休日乗り放題きっぷで熱海〜静岡〜豊橋を格安移動

東海道本線の列車と富士山

東海道本線の列車と富士山

『休日乗り放題きっぷ』は、JR東海が発売しているフリーきっぷです。

土日や年末年始に、静岡県を中心とするフリーエリアの普通列車・快速列車が1日乗り放題になるきっぷです。

以下では、『休日乗り放題きっぷ』の詳しい内容について紹介します。

休日乗り放題きっぷ(JR東海)

『休日乗り放題きっぷ』の主な特徴

フリーエリア内の普通列車の普通車自由席が1日乗り放題

フリーエリア内では、普通列車の普通車自由席が1日乗り放題です。フリーエリアは静岡県を中心とするエリアです。具体的には以下の区間に乗車できます。

  • JR東海道本線(熱海〜豊橋)
  • JR御殿場線(国府津〜沼津)
  • JR身延線(富士〜甲府)

フリーエリア内の主な駅を地図で示します。

土日祝日・年末年始に利用できる

土日祝日と年末年始(12月30日〜1月3日)に利用できます。平日には利用できません。

新幹線・寝台列車には乗車できない(特急列車には乗車可)

新幹線と寝台列車には乗車できません。特急列車には、別に特急券を購入すれば乗車できます。

『休日乗り放題きっぷ』のフリーエリア内で利用できる特急列車は、特急『踊り子』(熱海〜三島)や、特急『ワイドビューふじかわ』(静岡〜甲府)などです。

『休日乗り放題きっぷ』の発売期間・利用期間

発売期間

通年

利用期間

土曜日、日曜日、祝日および年末年始(12月30日〜1月3日)

『休日乗り放題きっぷ』の価格(2014年4月1日〜)

【大人】2,670円
【小児】1,330円

参考として、フリー区間内の主な区間の運賃(大人・片道)を掲載します。元を取るための参考にしてください。

片道1,340円以上の区間なら、1回往復すれば元が取れます。片道2,670円以上の区間(熱海〜豊橋など)なら、片道で移動するだけで元が取れます。

主な区間の運賃(参考)
区間 運賃(大人・片道)
熱海〜静岡 1,320円
静岡〜御殿場 1,320円
静岡〜豊橋 1,940円
静岡〜甲府 2,270円
熱海〜浜松 2,590円
熱海〜豊橋 3,350円

『休日乗り放題きっぷ』の購入について

『休日乗り放題きっぷ』は、フリー区間内の駅のきっぷうりば、旅行会社の窓口などで購入可能です。なお購入する場所について、以下の注意点があります。

国府津駅と甲府駅では購入できない

国府津駅甲府駅はJR東海の管轄ではありません。そのため、『休日乗り放題きっぷ』を購入できません。国府津駅と甲府駅は出発の起点とするのではなく、終点として利用する使い方のほうがいいでしょう。

熱海駅で購入する場合

熱海駅で『休日乗り放題きっぷ』を購入する場合、改札の外にある窓口はJR東日本の窓口なので、『休日乗り放題きっぷ』を購入することができません。そのため、改札の中にあるJR東海の窓口で購入する必要があります。

まず改札そばの有人窓口で『休日乗り放題きっぷ』を購入したい旨を伝えて、『乗車駅証明書』という紙をもらいます。

改札を直進して新幹線乗換口まで進むと、JR東海の窓口があります。そこで『乗車駅証明書』を渡せば、『休日乗り放題きっぷ』を購入できます。

『青空フリーパス』のフリーエリア内でも購入可能

青空フリーパス』は、JR東海が発売しているフリーきっぷです。『休日乗り放題きっぷ』の姉妹きっぷとも言えるきっぷで、フリーエリアは愛知県を中心とするエリアに設定されています。

『青空フリーパス』のフリーエリア内でも『休日乗り放題きっぷ』を購入できるので、2つのきっぷを組み合わせて利用することも可能です。

『青空フリーパス』のフリーエリア内で『休日乗り放題きっぷ』を購入する場合、『休日乗り放題きっぷ』のフリー区間入口駅(豊橋駅など)までの他の乗車券を同時購入、または提示する必要があります。

スポンサーリンク

『休日乗り放題きっぷ』の使い方

『休日乗り放題きっぷ』を、駅員に提示して改札を通過します。車内検札があれば、車掌に提示します。

自動改札機は通れません。自動改札機を通過できる『青空フリーパス』とは違うので、注意が必要です。

まとめ

『休日乗り放題きっぷ』を紹介しました。週末や年末年始に、主に静岡県を中心とするエリアを日帰り旅行するのに便利なきっぷです。

フリーエリアが結構広いので、元を取るのはそれほど難しくありません。同じJR東海が発売している姉妹きっぷ『青空フリーパス』と組み合わせると、さらに使い方のバリエーションが増えます。

『休日乗り放題きっぷ』の注意点としては、平日には利用できないという点です。また、新幹線(特急列車)には乗車できません。スピードを重視する移動なら、このきっぷではなく新幹線を普通に利用したほうがいいでしょう。

なお、もっと広いエリアを移動するなら、JR東海が2016年7月から発売している『JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ』を利用するという選択もあります。『JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ』は、別に特急料金を支払えば新幹線(特急列車)にも乗車できます。


スポンサーリンク

タグ

JR東海三島山梨御殿場愛知東海地方沼津浜松熱海甲信越地方甲府神奈川豊橋関東地方静岡

関連するコンテンツ