2014年元旦向け「新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ」が発売!

『新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ』は、2014年の元旦向けを最後に発売されていません。発売について何か新しい情報があれば、このページを更新する予定です。(2016年8月26日追記)
特急ワイドビューふじかわと富士山

特急ワイドビューふじかわ

JR東海が「新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ」を発売します。2014年の元旦に新幹線「こだま」号やJR東海エリアの特急列車が乗り降り自由になるというのが基本的な内容になっています。以下では「新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ」について紹介します。

「新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ」の発売について(JR東海)

新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ(2014年版)の特徴

1. 2014年元旦の1日限定で有効
元旦(2014年1月1日)の1日限定で有効というのが特徴です。

2. 新幹線「こだま」とJR東海の特急列車などが乗り降り自由
新幹線「こだま」と特急列車(グリーン車または普通車自由席)などが乗り降り自由というのが基本的な内容です。新幹線「のぞみ」号には乗車できませんが、「ひかり」号は新大阪〜名古屋間のみ乗車できます。また、伊勢鉄道(津〜河原田)にも乗車できます。

新春こだま&ワイドビューフリーきっぷで乗車できる具体的な列車と区間は以下の通りです。

  • 新幹線ひかり(新大阪〜名古屋)
  • 新幹線こだま(新大阪〜東京)
  • 特急ワイドビューひだ(猪谷〜名古屋)
  • 特急ワイドビュー南紀(名古屋〜新宮)
  • 特急ワイドビューしなの(塩尻〜名古屋)
  • 特急ワイドビュー伊那路(飯田〜豊橋)
  • 特急ワイドビューふじかわ(甲府〜静岡)
  • 特急あさぎり(松田〜御殿場)
  • 特急しらさぎ(名古屋〜米原)
  • 伊勢鉄道(津〜河原田)

3. 「グリーン車指定席4回用」と「普通車自由席用」がある
「グリーン車指定席4回用」は、グリーン車に4回まで乗車できます。グリーン車に乗車する場合は、乗車前に駅の窓口などで座席の指定を受ける必要があります。

新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ(2014年版)の発売期間・利用期間

発売期間
2013年12月1日(日) 〜 2014年1月1日(水)

利用期間
2014年1月1日(火)

新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ(2014年版)の価格

きっぷの種類 おとな用 こども用
グリーン車指定席4回用 15,000円  5,000円
普通車自由席用 13,000円  3,000円

参考として、通常の運賃・料金を見てみます。大人1名が繁忙期に各区間を片道で乗車する場合の運賃・料金です。どのぐらいの区間に乗車すれば元が取れるのか参考にししてください。

運賃・料金(大人・片道・繁忙期)
区間 列車名 普通車指定席 グリーン車
新大阪〜名古屋 ひかり 6,380円 8,340円
名古屋〜東京 こだま 10,780円 14,070円
新大阪〜東京 こだま 13,950円 18,390円
高山〜名古屋 ワイドビューひだ 6,070円  8,030円 
名古屋〜新宮 ワイドニュー南紀 7,390円 10,680円
名古屋〜塩尻 ワイドビューしなの 5,750円 7,710円
豊橋〜飯田 ワイドビュー伊那路 5,010円 設定なし
甲府〜静岡 ワイドビューふじかわ 4,700円 設定なし

新大阪〜東京(大人)なら、片道で移動するだけで元が取れます。

まとめ

「新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ」について紹介しました。2014年元旦に、JR東海エリアを新幹線や特急列車で移動するのに便利なきっぷです。こども用がおとな用の1/3以下と比較的安いので、家族での帰省にも使えます。注意すべき点としては、利用できるのは元旦のみという点と、新幹線のぞみ号には乗車できないという点です。


スポンサーリンク

タグ

JR東海京都名古屋和歌山大阪山梨岐阜愛知新宮東京東海地方甲信越地方豊橋近畿地方長野関東地方静岡飯田高山

関連するコンテンツ