JR北海道が函館市内観光向け「はこだて旅するパスポート」を発売!

八幡坂から見る函館市電

八幡坂から見る函館市電

JR北海道が「はこだて旅するパスポート」を2012年11月1日から発売します。函館市周辺のJR・市電・バスが2日間乗り放題になるというのが基本的な内容です。以下では、はこだて旅するパスポートの詳しい内容について紹介します。

『はこだて旅するパスポート』11月1日発売開始!(PDFファイル・JR北海道)

はこだて旅するパスポートの内容

函館市内周辺のJR・市電・バスが2日間乗り放題というのが基本的な内容になっています。具体的な交通機関と区間は以下の通りです。

  • JR函館本線(函館~森間と江差線の五稜郭~渡島当別間)の普通列車普通車自由席
  • 函館市電全線
  • 函館バス(函館市内全線、函館~長万部線(バスセンター~大沼随道)、七飯経由鹿部線、 鹿部駅線、鹿部海岸線、下海岸線、鉄山・蛾眉野・川汲線、函館~知内線(バスセンター~当別トラピスト入口)、快速松前号(函館駅~当別駅前間)、上磯線)
また、津軽海峡フェリー(青森〜函館)の運賃が20%割引になる特典もあります。

はこだて旅するパスポートの発売期間・利用期間

発売期間
2012年11月1日(木) 〜 2013年2月27日(水)

利用期間
2012年11月1日(木) 〜 2013年2月28日(木)

はこだて旅するパスポートの価格

おとな:3,000円
こども:1,500円

主な路線と区間の運賃を見てみます。どのぐらいの距離を移動すれば元が取れるのか参考にしていただけたらと思います。

区間 路線名 運賃
函館〜大沼公園 JR函館本線 530円
函館〜森 JR函館本線 900円
函館〜渡島当別 JR江差線 530円
函館駅前〜五稜郭公園前 函館市電 220円

まとめ

はこだて旅するパスポートは、函館市周辺の観光スポットを鉄道・バスなどの公共交通機関で周遊するのに便利なきっぷです。津軽海峡フェリーが2割引きになるという特典もあるので、本州方面から移動する場合にも使えます。使い方によっては普通にきっぷを購入したほうが安くなる場合もあるので、元を取るためには最初に移動するルートの交通費を計算しておいたほうがいいでしょう。


スポンサード リンク

関連記事

タグ

JR北海道函館北海道