レール&レンタカーきっぷでJRに20%安く乗る

東京湾アクアライン

東京湾アクアライン

レール&レンタカーきっぷは、JRと駅レンタカーを組み合わせたお得なきっぷです。乗車券の購入とレンタカーの予約を同時に行うと、JRの乗車券や特急料金が何割か安くなる、というのが基本的な内容です。

また、レール&レンタカーきっぷを利用するにはいくつか条件があります。以下ではレール&レンタカーきっぷの詳しい内容について見ていきます。

レール&レンタカーきっぷ

駅レンタカーとは?

駅レンタカーは、JRが主な駅の近くで営業しているレンタカーのチェーン店です。駅に隣接した場所で営業しているという立地の良さが特徴で、鉄道と同時に利用されることが多いです。

レール&レンタカーきっぷの割引

  • 同乗者全員のJR乗車券が20%割引
  • 同乗者全員の特急料金が10%割引
  • 同乗者全員のグリーン料金が10%割引

レール&レンタカーきっぷの条件

レール&レンタカーきっぷを購入するには、満たすべきいくつか条件があります。それぞれの条件について、主な条件についてのみ見ていきます。

1. JR線の営業キロを片道・往復・連続のいずれかで201km以上利用する。

2. 最初にJR線を利用し、出発駅から駅レンタカー営業所のある駅まで最短経路で101km以上離れている。

レール&レンタカーきっぷの購入を検討する前に、旅行の移動距離(営業キロ)がどれぐらいか確認しておくことが必要です。営業キロはこちらで確認できます。 例として以下の区間の営業キロを挙げてみました。基本的に片道なら201キロ以上、往復なら101キロ以上離れている区間で利用できると覚えておけばいいでしょう。

営業キロの例

  • 東京ー熱海:104.6キロ
  • 博多ー熊本:118.4キロ
  • 岡山ー広島:161.3キロ
  • 名古屋ー新大阪:186.6キロ

3. JRと駅レンタカーの利用が連続している

4. JR線のきっぷと駅レンタカー券を同時に購入する

レール&レンタカーきっぷはみどりの窓口、またはWebで購入することが可能です。Webで購入した場合でも、きっぷはみどりの窓口で受け取る必要があります。

5. 駅レンタカーは、JR線のゆき券(1行程目)の有効期間内に出発し、かえり券(2行程目)の有効期間内に返却する

6. 駅レンタカーを24時間単位で利用する

駅レンタカーは24時間未満でも利用できますが、料金は24時間分になります。また24時間を越えた場合でも24時間単位での精算になります。

まとめ

レール&レンタカーきっぷは、以下のような条件に適したきっぷです。

  1. 鉄道で長距離移動する旅行
  2. 複数人数での旅行
  3. レンタカーを24時間以上利用する

1. 鉄道で長距離移動する旅行

レール&レンタカーきっぷは、上で見たように出発駅から目的地まで少なくとも101キロ以上離れた距離でないと購入できません。また、割引のメリットも短距離よりも長距離のほうが大きくなります。

2. 複数人数での旅行

一人旅よりもどちらかというと家族などの複数人数での旅行に適しています。レール&レンタカーきっぷは同乗者にも割引が適用されるので、複数人数のほうが割引のメリットが大きいからです。もちろん一人旅でも割引のメリットを享受できます。

3. レンタカーを24時間以上利用する

レール&レンタカーきっぷは、レンタカーを24時間単位で利用することが条件です。24時間未満でも利用できないことはないのですが、その場合は6時間や12時間など、もっと短時間単位で利用できる他のレンタカー会社を利用したほうが安くつく可能性があります。


スポンサード リンク

関連記事

タグ