N’EX往復きっぷで首都圏〜成田空港を安く往復

成田エクスプレス

成田エクスプレス

N’EX往復きっぷ』は、JR東日本が2013年3月1日から発売している割引きっぷです。

東京・横浜など首都圏各地と成田空港を結ぶ特急列車『成田エクスプレス』(N’EX)に往復で乗車できます。

この『N’EX往復きっぷ』は、これまで発売されていた『N’EXクーポン』に置き換わるきっぷです。

以下では、『N’EX往復きっぷ』の詳しい内容について紹介します。

『N’EX往復きっぷ』の主な特徴

特急『成田エクスプレス』の往復きっぷ

『N’EX往復きっぷ』は、首都圏各地と成田空港を結ぶアクセス列車『成田エクスプレス』の往復きっぷです。

『成田エクスプレス』以外の特急列車にも乗車できますが、成田空港駅を発着する特急列車は『成田エクスプレス』以外に今のところ存在しないので、実質乗車できるのは『成田エクスプレス』のみです。

普通車用とグリーン車用がある

特急『成田エクスプレス』の普通車指定席、またはグリーン車を利用できます。

駅の指定席券売機または旅行会社などで購入する

N’EX往復きっぷは、駅の指定席券売機または旅行会社などで購入します。駅の『みどりの窓口』では購入できないので注意が必要です。

旅行会社などで購入する場合は、指定の旅行商品などと同時に購入する必要があります。JR東日本のWebサイトにある記述から引用します。

指定席券売機においては発売条件はございません。ただし、びゅうプラザ、提携販売センターおよび主な旅行会社では、お客さまが成田空港発着となる旅行商品(航空券のみを含む)を同時にお求めになるか、購入済み(購入箇所や購入方法は問いません)であることが『予約確認書』や『航空券』等のご提示により確認できる場合に限り発売いたします。

利用開始日の前日までに購入が必要

N’EX往復きっぷは乗車日の1ヶ月前から前日までの発売です。利用開始日当日は購入できないので注意が必要です。

有効期間は14日間

海外旅行などに行かれる方などを考慮してか、有効期間は14日間と長めに設定されています。

『N’EX往復きっぷ』の発売期間・利用期間(2016年度)

発売期間

2017年3月31日(金)まで

利用期間

2017年5月13日(土)まで

スポンサーリンク

『N’EX往復きっぷ』の価格

『N’EX往復きっぷ』の価格(主な区間のみ)は以下のようになっています。参考として、正規の運賃・料金に対する割引率も計算しています。

大人1名が、各駅〜成田空港駅間を通常期に『成田エクスプレス』の普通車指定席またはグリーン車で往復するという条件です。

普通車用
区間 N’EX往復きっぷ 通常の運賃・料金 割引率
東京〜成田空港 4,940円 6,040円 18.2%
武蔵小杉〜成田空港 5,140円 6,720円 23.5%
大宮〜成田空港 5,140円 7,680円 33.1%
横浜〜成田空港 6,170円 8,580円 28.1%
グリーン車用
区間 N’EX往復きっぷ 通常の運賃・料金 割引率
東京〜成田空港 6,480円 9,120円 28.9%
武蔵小杉〜成田空港 6,690円 9,800円 31.7%
大宮〜成田空港 6,690円 10,760円 37.8%
横浜〜成田空港 7,710円 11,660円 33.9%

割引率はグリーン車用のほうが高いです。

まとめ

『N’EX往復きっぷ』について紹介しました。首都圏各地の駅から成田空港まで、少しでも安く往復するのに便利なきっぷです。上で見たように、割引率は2〜3割と比較的高いです。

今まで発売されていた『N’EXクーポン』と比較すると、出発地ごとに違う細かい価格設定になりました。ちなみに東京駅発の価格は『N’EXクーポン』と変わりません。

『N’EX往復きっぷ』の注意点は、駅の『みどりの窓口』では購入できないという点です。一番手っ取り早く購入できるのは駅の券売機です。

また、発売は利用開始日の前日までなので注意が必要です。利用日当日には購入できません。


スポンサーリンク

タグ

JR東日本八王子千葉埼玉大宮成田空港東京横浜神奈川関東地方

関連するコンテンツ