『阪神往復フリーきっぷ』で四国〜大阪・神戸をおトクに往復

特急しおかぜ

特急『しおかぜ』

『阪神往復フリーきっぷ』は、JR四国が発売しているおトクなきっぷです。新幹線や特急列車を利用して、四国から大阪・神戸方面へ行く方向けの内容になっています。

以下では、『阪神往復フリーきっぷ』の主な特徴などをまとめました。

『阪神往復フリーきっぷ』の特徴

「往復+フリーエリア乗り放題」タイプのきっぷ

四国各地〜岡山までは特急列車の普通車指定席、岡山〜阪神フリーエリアまでは新幹線の普通車指定席を利用できます。つまり、新幹線と特急列車は岡山駅で乗り換えます。

阪神フリーエリアでは、快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由です。

なお高松〜岡山間については、普通列車の普通車自由席に乗車できます。

「大人・4日間用」「大人・土休日2日間用」「小児用」の3つのタイプがある

それぞれのタイプごとに、購入できる年齢と有効期間などが決まっています。

「大人・4日間用」「小児用」の有効期間は4日間、「大人・土休日2日間用」の有効期間は土日祝日などの2日間です。

サンライズ瀬戸号は利用できない

夜行寝台列車の『サンライズ瀬戸』号は利用できません。

『阪神往復フリーきっぷ』の発売期間・利用期間(2017年度)

発売期間

2018年3月31日まで

利用期間

2018年4月3日まで(土休日2日用は2018年4月1日まで)

スポンサーリンク

『阪神往復フリーきっぷ』の価格

阪神往復フリーきっぷの価格は、出発地(発ゾーン)によって違います。以下の表において、主なゾーンの価格と通常の運賃・料金、割引率を示しました。

通常の運賃・料金は、大人1名が、通常期に特急列車と新幹線『のぞみ』の普通車指定席で各区間(高松・松山・高知〜新大阪間)を往復するという条件です。

「大人・4日間用」の価格
発ゾーン(区間) 価格 通常の運賃・料金 割引率
高松ゾーン(高松〜新大阪) 13,170円 15,660円  15.9%
高知ゾーン(高知〜新大阪) 16,770円 21,500円  22.0%
松山・今治ゾーン(松山〜新大阪) 17,490円 22,800円  23.3%
「大人・土休日2日間用」の価格
発ゾーン(区間) 価格 通常の運賃・料金 割引率
高松ゾーン(高松〜新大阪) 12,340円 15,660円  21.2%
高知ゾーン(高知〜新大阪) 15,740円 21,500円  26.8%
松山・今治ゾーン(松山〜新大阪) 16,460円 22,800円  27.8%
「小児用」の価格
発ゾーン(区間) 価格 通常の運賃・料金 割引率
高松ゾーン(高松〜新大阪) 5,140円 7,820円 34.3%
高知ゾーン(高知〜新大阪) 6,170円 10,740円  42.6%
松山・今治ゾーン(松山〜新大阪) 6,170円 11,380円  45.8%

価格は、「大人・土休日2日間用」のほうが「大人・4日間用」より安いです。また、「小児用」は大人用の半額以下に設定されています。

まとめ

『阪神往復フリーきっぷ』を紹介しました。四国から大阪・神戸地区へ、新幹線と特急列車を利用してリーズナブルに行くのに便利なきっぷです。

フリーエリアでは快速・普通列車が乗り降り自由なので、大阪・神戸地区を観光するのに使えます。

なお、大人2人以上で旅行するなら、大阪こだま指定席往復きっぷ(神戸こだま指定席往復きっぷ)のほうがさらに安いです。

大阪こだま指定席往復きっぷ(神戸こだま指定席往復きっぷ)は、2名以上で旅行する場合にのみ発売という縛りがついている分、安くなっています。

阪神往復フリーきっぷは主に1人で移動される方向けのきっぷですが、こども料金も安いので、家族旅行などにも向いています。

スポンサーリンク

タグ

JR四国四国大阪徳島愛媛松山神戸香川高松高知

関連するコンテンツ