『青空フリーパス』で東海地方を格安移動!

快速みえ

快速みえ

『青空フリーパス』は、JR東海が発売しているフリーきっぷです。土日や年末年始に、愛知県を中心とするエリアの普通・快速列車が1日乗り降り自由になります。以下では、青空フリーパスの詳しい内容について紹介します。

青空フリーパス(JR東海)

『青空フリーパス』の主な特徴

青空フリーパス

青空フリーパス

フリーエリア内の普通・快速列車が1日乗り放題

フリーエリア内の普通・快速列車の普通車自由席が1日乗り降り自由です。フリーエリアは愛知県、岐阜県、三重県を中心とするエリアです。乗車できる具体的な区間は以下の通りです。伊勢鉄道にも乗車できます。

  • JR東海道本線(二川〜米原)美濃赤坂支線を含む
  • JR武豊線(大府〜武豊)
  • JR飯田線(豊橋〜飯田)
  • JR中央本線(名古屋〜木曽平沢)
  • JR太多線(多治見〜美濃太田)
  • JR高山本線(岐阜〜下呂)
  • JR関西本線(名古屋〜亀山)
  • JR紀勢本線(亀山〜多気)
  • JR参宮線(多気〜鳥羽)
  • JR名松線(松阪〜伊勢奥津)
  • 伊勢鉄道伊勢線(河原田〜津)

土日祝日や年末年始に利用できる

土日祝日や年末年始(12月30日〜1月3日)に利用できます。平日には利用できないので注意が必要です。

新幹線には乗車できない(特急列車は別に特急券を購入)

新幹線(東海道新幹線)には乗車できません。特急列車には、別に特急券を購入すれば乗車できます。青空フリーパスの区間内で乗車できる特急列車は、以下の通りです。

  • 特急ワイドビューひだ(名古屋〜下呂間)
  • 特急ワイドビュー伊那路(豊橋〜飯田間)
  • 特急ワイドビュー南紀(名古屋〜紀伊長島間)
  • 特急しらさぎ(名古屋〜米原間)

『青空フリーパス』の発売期間・利用期間

発売期間

通年

利用期間

土曜日、日曜日、祝日および年末年始(12月30日〜1月3日)

『青空フリーパス』の価格(2014年4月1日〜)

【大人】2,570円
【子供】1,280円

参考として、フリーエリア内の主な区間の運賃(大人・片道)を掲載します。元を取るための参考にしてください。

主な区間の運賃
区間 運賃(大人・片道)
名古屋〜豊橋 1,360円
名古屋〜伊勢市 2,000円
名古屋〜鳥羽 2,450円
名古屋〜下呂 2,270円
豊橋〜米原 2,590円
豊橋〜下呂 3,350円
名古屋〜飯田 3,670円

片道1,290円以上の区間なら、1回往復すれば元が取れます。豊橋〜下呂や名古屋〜飯田なら、片道で1回乗車するだけで元が取れます。

関連するきっぷ

以下では、青空フリーパスに関連するきっぷを紹介します。

休日乗り放題きっぷ

休日乗り放題きっぷは、JR東海が発売しているフリーきっぷです。休日乗り放題きっぷのフリーエリアは、静岡県を中心とするエリアに設定されています。

青空フリーパスの姉妹きっぷとも言えるきっぷで、価格とフリーエリアの違いを除けば青空フリーパスとほぼ同じ内容です。

まる乗り1DAYフリーきっぷ

名鉄の『まる乗り1DAYフリーきっぷ』は名鉄が発売している1日フリーきっぷです。

愛知県内を中心に移動するなら、『まる乗り1DAYフリーきっぷ』を利用するというのも選択肢の1つです。価格は3,100円と、青空フリーパスより高いです。

『青空フリーパス』の購入

『青空フリーパス』は、フリー区間内の駅のきっぷうりば、旅行会社の窓口などで購入可能です。

『休日乗り放題きっぷ』のフリーエリア内でも『青空フリーパス』を購入できるので、2つのきっぷを組み合わせて利用することも可能です。

『休日乗り放題きっぷ』のフリーエリア内で『青空フリーパス』を購入する場合、『青空フリーパス』のフリー区間入口駅(二川駅など)までの他の乗車券を同時購入、または提示する必要があります。

『青空フリーパス』の使い方

青空フリーパスは、自動改札機を通過することができます。自動改札機のない駅では、駅員に提示して改札を通過します。車内検札があれば、車掌に提示します。

まとめ

青空フリーパスについて紹介しました。土日祝日や年末年始に、東海地方周辺エリアを日帰りで移動するのに便利なきっぷです。

上で見たように単に往復するだけで元が取れる区間も多いので、元を取るのは難しくありません。伊勢神宮や下呂温泉などの日帰り旅行にも使えます。

使えるのは土日や年末年始限定という制約はありますが、青春18きっぷが使えない時期にも使えるのがメリットです。さらに上で紹介した青空フリーパスと休日乗り放題きっぷを組み合わせて使うと、さらに長距離を移動することも可能です。


スポンサーリンク

タグ

JR東海三重伊勢神宮名古屋岐阜愛知東海地方

関連するコンテンツ