢の観光スポットを周ってみたいと思います。

しなの鉄道改札

しなの鉄道改札

軽井沢駅でしなの電鉄に乗り込み、小諸駅を目指します。しなの鉄道の車両は、ローカル線と思えないほど綺麗でした。

しなの鉄道電車

しなの鉄道の電車(115系?)

しなの電鉄の区間は短かったですが、田園風景が見える車窓はなかなかです。

しなの鉄道信濃追分駅付近

信濃追分駅(しなの鉄道)付近

小諸駅

小諸駅

30分弱で小諸駅に到着です。小諸駅の駅前はあまり人がいなくて閑散としていました。駅前にはやたらタクシーが多く止まっています。長野新幹線が開通する前は賑わっていたそうですが、人口の少ない地方都市ならこれが普通?なのかもしれません。

小諸駅前

小諸駅前

お昼時だったので、何か食べることに。あまり時間もないので、小諸駅前の蕎麦屋さんで月見そば(340円)をさっと食べました。駅の改札で青春18きっぷの5日目にハンコを押してもらい、小海線の列車に乗り込みます。

小海線列車

小海線の列車

小海線の列車は2両編成で、横2+1列配置でした。春に乗った磐越東線と同じタイプの車両かな?車内は割と混んでいて賑やかでした。乗客の多くが観光客で、地元の人は少ない印象です。

途中の佐久平駅で人が乗って来ます。佐久平駅は長野新幹線の乗換駅です。新幹線への乗換駅と、秘境のような駅が混在している小海線は面白い路線です。

小海線馬流駅付近

馬流駅付近

小諸駅からしばらくは田園風景が続きます。

小海線小海駅付近

小海駅付近

小海駅を過ぎた辺りで、いよいよ本格的な山岳地帯に突入です。

小海線松原湖駅

松原湖駅に停車中

小海線は千曲川の源流に近いところを走っているので、車窓からは千曲川の渓流がところどころで見えます。

小海線海尻駅付近

千曲川(海尻駅付近)

小海線佐久広瀬駅付近

佐久広瀬駅付近

川のせせらぎの音が聞こえてきそう?です。あまり言葉は必要ないですね。

小海線佐久広瀬駅付近

佐久広瀬駅付近

小海線信濃川上駅

信濃川上駅付近

小海線の車窓は見ているだけで癒されます。ただ夏は少し混んでいるのがネックなので、もう少し空いているシーズンを狙っていくといいのかもしれません。高原列車の雰囲気を楽しむなら、小淵沢〜小海間を行くだけでもいいと思います。次の目的地、野辺山駅を目指します。(青春18きっぷで夏の信州へ・その3へ続く)


スポンサーリンク

タグ

小諸軽井沢長野

関連するコンテンツ