吉備之国くまなくおでかけパス(岡山・尾道おでかけパス)まとめ【2016年度】

尾道の街並み

尾道の街並み

『吉備之国くまなくおでかけパス』は、JR西日本が2016年から新たに発売するフリーきっぷです。

2015年度まで発売されていた『岡山・尾道おでかけパス』の名前が変わって、リニューアルされたのがこの『吉備之国くまなくおでかけパス』です。

以下では、『吉備之国くまなくおでかけパス』の内容についてまとめました。

吉備之国くまなくおでかけパス(JRおでかけネット)

『吉備之国くまなくおでかけパス』の主な特徴

岡山県内・広島県東部のJR普通列車・快速列車が1日乗り放題

フリーエリア(岡山県内と広島県東部)内のJR普通列車・快速列車が1日乗り放題です。

具体的な乗車できる路線は以下の通りです。特急列車(新幹線の岡山〜新尾道間を含む)に乗車するには、別に特急券を購入する必要があります。

また、快速マリンライナーなどの普通車指定席に乗車するには、別に座席指定券を購入する必要があります。

  • JR山陽本線(三石〜糸崎)
  • JR伯備線(倉敷〜新郷)
  • JR津山線(岡山〜津山)
  • JR姫新線(新見〜美作土居)
  • JR因美線(東津山〜土師)
  • JR吉備線(岡山〜総社)
  • JR芸備線(備中神代〜備後落合)
  • JR福塩線(福山〜府中)
  • JR赤穂線(東岡山〜寒河)
  • JR宇野線(岡山〜宇野)
  • JR本四備讃線(茶屋町〜児島)
  • 山陽新幹線(岡山〜新尾道)別に特急券が必要
  • 岡山電気軌道 市内線(岡山駅前〜東山・清輝橋)
  • 井原鉄道線(総社〜神辺)

フリーエリアはこちら(PDFファイル)でも確認できます。

利用日前日までの購入が必要

吉備之国くまなくおでかけパスは、利用開始日の1ヶ月前から前日までの発売です。利用日当日には購入できないので注意が必要です。

こども用が安い

こども用の価格が510円と、おとな用に比べて安いです。こども1人で利用することも可能です。

「おでかけ割引クーポン」2枚分付き

ホテルグランヴィア岡山、さんすて岡山、おみやげ街道の一部店舗で割引が受けられる「おでかけ割引クーポン」2枚付きです。

「吉備之国くまなくおでかけパス」の発売期間・利用期間(2016年度)

発売期間

【上半期】2016年3月15日(火) 〜 2016年9月29日(木)
【下半期】2016年9月16日(金) 〜 2017年3月30日(木)

利用期間

【上半期】2016年4月1日(金) 〜 2016年9月30日(金)
【下半期】2016年10月1日(土) 〜 2017年3月31日(金)

スポンサーリンク

「吉備之国くまなくおでかけパス」の価格

【おとな】1,950円
【こども】510円

「吉備之国くまなくおでかけパス」でどの程度の距離を乗車すれば元が取れるのでしょうか。

参考として、岡山を起点とした主な区間の運賃(大人・片道)を見てみます。おとな用なら、片道975円以上の区間を往復すれば元が取れます。

主な区間の運賃(大人・片道)
区間 路線 運賃(大人・片道)
岡山〜倉敷 JR山陽本線 320円
岡山〜福山 JR山陽本線 970円
岡山〜尾道 JR山陽本線 1,320円
岡山〜新見 JR伯備線 1,490円
岡山〜津山 JR津山線 1,140円
総社〜神辺 井原鉄道井原線 1,100円
岡山駅前〜東山 岡山電気軌道 100円
岡山〜清輝橋 岡山電気軌道 140円

まとめ

『吉備之国くまなくおでかけパス』は、岡山県と広島県東部エリアを鉄道で周遊するのに便利なきっぷです。

名前は変わりましたが、これまでの『岡山・尾道おでかけパス』とほとんど内容に変更はありません。

上で見たように、元を取るのはそれほど難しくなく、お得度が高いきっぷです。特急券を購入すれば、特急列車と新幹線にも乗車できます。

観光に使えるのはもちろんですが、地元の方が移動するのにも使えます。また、子供用が安いので家族旅行にも向いています。

このきっぷの注意点は、乗車日当日には購入できないという点です。フリーエリア外にお住まいの方は、何らかの手段でこのきっぷを事前に入手する必要があります。


スポンサーリンク

タグ

JR西日本中国地方倉敷尾道岡山広島福山

関連するコンテンツ