新大阪〜博多の回数券「山陽新幹線4枚きっぷ」が発売!

ひかりレールスター

ひかりレールスター

JR西日本は、2013年の春から山陽新幹線の新大阪〜博多間で3種類のきっぷを発売しています。そのうちの2枚「スーパー早特きっぷ」と「こだま早特往復きっぷ」については既に紹介しました。最後に紹介するのは、回数券タイプのきっぷ「山陽新幹線4枚きっぷ」です。

山陽新幹線4枚きっぷ(JR西日本)

「山陽新幹線4枚きっぷ」の主な特徴

1. 山陽新幹線(新大阪〜博多間)の普通車指定席に乗車できる4枚つづりの回数券

「山陽新幹線4枚きっぷ」は、4枚つづりの回数券です。区間は大阪市内・神戸市内〜北九州市内・福岡市内に設定されています。大阪方面発と福岡方面発の両方の設定があります。普通車用なので、グリーン車には乗車できません。

2. 有効期間は1ヶ月

有効期間は1ヶ月です。1ヶ月以内に回数券を使い切る必要があります。

3. 個人でもグループでも利用できる

記名式ではないので、個人でもグループでも利用できます。

「山陽新幹線4枚きっぷ」の発売期間・利用期間(2014年度)

発売期間

2014年4月1日 〜 2015年3月31日

利用期間

2014年4月1日 〜 2015年4月30日
2015年3月31日利用開始分までの発売です。

ゴールデンウィークやお盆期間中も利用できます。

「山陽新幹線4枚きっぷ」の価格

「山陽新幹線4枚きっぷ」の価格は、区間ごとに以下のようになっています。また、1枚あたりの価格を所定の運賃・料金と比較しています。大人1名が通常期に「のぞみ」号の普通車指定席に乗車する場合です。新大阪〜博多の運賃・料金には往復割引を適用しています。

区間 山陽新幹線4枚きっぷ 1枚あたりの価格 所定の運賃・料金 割引率
新大阪〜小倉 53,880円 13,470円 14,450円 6.8%
新大阪〜博多 53,880円 13,470円 15,310円 12.0%
新神戸〜小倉 53,080円 13,270円 14,120円 6.0%
新神戸〜博多 53,880円 13,470円 14,990円 10.1%

まとめ

「山陽新幹線4枚きっぷ」について紹介しました。今まで発売されていた山陽新幹線(新大阪〜博多間)の回数券は6枚づつり(有効期間は3ヶ月)のもののみだったので、4枚つづりという選択もできるようになりました。回数券のメリットは手軽に購入できるということと、グループでも利用できるということです。また、ゴールデンウィークやお盆期間中などの繁忙期にも利用できるというのももう一つのメリットです。

デメリットとしては1枚あたりの価格がそれなりに高いことです。安さを求めるなら前回紹介した「スーパー早特きっぷ」や「こだま早特往復きっぷ」のほうが適しています。また有効期間が1ヶ月なので、1ヶ月以内に使い切る予定がなければ購入するべきではありません。


スポンサーリンク

タグ

JR西日本九州兵庫北九州大阪神戸福岡

関連するコンテンツ