信州ワンデーパスは長野県北部のJRが1日乗り放題!

小海線と甲斐駒ケ岳

小海線と甲斐駒ケ岳

信州ワンデーパスは、JR東日本が発売しているフリーきっぷです。長野県北部を中心とするエリアの普通列車・快速列車が1日乗り降り自由というのが基本的な内容です。今回は、信州ワンデーパスについて紹介します。

信州ワンデーパス(JR東日本)

「信州ワンデーパス」の主な特徴

1. フリーエリア内の普通列車・快速列車が1日乗り放題

具体的には以下のJR線に乗車できます。乗車できるのはJR線のみで、私鉄や第3セクター線には乗車できません。

  • 中央本線(小淵沢〜松本)
  • 小海線(小諸〜小淵沢)
  • 篠ノ井線(長野〜松本)
  • 信越本線(長野〜黒姫)
  • 大糸線(松本〜南小谷)
  • 飯山線(豊野〜越後川口)
  • 長野新幹線(長野〜軽井沢)

フリーエリア内の主な駅を地図で示しました。

2. 特急券を購入すれば特急列車・新幹線にも乗車できる

特急券を購入すれば特急列車・新幹線にも乗車できます。乗車できる区間として、長野新幹線の長野〜軽井沢間も含みます。

「信州ワンデーパス」の発売期間・利用期間

発売期間

2014年4月1日 〜 通年

利用期間

2014年4月1日 〜 通年

「信州ワンデーパス」の価格(2014年4月1日〜)

【おとな】2,570円
【こども】1,030円

参考として、主な区間の運賃(大人・片道)を見てみます。どの程度の区間を乗車すれば元が取れるのかの参考にしてください。大人の場合は運賃が片道1,290円以内の区間を1回往復すれば元が取れます。

区間 運賃(大人)
小淵沢〜松本  1,140円
長野〜松本  1,140円
松本〜南小谷  1,320円
小諸〜小淵沢  1,490円
長野〜越後川口  1,940円

まとめ

「信州ワンデーパス」について紹介しました。長野県北部を中心とするエリアを鉄道で周遊するのに便利なきっぷです。

「信州ワンデーパス」は、新潟県や山梨県の一部もフリーエリアに入っています。フリーエリアが意外と広いので、元を取るにはそれほど難しくありません。また、特急料金を支払えば長野新幹線の長野〜軽井沢間にも乗車できるというメリットもあります。

この「信州ワンデーパス」と同じタイプのきっぷに、「信州北回廊パス」があります。「信州北回廊パス」はしなの鉄道や長野電鉄など私鉄にも乗車できるのが特徴です。


スポンサーリンク

タグ

JR東日本山梨新潟松本甲信越地方長野

関連するコンテンツ