『ひかり早特きっぷ』は発売終了しました!

『ひかり早特きっぷ』は2013年10月31日で発売を終了し、廃止になっています。新幹線きっぷ情報は、新幹線カテゴリーをご覧ください。(2014年6月5日追記)

新幹線回数券等の一部見直しについて(JR東海のプレスリリース・PDF)

700系新幹線

700系新幹線

この記事の以下の内容は、消費税改定前(2014年3月31日以前)の古い情報になっていますので、お読みになる際はご注意ください。(2014年6月6日追記)

ひかり早特きっぷとは?

ひかり早特きっぷJR東海が発売している新幹線の割引きっぷです。東京〜名古屋、東京〜京都、東京〜新大阪など、主に東京と各地を結ぶ東海道新幹線の片道料金が割安になっています。

早得という名前でわかるように、このきっぷは乗車日の一週間前までに予約する必要があります。ひかり早得きっぷはJR東海の駅のみどりの窓口で購入できます。

ひかり早特きっぷ(JR東海)

ひかり早特きっぷの特徴

  • ひかり号の指定席を利用するきっぷ
  • 普通車用とグリーン車用がある
  • 乗車日の1週間前までに購入する必要がある
  • こども用の設定はない
  • 席数は限定
  • 他の割引との併用はできない
  • 列車の変更や区間の変更など一切の変更はできない
  • ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の繁忙期にも利用できる

ひかり早特きっぷの販売期間・利用期間

通年

ひかり早特きっぷの料金

のぞみ早得往復きっぷの料金と通常料金を比較してみます。通常料金とは、大人一名が新幹線ひかり号の片道きっぷを購入する場合の料金です。参考として、IC早得とぷらっとこだまエコノミープランの料金も掲載します。

IC早得はネット予約サービスのエクスプレス予約で利用できる割引チケット、ぷらっとこだまはJR東海ツアーズが販売している旅行商品です。ぷらっとこだまには通常期と繁忙期の料金がありますが、ここでは通常期の料金を掲載します。

区間 ひかり早特きっぷ 通常の運賃・料金 割引率 IC早得 ぷらっとこだま
東京ー名古屋 9,200円 10,580円 13.0% 9,500円 7,900円
東京ー京都 11,500円 13,220円 13.0% 11,470円 9,800円
東京ー新大阪 12,000円 13,750円 12.7% 12,000円 10,000円
東京ー新神戸 12,500円 14,270円 12.4% 12,300円 設定なし

まとめ

ひかり早特きっぷは、東京と各地(名古屋・京都・大阪・神戸など)を結ぶ東海道新幹線の区間を新幹線で安く移動したい方におすすめです。安いだけならぷらっとこだまエコノミープランのほうが安いですが、ひかり号なので、ある程度スピードを重視される方にも向いています。上の表でもわかるように、ひかり早特きっぷはエクスプレス予約のIC早得よりも区間によっては安いです。

早得きっぷなので一週間前までに予約しなければいけないという期限はありますが、ゴールデンウィークなどの繁忙期にも利用できるなど割と制約の少ない使い勝手のいいきっぷです。席数は限定なので一週間前ギリギリに購入するのではなく、なるべくお早めの購入をおすすめします。


スポンサード リンク

関連記事

タグ

JR東海京都名古屋大阪東京東海道新幹線横浜神戸