青春18きっぷで紀伊半島を一周する・その1(小田原〜名古屋〜和歌山)

通常の記事と平行して、たまに旅行記も掲載します。息抜きに軽い気持ちで読んでいただけたらうれしいです。

冬の青春18きっぷシーズンが到来です。年末の帰省のタイミングを利用して、どこかへ行けないだろうかとずっと考えていました。国内でもまだ行っていない場所と、やっていないことがたくさんあります。

冬なので少しでも暖かいところへ行きたい、ということで今回は以前からやってみたかった「紀伊半島一周」に決定です。以下のようなルートで、紀伊半島をぐるっと一周します。具体的には関西本線・阪和線・紀勢本線経由での移動になります。ではさっそく出発です!

(1⇒亀山駅・2⇒天王寺駅・3⇒和歌山駅・4⇒新宮駅・5⇒松阪駅)

小田原〜名古屋(1日目)

小田原駅

小田原駅

まず初日は名古屋を目指します。天気は快晴。名古屋までの移動は本編に含まれないので、さらっと書いていきます。まず小田急線で小田原駅に移動、そして小田原駅で青春18きっぷに1日目のハンコを押してもらいます。

年末ということもあって、東海道線の車内は基本的に混んでました。途中立っている区間もかなりありました。混んでなかったのは静岡〜島田ぐらいです。

静岡県内は延々とロングシートの区間が続きますが、何回か移動を重ねてだいぶん慣れてきた感じです。身体は疲れたけど、そんなには長く感じませんでした。ただ、冬は停車中にドアの外から入ってくる空気がとても冷たい!

根府川

何回見てもいい根府川の海

何回か乗り換えを繰り返し、1日目の宿泊地である名古屋に到着です。比較的余裕のある旅程を組んだので名古屋での宿泊になりましたが、もう少し距離を稼いで大阪あたりまで行っても良かったかなと思います。

ホテルシルクトゥリー外観

ホテル シルク・トゥリー名古屋

1日目は地下鉄東山線の伏見駅から徒歩5分の、ホテル シルク・トゥリー名古屋に宿泊です。標準的なビジネスホテルという感じで小奇麗なホテルでした。部屋は机がやや狭く感じました。昼からろくに食べていなかったので、名古屋駅で購入した弁当を食べて休息です。

ホテルシルクトゥリー室内

ホテル シルク・トゥリー名古屋の室内

名古屋〜亀山(2日目)

2日目の朝を迎えました。天気は曇りでかなり肌寒く、いつ雨が降ってもおかしくない感じです。2日目は和歌山を目指します。名古屋駅で関西本線の亀山行き普通列車に乗り込みます。

名古屋駅

亀山行き普通列車の乗車率はそこそこでした。この区間は田んぼや畑が多くて、のどかな風景です。外は冷たい雨がしんしんと降りはじめました。

亀山〜加茂(2日目)

そして今回の一周のスタート地点である亀山駅に到着です。さっそく加茂行きのワンマン列車に乗り込みます。人はまあまあ乗っていました。

普通列車加茂行き

加茂行き普通列車。カラーリングが独特

この関西本線の亀山〜加茂間は、かなり山深いところを通ります。名古屋と大阪という大都市を結ぶ区間でありながら、山奥の秘境のような場所を走るのがおもしろいです。秋に来れば紅葉が綺麗だったのでしょうか。

雨が降っていたこともあり、あまりいい写真が撮れなかったのですが、時間があればもっとじっくり立ち寄ってみたいところです。途中の島ヶ原という駅で人がかなり降りました。小さい駅なのですが、時期的に里帰りで降りる人が多かったのかもしれません。

大河原駅〜笠置駅

木津川の車窓風景。川の向こうの建物が気になる

加茂〜天王寺(2日目)

大和路快速

大和路快速

加茂駅で天王寺行きの「大和路快速」に乗り換えです。この大和路快速ですが、車両が新しくて綺麗なので驚きました。リクライニングやテーブルこそないですが、「準特急列車」と言ってもいい感じです。外から冷たい風が入ってくるワンマン列車からの乗り換えだったので、ここでホッと一息つくことができました。

大和路快速の車内

大和路快速の車内

最初はガラガラだったのです、奈良駅ぐらいから人が多くなってきました。大阪に入ると、車窓の風景もだんだん都会っぽくなってきます。

天王寺〜和歌山(2日目)

天王寺駅に到着です。久しぶりの大阪ですが、今回は乗り換えだけの滞在です。なんでもないことですが、エスカレーターの右側並びを見ると関西に来たんだなあという感じがします。

天王寺駅

天王寺駅

天王寺駅で「紀州路快速」に乗り込みます。大和路快速ほどではないですが、紀州路快速も割と快適な車両でした。車内は比較的混雑してました。

紀州路快速

紀州路快速

阪和線は比較的都会的な車窓風景なのかなと思っていたんですが、一部の区間で山の中を通ったのに驚きました。やはりイメージだけではなく、実際に乗ってみないとわからないことはあります。

ありがたいことにさっきまで降っていた雨も止み、窓から光が差してきました。そうして1時間ほどで和歌山駅に到着です。和歌山では一つ楽しみにしていたことがありました。(その2へ続く)


スポンサーリンク

タグ

名古屋和歌山小田原駅猫

関連するコンテンツ