信濃路フリーきっぷで名古屋から長野方面へ安く行く

特急ワイドビューしなの

特急ワイドビューしなの

信濃路フリーきっぷとは?

信濃路フリーきっぷは、JR東海が発売しているお得なきっぷです。信濃路フリーきっぷを端的に説明すると、名古屋周辺にお住まいのグループの方が長野・松本エリアを鉄道やバス・タクシーを利用して旅行するのに便利なきっぷです。以下では信濃路フリーきっぷの詳しい内容について紹介します。

信濃路フリーきっぷ(JR東海)

「信濃路フリーきっぷ」の主な特徴

1. 特急「ワイドビューしなの」の往復と、JRフリー区間の乗り放題がセット

「信濃路フリーきっぷ」は「往復+フリーエリア乗り放題」タイプのきっぷです。具体的には以下の内容がセットになっています。

  • 出発エリア(東海地方)〜JRフリー区間(塩尻〜長野・松本〜南小谷)の往復(ワイドビュー「しなの」の普通車指定席を利用できる)
  • JRフリー区間(塩尻〜長野・松本〜南小谷)の乗り放題

JRフリー区間では、特急列車または快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由です。

2. 長野・松本・白馬・大町エリアの指定路線バスが乗り放題の「バスフリー乗車券」付き

長野・松本・白馬・大町エリアの指定路線バス(アルピコ交通)が乗り放題の「バスフリー乗車券」が付いています。2013年度版からバスに乗車できるエリアが一部拡大されています。

3. 有効期間は3日間

有効期間は3日間です。長くとも3日以内に往復する必要があります。

4. お盆・年末年始などの繁忙期には利用できない

お盆・年末年始期間中などの繁忙期は、利用期間の対象外になっています。

信濃路フリーきっぷの発売期間・利用期間(2014年度版)

発売期間
2015年3月29日まで

利用期間
2015年3月31日まで
(ただし2014年4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~2015年1月6日は利用できません)

「信濃路フリーきっぷ」の価格(2014年4月1日〜)

出発エリア 価格
名古屋市内 13,370円
多治見エリア 12,340円
三河エリア 14,400円
岐阜エリア
四日市エリア

大人1名が名古屋駅から長野駅まで通常のきっぷ(特急「ワイドビューしなの」の普通車指定席)を使って往復すると、14,660円です。信濃路フリーきっぷ(名古屋市内出発)のほうが1,660円安くなる計算です。割引率は11.3%です。

まとめ

信濃路フリーきっぷについて紹介しました。名古屋周辺の東海地方にお住まいの方が長野県北部(長野市・松本市など)を観光するのに便利なきっぷです。

2013年版から路線バスのエリアが拡大されました。また1人用〜4人用という人数設定がなくなり、より手軽に使えるようになっています。

上で見たように単に往復するだけでも元が取れますが、単に往復するだけではもったいないです。JRや路線バスを利用して長野や松本、白馬エリアなどをじっくりと観光することが可能です。なお、お盆や年末年始などの繁忙期には使用できないので注意が必要です。

 


スポンサーリンク

タグ

JR東海名古屋塩尻東海地方松本甲信越地方長野

関連するコンテンツ