東京往復スーパー早特きっぷの設定区間に新岩国・徳山・新山口が追加!

東京国際フォーラム前を走る新幹線のぞみ号

東京国際フォーラム前を走る新幹線のぞみ号

東京往復スーパー早特きっぷとは?

東京往復スーパー早特きっぷは、JR西日本が発売している新幹線の往復割引きっぷです。中国地方の新幹線各駅〜東京・横浜を新幹線「のぞみ」号で往復できます。「早特」きっぷなので、乗車日から2週間以上前に購入するという条件が設けられています。

この東京往復スーパー早特きっぷは2012年10月1日利用分から少し内容が変更になり、山口県の各駅(新岩国・徳山・新山口)も区間に追加されました。また、購入期限が「21日前」から「14日前」に変更になりました。以下では、東京往復スーパー早特きっぷの詳しい内容について紹介します。

東京往復スーパー早特きっぷ(JRおでかけネット)

「東京往復スーパー早特(はやとく)きっぷ」「のぞみ早特(はやとく)往復きっぷ」の区間拡大(新岩国駅発・徳山駅発・新山口駅発)および継続設定について(JR西日本)

東京往復スーパー早特きっぷの主な特徴

東京往復スーパー早特きっぷには、以下のような特徴があります。

1. 岡山〜新山口の各駅〜東京・横浜の往復で新幹線「のぞみ」を利用できる
新尾道・三原発着の場合は、福山駅まで新幹線の普通車自由席に乗車できます。なお、逆方向の設定はありません。つまり東京・横浜を出発する設定はありません。

2. 普通車用とグリーン車用がある
普通車用は「のぞみ」普通車指定席、グリーン車用は「のぞみ」グリーン車に乗車できます。

3. 乗車日の14日前までに購入する必要がある
「ゆき」出発日の21日前から14日前までに購入する必要があります。

4. 有効期間は3日間
有効期間は3日間と、やや短めに設定されているので注意が必要です。「ゆき」と「かえり」の日程が3日以内でなければ、通常のきっぷか「のぞみ早特往復きっぷ」など他のきっぷを購入します。

5. 販売席数は限定
販売席数は限定なので、売り切れの場合は他のきっぷを購入します。予定が決まったら、なるべく早めに購入するほうがいいでしょう。

東京往復スーパー早特きっぷの発売期間・利用期間(2014年度上半期)

発売期間
〜 2014年9月16日(火)

利用期間
〜 2014年10月2日(木)

東京往復スーパー早特きっぷの価格(2014年4月1日〜)

東京往復スーパー早特きっぷの価格(大人用)は、以下のようになっています。普通車用のこども料金は、おとな料金の半額です。グリーン車用については、こども料金の設定はありません。

また、通常の運賃・料金(通常期に新幹線のぞみ指定席に乗車する場合)と比較して割引率も計算しています。水色の背景は、2012年10月1日利用分から追加になった区間です。

普通車用
区間 東京往復スーパー早特きっぷ 通常の運賃・料金 割引率
岡山⇔東京 24,690円 32,580円 24.2%
福山⇔東京 26,740円 33,160円  19.4%
新尾道⇔東京 26,740円 34,840円 23.2%
三原⇔東京 26,740円 34,840円 23.2%
広島⇔東京 26,740円 35,820円  25.3%
新岩国⇔東京 27,770円 37,480円 25.9%
徳山⇔東京 28,800円 38,240円 24.7%
新山口⇔東京 29,830円 39,940円  25.3%
グリーン車用
区間 東京往復スーパー早特きっぷ 通常の運賃・料金 割引率
岡山⇔東京 32,910円 44,500円 26.0%
福山⇔東京 36,000円 45,080円  20.1%
広島⇔東京 36,000円 50,080円  28.1%
新山口⇔東京 38,060円 54,200円  29.8%

割引率はグリーン車用のほうがやや高めです。

まとめ

「東京往復スーパー早特きっぷ」は、中国地方(岡山県〜山口県)にお住まいの方が、東京へ新幹線で往復するのに便利なきっぷです。2012年10月1日分から設定区間が新たに追加されました。また購入期限が21日前→14日前に変更になって、より便利になりました。もし3日以内の旅程で東京へ往復する予定があるなら、抑えておきたいきっぷの一つです。

なお、もう少し条件が緩いきっぷに「のぞみ早特往復きっぷ」があります。のぞみ早特往復きっぷの有効期間は7日間で、乗車日の7日前までに購入する必要があります。もし東京往復スーパー早特きっぷの条件に合わなかったら、「のぞみ早特往復きっぷ」を利用するのも選択肢も一つです。


スポンサード リンク

関連記事

タグ

JR西日本三原中国地方尾道山口岡山岩国広島東京横浜福山