ハウステンボスの割引チケット入手方法まとめ【2016年度版】

ハウステンボスの風車と花畑

ハウステンボスの風車と花畑

スポンサーリンク

ハウステンボスとは?

ハウステンボスは、長崎県佐世保市にあるテーマパークです。

広大な敷地にオランダの街並みを再現したというコンセプトが最大の特徴で、華やかで落ち着いた雰囲気もあり、子供だけではなく大人にも人気があります。

ハウステンボスは一時期経営難で閉鎖の危機もありましたが、近年はかつての活況をまた取り戻しつつあります。

ハウステンボスのチケットの種類

ハウステンボスのチケットを2つに大きく分けると、パスポートタイプのチケットと、入場のみタイプのチケットがあります。

パスポートタイプのチケットは、パスポート対象有料施設(アトラクションや乗り物など)にも入場できます。

雰囲気を味わうために散策するだけなら、入場のみタイプのチケットだけでも十分楽しめます。

主なチケットの価格(2017年3月1日〜9月30日)は以下のようになっています。

主なチケットの価格(2017年3月1日〜9月30日)
チケットの種類大人中人小人シニア
1DAYパスポート6,900円5,900円4,500円6,400円
2DAYパスポート12,300円10,300円8,300円11,800円
散策チケット(入場のみタイプ)4,400円3,400円2,100円4,400円

スポンサーリンク

ハウステンボスの割引チケット入手方法

以下では、ハウステンボスの割引チケットを少しでも安く入手する方法をいくつか紹介します。

ヤフオク!で入場優待券を入手する

ヤフオク!にハウステンボスの入場優待券が出品されています。

この入場優待券は旅行会社のエイチ・アイ・エスが発行している株主優待で、1枚のチケットで最大5名まで500円割引になります。

ヤフオク!でハウステンボスの入場優待券を探す

年間パスポート会員になる

年間パスポート会員になることによって、1年を通してハウステンボスへの入場することが可能になるます。

年間パスポート会員になると、アミューズメント施設も無料で利用できるなどの特典もあります。

1年間で何回ぐらいハウステンボスを訪れるか分かっていて、年会費を払っても元が取れるようであれば、年間パスポート会員になったほうがお得です。

例えば大人で年間パスポート入会1年目の場合、年間4回以上ハウステンボスを訪れれば元が取れる計算です。

年間パスポート会員の年会費(2017年4月1日〜)
大人シニア(65歳以上)ジュニア(4〜17歳以上)
新規料金22,000円20,000円16,000円
2年目更新19,000円17,000円13,000円
3年目更新18,000円16,000円12,000円
4年目以降更新18,000円16,000円12,000円

チケット込みの旅行ツアーを利用する

旅行会社が発売しているツアーには、ハウステンボスのチケットがセットになったものがあります。交通費や宿泊費など総額で計算して割安になるようであれば、ツアーを利用したほうがお得です。

ハウステンボスの旅行ツアーを主催している主な旅行会社

夕方・夜から入場できるパスポートを利用する

夕方・夜夜から入場できるパスポートは、午後4時以降に入場できるチケットです。通常のチケットより価格が割安になっています。

ハウステンボスの営業時間は、だいたい22時ぐらいまでなので、少なくとも6〜7時間は滞在できることになります。

短時間の滞在になるので、どちらかというとハウステンボスの地理がわかっているリピーターの方向けのチケットとも言えます。

主なチケットの価格(2017年3月1日〜9月30日)
チケットの種類大人中人小人シニア
光の王国アフター4パスポート5,300円4,500円3,600円4,800円
光の王国アフター5パスポート4,800円4,000円3,100円4,300円
光のナイト散策チケット4,000円3,000円2,000円3,900円

フリーゾーンを利用する(番外編)

これは番外編です。ハウステンボスには入場無料のエリアであるフリーゾーン(ハーバータウン、フォレストヴィラ)があります。

フリーゾーンはハウステンボスの一部ですが、ハウステンボスは無料で行けるエリアもあるということを知っておくとお得です。

スポンサーリンク

タグ

ハウステンボス九州佐世保長崎

関連するコンテンツ