サンキューチケットで土日祝日の近鉄電車に28%安く乗る

近鉄電車

近鉄電車

サンキューチケットとは?

サンキューチケットは、近鉄が発売している割引回数券カードです。10回分の運賃で、14回乗車できます。

4回分は無料ということで割引率が高いのですが、土日祝日にだけ利用が可能であったり、普通運賃が840円以内の区間でのみ利用が可能であったりと条件も付いています。以下では、サンキューチケットの詳しい内容について紹介します。

サンキューチケット(近鉄)

サンキューチケットの主な特徴

1. 10回分の運賃で14回利用できる回数券カード

サンキューチケットの価格は区間によって異なります。その区間の普通運賃(大人)を10倍がサンキューチケットの価格になります。

2. 土曜日・日曜日・祝日・年末年始などに利用できる

サンキューチケットは、ゴールデンウィークなどにも利用できます。

3. 発駅からの普通運賃(大人)が840円以内の区間で利用できる

840円以内の区間については、以下で紹介しています。

4. 有効期間は3ヶ月間

サンキューチケットは、3ヶ月以内に14回分乗車する予定がある方向けです。

5. 特急券を別途購入すれば特急列車にも乗車できる

ただし普通運賃が840円以内の区間なので、乗車できる特急列車はある程度限られます。

6. こども用の発売はなし

こどもの場合は、こども運賃で乗車券を購入することになります。

サンキューチケットの利用対象日

土曜日、日曜日、国民の祝日、振替休日、12月30日~1月3日、5月4日、土休日用ダイヤ実施日

サンキューチケットで乗車できる区間

サンキューチケットで乗車できるのは、発駅からの普通運賃が840円以内の区間です。参考までに、普通運賃が840円以内の区間と、840円以上になる区間を挙げてみます。

840円以内の主な区間

  • 近鉄奈良〜大阪難波:560円
  • 近鉄名古屋〜近鉄四日市:620円
  • 京都〜近鉄奈良:620円
  • 橿原神宮前〜大阪阿部野橋:620円

840円を超える主な区間

  • 京都〜鶴橋:880円
  • 京都〜大阪難波:940円
  • 近鉄名古屋〜津:1,010円

まとめ

サンキューチケットを紹介しました。近鉄の沿線にお住まいで、土日祝日に短距離区間を移動する方にとってお得な回数券カードです。

10回分の運賃で14回分乗車可能ということで割引率も高いですが、3ヶ月以内に14回分乗車する予定がある方でないと損になります。

なお、平日に使える別のカードとしてパールカード11オフピークチケットがありますが、こちらはサンキューチケットより少し割引率が低くなります。


スポンサーリンク

タグ

三重京都名古屋大阪奈良愛知近鉄

関連するコンテンツ