JR九州が2019年版『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』を発売!

九州新幹線つばめ

八代海を背景に走行する九州新幹線『つばめ』

『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』は、JR九州がお正月向けに発売するきっぷです。

これまで毎年発売されていた『元日九州初旅きっぷ』に加えて、2019年からはJR九州インターネット列車予約で購入できる『元日九州初旅ネットきっぷ』も同時に発売されます。

以下では、2019年版『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』の内容をまとめました。

JR九州のプレスリリース
お正月のおでかけに便利な乗り放題きっぷを発売します!(PDF)

※同時に発売されるお正月向けきっぷ『初乗り!お年玉乗り放題きっぷ』については、以下の記事をご覧ください。

 JR九州が2019年正月向け『初乗り!お年玉乗り放題きっぷ』を発売!

『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』(2019年版)の主な特徴

JR九州全線(九州新幹線・特急列車含む)の普通車自由席が1日乗り放題

JR九州全線(九州新幹線・特急列車含む)の普通車自由席が1日乗り放題、というのが基本的な内容のきっぷです。指定席やグリーン車に乗車するには、指定料金券やグリーン料金券を別に購入する必要があります。

なお山陽新幹線の小倉〜博多間はJR西日本のエリアに含まれるため、乗車できないので注意が必要です。

1月1日のみ利用できる

きっぷの有効期間は、2019年1月1日の1日間限定です。

発売は前年の12月30日まで

発売は2018年12月30日まで(『元旦九州発売ネットきっぷ』は、12月30 日23時までに予約・決済が必要)です。1日1日当日には購入できないので注意が必要です。です。

こども用を単独で購入することは不可

こども用を単独で購入することはできません。こども用は必ずおとな用とセットで購入する必要があります。

『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』(2019年版)の発売期間・利用期間

発売期間

2018年12月1日(土) 〜 2018年12月30日(日)

利用期間

2019年1月1日(火・祝)

スポンサーリンク

『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』(2019年版)の価格

おとな用
『元日九州初旅きっぷ』13,000円
『元日九州初旅ネットきっぷ』12,000円

こども用は一律で2,000円です。

参考として、主な区間の運賃・料金(大人・片道・普通車自由席)を掲載します。どの程度乗車すれば元が取れるのかの参考にしてください。

片道6,000円以上の区間なら、『元日九州初旅ネットきっぷ』で1回往復すれば元が取れます(おとな用の場合)。九州新幹線の長距離区間(博多〜鹿児島中央など)に乗車すると元が取りやすいです。

運賃・料金(大人・片道)
区間 列車 運賃・料金
博多〜熊本 九州新幹線 4,480円
博多〜鹿児島中央 九州新幹線 9,660円
熊本〜鹿児島中央 九州新幹線 6,250円
博多〜長崎 特急かもめ 4,080円
博多〜佐世保 特急みどり 3,270円
博多〜大分 特急ソニック 4,920円
宮崎〜鹿児島中央 特急きりしま 3,620円
大分〜宮崎 特急にちりん 5,330円

まとめ

  • 『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』は、元旦(1月1日)に九州を新幹線などで周遊するのに便利なきっぷです。
  • 2019年からはインターネットで購入できる『元日九州初旅ネットきっぷ』も登場しました。購入するなら、価格が安い『元日九州初旅ネットきっぷ』のほうがおトクです。
  • 同時に発売される『初乗り!お年玉乗り放題きっぷ』は普通列車のみ乗車できますが、このきっぷは価格が高い分だけ、新幹線や特急列車にも乗車できるというのが特徴です。また、こども用が特に安いので家族での帰省などにも使えます。
  • この『元日九州初旅ネットきっぷ』『元日九州初旅きっぷ』は発売期間が12月30日までです。1月1日当日には購入できないので注意が必要です。

スポンサーリンク

タグ

JR九州九州佐世保佐賀別府北九州大分宮崎熊本福岡長崎鹿児島

関連するコンテンツ

スポンサーリンク