青春18きっぷで紀伊半島を一周する・その2(和歌山電鐵とたま駅長)

青春18きっぷで紀伊半島を一周する・その1の続きです。

和歌山電鐵貴志川線(和歌山〜貴志)

今回和歌山に来た一つの目的が、和歌山電鐵の貴志駅にいる「たま駅長」に会うことです。以前の旅行記を読んでいただいた方はわかると思いますが、猫好きで駅猫に会うことも旅の楽しみの一つなのです。和歌山電鐵は何としても外せない目的の一つでした。

和歌山駅

和歌山駅

和歌山電鐵貴志川線には和歌山駅のホームから乗車します。和歌山駅の改札でふと足元を見ると、猫の足あとが目印になっていて、和歌山電鐵の乗り場までたどれるようになっていました。ちょっとしたことですが、テンションが上がるような工夫がされているのが嬉しいです。

きっぷ売り場で一日乗車券を購入、たま電車に乗り込みます。噂には聞いていましたが、たま電車は予想していた以上にたま一色でした!

たま電車正面

車体はもちろん、内装も細かいところまでたま駅長のイラストやグッズがいっぱいの徹底ぶりで、猫好きにはたまらない電車です。

たま電車横

また車内には子供向けに絵本の本棚が備えてあるなど、楽しい工夫が随所にされています。

たま電車車内

たま電車の車内

30分ほどで終点の貴志駅に到着です。この貴志駅にたま駅長が「勤務」しています。

貴志駅

貴志駅

貴志駅は数年前に改装したそうで、駅舎の建物は新しくて綺麗でした。たま駅長は壁のガラス張りスペースの向こうにいます。普段は寝ていることが多いたま駅長ですが、今回はラッキーなことに起きてました。

最初あまりに動かないので置物?と思ってしまったのですが、正真正銘のたま駅長でした。やっぱり本物はかわいい!

たま駅長

時計もたま駅長。たま駅長はガラス張りスペースの中にいます

肝心のたま駅長の写真ですが今回は撮りませんでした。普段から写真撮影には慣れていると思うけど、起きていたこともあってカメラはかわいそうだと思ったので・・・

貴志駅時刻表

貴志駅の時刻表

貴志駅に10分足らず滞在し、折り返しの和歌山駅行きに乗り込みます。和歌山電鐵自体はなんの変哲もないローカル鉄道ですが、工夫次第でこれほど楽しい鉄道になるんですね。たま駅長、長生きしてほしいです。

和歌山アーバンホテルに宿泊

和歌山駅東口

和歌山駅東口

2日目は和歌山駅東口から徒歩3分の和歌山アーバンホテルに宿泊です。想像していたより部屋が広くて綺麗なのに驚きました。机とベッドの間のスペースが広々していたのが特にいいです。

和歌山アーバンホテル室内

3日目はさらに南を目指します。(その3へ続く)


スポンサーリンク

タグ

関連するコンテンツ