ひかり・こだま自由席用早特きっぷで名古屋ー新大阪を安く移動

700系新幹線

ひかり・こだま自由席用早特きっぷとは?

ひかり・こだま自由席用早特きっぷはJR東海が販売している特別企画きっぷです。名古屋ー新大阪間の新幹線ひかり号・こだま号に割安に乗車することができます。早特きっぷという名前がついているように、乗車日の一週間前までにこのきっぷを購入する必要があります。

ひかり・こだま自由席用早特きっぷの価格

4,250円(片道)

ひかり・こだま自由席用早特きっぷが買える場所

出発地周辺のJRの主な駅・主な旅行会社の支店・営業所など

ひかり・こだま自由席用早特きっぷの販売期間・利用期間

通年で販売しています。乗車日の1ヶ月前の10時から1週間前までに購入する必要があります。販売枚数が限定されているので、なるべくお早めに購入されることをおすすめします。

料金の比較

ひかり・こだま自由席用早特きっぷと、その他のきっぷの料金を比較してみます。ぷらっとこだまは、新幹線こだま号に割安に乗車できるチケットです。

きっぷの種類 料金
ひかり・こだま自由席用早得きっぷ 4,250円
ぷらっとこだまエコノミープラン 4,200円
ぷらっとこだまグリーン車エコノミープラン 6,400円
新幹線指定席 6,180円
新幹線グリーン車指定席 8,340円

ぷらっとこだまが最安ですが、「ひかり・こだま自由席用早得きっぷ」は50円しか違いません。

まとめ

ひかり・こだま自由席用早特きっぷは、名古屋と関西をよく移動される方におすすめです。一週間前までに予約する必要があるので、ある程度事前に旅行の計画が決まっている時にこのきっぷを使います。

「ぷらっとこだま」とほとんど料金が変わらないですが、ひかり・こだま自由席用早特きっぷはひかり号にも乗車できるのがメリットです。自由席なのでどちらかというと閑散期のほうがおすすめですが、ゴールデンウィークなどの繁忙期でも料金は変わりません。ちなみに京都駅のような途中駅でも下車することもできますが、その場合にきっぷは没収されるので料金が安くなることはありません。


スポンサード リンク

関連記事

タグ

JR東海こだまひかり名古屋名古屋ー大阪新大阪東海道新幹線