西武鉄道の株主優待乗車証の使い方

西武特急レッドアロー『小江戸』

西武特急レッドアロー『小江戸』

西武鉄道の持ち株会社、西武ホールディングス株主優待を発行しています。その株主優待の一つが、株主優待乗車証です。

以下では、株主優待乗車証を使う際の注意点や、入手方法について見て行きましょう。

西武鉄道の株主優待乗車証のタイプ

西武鉄道の株主優待乗車証には、以下の3つのタイプがあります。カッコ内は、必要な株数を示しています。

  • 片道きっぷ(300株以上)
  • 電車全線パス(10,000株以上)
  • 電車・バス全線パス(20,000株以上)

片道きっぷ(300株以上)

文字通り『片道きっぷ』で、片道1回乗車できるタイプの乗車券です。300株以上保有すると2枚もらえて、保有株数が増えるごとにもらえる枚数も増えていきます。

片道きっぷの区間は決まっていないので、好きな区間に乗車することができます。ですので、なるべく遠い距離を移動したほうが得になります。例えば池袋⇔西武秩父のような、比較的長距離の区間です。

参考として、西武鉄道の運賃と特急料金を以下の表に示します。

区間 運賃(大人) 特急料金
池袋⇔西武秩父 750円 620円
池袋⇔飯能 450円 410円
池袋⇔西武球場前 360円 350円
西武新宿⇔本川越 480円 410円

電車全線パス(10,000株以上)

有効期間中に、西武鉄道の電車に何回でも乗車できる乗り放題タイプの乗車券です。

電車・バス全線パス(20,000株以上)

電車全線パスと同じく、乗り放題タイプの乗車券です。西武電車だけでなく、西武バスにも乗車できます。

西武鉄道の株主優待乗車証の注意点

有効期限に注意

株主優待乗車証には、有効期限が設定されています。発行されたばかりの株主優待乗車証なら有効期限は半年間ですが、ネットオークションに出品されている株主優待乗車証には有効期限が残り少ないものがあるので、注意が必要です。

西武鉄道以外には乗車できない

当然ですが、西武鉄道以外の鉄道路線には乗車できません。

例えば東京メトロ副都心線など、西武鉄道と直通運転をしている区間があります。西武鉄道の区間を超えて乗車した区間については、運賃を別に支払う必要があります。

特急列車に乗車するには特急料金が必要

西武鉄道の特急列車『レッドアロー号』に乗車する場合、株主優待乗車証だけでは乗車できません。特急料金を別に支払う必要があります。

西武鉄道の株主優待乗車証の入手方法

西武ホールディングスの株主になる

西武ホールディングスの株式を一定数取得して、権利落ち日(3月末・9月末)まで保有すれば、株主優待が送られてきます。

西武ホールディングスの株価は、2015年12月24日の終値で2,462円です。

株主優待乗車証(片道きっぷ)を得るために最低限必要な株数が300株なので、最低投資金額として、74万円弱が必要な計算になってきます。

また電車全線パスの場合は2,462万円以上、電車・バス全線パスの場合は4,924万円以上もの大金が必要です。

最低投資金額が比較的高額で、株価の下落リスクもあるので、株式の保有は、株式投資に慣れている方以外にはあまりおすすめできません。

特に全線パスの場合は必要な株数があまりにも多いので、株主になって全線パスを得るという選択肢はあまり現実的ではありません。

株主になる以外で株主優待乗車証を得る方法として、次で紹介するネットオークション金券ショップを利用する方法があります。

ネットオークションで落札する

ヤフオク!などのネットオークションに、西武鉄道の株主優待乗車証が出品されています。

ヤフオク!で西武鉄道の株主優待乗車証を探す

金券ショップで購入する

金券ショップにも、西武鉄道の株主優待乗車証を取り扱っているお店があります。

関東地方なら、西武ホールディングスの株主優待乗車証を取り扱っている店も多くなります。

スポンサーリンク

まとめ

西武鉄道の株主優待乗車証を紹介しました。西武鉄道の株主優待乗車証には、以下の3つのタイプがあります。

  • 片道きっぷ
  • 電車全線パス
  • 電車・バス全線パス

この中で一番手軽に使えるのは『片道きっぷ』です。1枚で1乗車できるので、なるべく長距離区間(池袋〜西武秩父など)で使うほうがお得です。

そして、西武鉄道の株主優待乗車証を入手するには以下の3つの方法があります。

  • 西武ホールディングスの株主になる
  • ネットオークションで落札する
  • 金券ショップで購入する

西武ホールディングスの株主になる方法は、入手コストがあまりかかりません。ただし、株式投資未経験・初心者の方にはハードルが高いです。株式投資に慣れている方であっても、株価の下落リスクを背負うことになります。

ネットオークション金券ショップでの入手にはコストがかかりますが、入手が簡単で、手間がかからないというメリットがあります。


スポンサーリンク

タグ

埼玉川越新宿東京池袋秩父西武鉄道

関連するコンテンツ