のぞみ早特往復きっぷで出雲・松江・米子〜東京を安く往復

山陽新幹線N700系

山陽新幹線N700系

『のぞみ早特往復きっぷ』とは?

のぞみ早特往復きっぷはJR西日本が発売している往復割引きっぷです。西日本各地〜東京を新幹線のぞみで往復するのに便利なきっぷで、山陰地方(米子・松江・出雲)にも区間が設定されています。岡山から山陰までは特急列車、岡山〜東京までは新幹線のぞみを利用します。

「早特」という名前でわかるように、乗車日の7日前までに購入が必要な早期割引きっぷです。以下では、のぞみ早特往復きっぷの詳しい内容について紹介します。

のぞみ早特往復きっぷ(JR西日本)

『のぞみ早特往復きっぷ』の特徴

  • のぞみ号の普通車指定席を利用する
  • グリーン車用はなし
  • 乗車日の21日前から7日前までに購入する必要がある
  • 東京発の設定はなし
  • こども用の設定はない
  • 席数は限定
  • 他の割引との併用はできない
  • 列車の変更や区間の変更など一切の変更はできない
  • ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の繁忙期にも利用できる

『のぞみ早特往復きっぷ』の発売期間・利用期間(2015年)

発売期間

2015年3月11日(水) 〜 2015年9月23日(水)
(乗車日の21日前から7日前までの発売です)

利用期間

2015年4月1日(水) 〜 2015年10月6日(火)
2015年9月30日利用開始分までの設定です)

『のぞみ早特往復きっぷ』の価格

『のぞみ早特往復きっぷ』の価格と、通常の運賃・料金を比較してみます。大人1名が通常期に新幹線『のぞみ』(岡山〜東京間)の普通車指定席と、特急『やくも』(米子・松江・出雲市〜岡山間)の普通車指定席を利用するという条件です。2014年4月1日以降の金額で計算しています。

区間 のぞみ早特往復きっぷ 通常の運賃・料金 割引率
米子〜東京 30,860円 37,380円 17.4%
松江〜東京 30,860円 37,980円 18.7%
出雲市〜東京 30,860円 38,200円 19.2%

まとめ

『のぞみ早特往復きっぷ』を紹介しました。山陰(米子・松江・出雲)と東京を新幹線で安く往復したいという方にとって便利なきっぷです。

山陰地方と東京を結ぶ移動手段というと「サンライズ出雲」が有名ですが、のぞみ早得往復きっぷは新幹線のぞみで少しでも早く移動したい、という方に向いています。

購入は7日前までという条件がついていますが、年末などは特に指定席がすぐ埋まってしまうので、なるべくお早めに予約されることをおすすめします。


スポンサーリンク

タグ

JR東海JR西日本中国地方出雲山陰地方島根東京松江米子鳥取

関連するコンテンツ