新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック(2016年 春版)まとめ

名古屋駅・JRセントラルタワーズ

名古屋駅・JRセントラルタワーズ

新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック』(タワーズパック)は、JR東海が期間限定で発売している新幹線の往復きっぷです。

豊橋駅から名古屋駅までの新幹線往復と、名古屋駅の駅ビルで使える食事・商品券1,000円分がセットになっています。今回は、2016年春の「新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック」について紹介します。

新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック(JR東海)

『新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック』の内容

『新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック』は、以下の内容がセットになっています。

  • 豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川間)各駅〜名古屋駅の往復(新幹線普通車自由席利用)
  • 食事・商品券(1,000円券)

新幹線『ひかり』『こだま』の普通車自由席と、快速・普通列車の普通車自由席に乗車できます。

食事・商品券は、以下の店舗で利用できます。

  • タワーズプラザレストラン街12F・13F
  • 名古屋マリオットアソシアホテル内のレストラン
  • ジェイアール名古屋タカシマヤの一部店舗

新幹線きっぷと食事・商品券の有効期間は、いずれも発売当日限り1日間です。

『新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック』の発売期間・利用期間(2016年春)

2016年3月5日(土) 〜 2016年5月8日(日)

『新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック』の価格(2015〜2016年冬)

2,960円
こども用の設定はありません。

豊橋駅〜名古屋駅を新幹線の普通車自由席で往復する場合、正規の運賃・料金は4,600円になります。「新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック」を使うと、1,640円安くなる計算(割引率35.7%)です。食事・商品券を計算に入れればもっとお得です。

まとめ

『新幹線名古屋往復きっぷタワーズパック』について紹介しました。愛知県の豊橋エリアから日帰りで名古屋へ行き、名古屋駅周辺で食事やショッピングをするのに便利なきっぷです。

上で見たように、食事・商品券の1,000円分を使わなくても元が取れます。お得度が高いきっぷです。

なお食事・商品券を使う必要がなく単に往復するだけでいいという場合は、『新幹線名古屋往復きっぷ』(土日祝日2,320円・平日2,880円)のほうが安いです。

また、在来線で往復するなら『名古屋往復きっぷ』(土日祝日1,540円、平日1,860円)を利用するという選択肢もあります。


スポンサーリンク

タグ

JR東海名古屋愛知東海地方豊橋

関連するコンテンツ