JR東海が『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』(2015年版)を発売!

白川郷

白川郷

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』はJR東海が発売している期間限定のお得なきっぷです。世界遺産にも指定された、白川郷・五箇山エリアを観光する方向けに発売されています。

この『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』は、元々JR東海が2014年まで発売していた『世界遺産きっぷ』の後継にあたるきっぷです。

以下では、『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』の詳しい内容について紹介します。

世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ(JR東海)

白川郷・五箇山について

白川郷と五箇山は岐阜県と富山県にまたがる合掌造り集落で有名なエリアです。合掌造り集落は茅葺き屋根を持つ独特の家屋の集合帯で、1995年にユネスコ世界遺産に指定されました。このエリアは豪雪地帯としても知られており、冬の時期は特に風情があります。

白川郷・五箇山のエリアは鉄道が走っていないので、高山方面または富山方面からバスで移動することになります。高山方面からは濃飛バス、高岡方面からは加越能バスを利用します。

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』の主な特徴

『往復+フリーエリア乗り放題』タイプのきっぷ

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』は、『往復+フリーエリア乗り放題』タイプのきっぷです。

出発地は名古屋市内

出発地は名古屋市内に設定されています。

名古屋からの往復に特急『ひだ』または特急『しらさぎ』を利用できる

名古屋地区〜高山・富山・北陸地区の往復に、特急『ひだ』または特急『しらさぎ』の普通車指定席を利用できます。具体的には、利用する特急列車別に以下の3つのコースから選択するようになっています。

  • ひだ往復コース(往復ひだ号)
  • ひだ&しらさぎコース(往路ひだ号・復路しらさぎ号)
  • しらさぎ&ひだコース(往路しらさぎ号・復路ひだ号)

白川郷・五箇山エリアの交通機関が乗り降り自由

白川郷・五箇山周辺エリアの交通機関が乗り降り自由です。具体的には以下の交通機関を利用できます。

  • 北陸新幹線(富山〜金沢間)の普通車自由席
  • JR在来線(高山本線の高山駅~富山駅間、氷見線 の高岡駅~氷見駅間、城端線の高岡駅~城端駅間)の特急列車・普通列車の普通車自由席
  • あいの風とやま鉄道(高岡駅~富山駅間)
  • 富山ライトレール(富山駅北〜岩瀬浜)
  • 万葉線(高岡駅前〜越ノ潟)
  • 加越能バス「世界遺産バス」(白川郷~高岡駅前間)・「高岡市内線」(新高岡駅~金屋間)
  • 濃飛バス(高山濃飛バスセンター〜白川郷間)

有効期間は3日間

有効期間は3日間です。3日間以内に往復する必要があります。

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』の発売期間・利用期間(2015年)

発売期間

2015年2月14日(土) ~ 2015年9月30日(水)

利用期間

2015年3月14日(土) ~ 2015年10月2日(金)
(ただし4月27日〜5月6日・8月11日〜8月20日を除く)

『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』の価格

価格は14,500円です。

普通にきっぷを購入した場合の運賃・料金と比較してみます。以下の例は大人1名が通常期に各コースを移動するという条件です。フリー区間での周遊は特にしないものとします。

ひだ往復コース

  1. 名古屋駅→高山駅:6,030円(特急『ひだ』普通車指定席)
  2. 高山濃飛バスセンター→白川郷:2,470円(濃飛バス)
  3. 白川郷→新高岡駅:1,800円(加越能バス)
  4. 新高岡駅→富山駅:1,180円(北陸新幹線の普通車自由席)
  5. 富山駅→名古屋駅:7,650円(特急『ひだ』普通車指定席)

合計:19,130円(世界遺産きっぷのほうが4,630円安い)

ひだ&しらさぎコース

  1. 名古屋→高山:6,030円(特急『ひだ』普通車指定席)
  2. 高山濃飛バスセンター→白川郷:2,470円(濃飛バス)
  3. 白川郷→高岡:1,800円(加越能バス)
  4. 新高岡駅→金沢駅:1,530円(北陸新幹線の普通車自由席)
  5. 金沢駅→名古屋駅:7,330円(特急『しらさぎ』普通車指定席)

合計:19,160円(世界遺産きっぷのほうが4,660円安い)

しらさぎ&ひだコース

  1. 名古屋駅→金沢駅:7,330円(特急『しらさぎ』普通車指定席)
  2. 金沢駅→新高岡駅:1,530円(北陸新幹線の普通車自由席)
  3. 新高岡駅→白川郷:1,800円(加越能バス)
  4. 白川郷→高山濃飛バスセンター:2,470円(濃飛バス)
  5. 高山駅→名古屋駅:6,030円(特急『ひだ』普通車指定席)

合計:19,160円(世界遺産きっぷのほうが4,660円安い)

まとめ

JR東海の『世界遺産 白川郷・五箇山フリーきっぷ』を紹介しました。名古屋近郊にお住まいで白川郷・五箇山方面へ特急列車を利用して行きたい方にとって便利なきっぷです。

2014年までの『世界遺産きっぷ』と比べると、北陸新幹線にも乗車できるようになったのが大きな違いです。その分、価格は1,000円高くなりました。

なお名古屋方面から安く行くだけなら名古屋〜白川郷の直通高速バスがありますが、新幹線やバスなど多彩な交通機関に対応しているのがこのきっぷのメリットです。また、富山地区にフリー区間が設定されているので、白川郷・五箇山地区だけでなく富山近郊の観光にも使えます。


スポンサーリンク

タグ

JR東海JR西日本名古屋富山東海地方高山高岡

関連するコンテンツ