『大阪ぐるりんパス』で大阪をおトクに観光する

大阪海遊館

大阪海遊館

『大阪ぐるりんパス』は、JR西日本が発売しているお得なきっぷです。

大阪までの往復新幹線きっぷと、USJなど観光施設の入場券、大阪エリアの交通機関乗り降り自由がセットになっています。

以下では、『大阪ぐるりんパス』の詳しい内容について紹介します。

大阪ぐるりんパス(JR西日本)

『大阪ぐるりんパス』の主な特徴

新幹線往復+観光施設の入場券+大阪自由周遊区間乗り放題がセット

具体的に言うと、以下の内容がセットになっています。

  • 出発地〜大阪の新幹線(特急列車)普通車指定席往復
  • 観光施設の入場券
  • 周遊エリア内の指定交通機関乗り放題(Osaka Metro・京阪中之島線・JR自由周遊区間が乗り放題)

設定されている出発地は、北陸エリア山陽エリアの各駅です。北陸エリアは敦賀〜黒部宇奈月温泉間の各駅、山陽エリアは岡山〜下関間の各駅に出発地が設定されています。

観光施設の入場券は以下の内容が付いています。

  • USJ入場予約券(1デイ・スタジオ・パス)
  • 海遊館
  • 天王寺動物園
  • キャプテンライン
  • 大阪港観光船(サンタマリア)
  • 大阪水上バス(アクアライナー)
  • 大阪城天守閣
  • 空中庭園展望台
  • 大阪歴史博物館

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン入場予約券は、1デイ・スタジオ・パスや2デイ・スタジオ・パスなど、希望の券種を選択することが可能です。

2名以上での利用が必須

大阪ぐるりんパスは、2名以上が同一行程で旅行する場合にのみ利用できます。1名からでは購入できないので注意が必要です。

有効期限は3日間

有効期限は3日間です。3日以内に旅程を完了させる必要があります。

繁忙期にも利用可能

通年で利用できるので、年末年始やゴールデンウィークなどの繁忙期にも利用できます。

利用開始日当日に購入可能

きっぷの購入条件に多い、前日までの購入という条件はありません。利用開始日当日にも購入可能です。

『大阪ぐるりんパス』の発売期間・利用期間(2018年下半期)

発売期間

2018年6月1日(金) ~ 2018年12月29日(土)

利用期間

2018年7月1日(日) ~ 2018年12月31日(月)

スポンサーリンク

『大阪ぐるりんパス』の価格(2018年下半期)

以下の表に、主な出発地の価格を示しました。価格には、USJ入場予約券(1デイ・スタジオ・パス)の価格も含まれています。

大阪ぐるりんパスの価格(主な出発地)
出発地 大人 中高生 こども
岡山 19,400円 16,800円 10,500円
広島市内 24,900円 20,800円 13,500円
福井 18,900円 16,300円 10,500円
金沢 21,400円 18,300円 11,500円
富山 23,000円 19,400円 12,200円

普通にきっぷを購入する場合と比較してみましょう。広島市内発の場合で比較してみます。

大人1名が広島市内からユニバーサルシティ駅(USJの最寄駅)まで新幹線『のぞみ』の普通車指定席と普通列車で往復する場合の運賃・料金は、20,880円です。「1デイ・スタジオ・パス」の価格(2018年12月の場合は7,900円)をプラスすると、28,780円です。

大阪ぐるりんパス(大人・広島市内発)の価格が24,900なので、3,880円トクになる計算です。

まとめ

  • 『大阪ぐるりんパス』は、中国地方や北陸地方など西日本各地にお住まいの方が、大阪を観光するのに便利なきっぷです。
  • 2名以上に発売という条件がついているので、家族旅行などのグループでの旅行に適しています。
  • 『大阪ぐるりんパス』は対象となっている入場施設が多く、すべての施設は1日では廻りきれないぐらいです。
  • ある程度目的が決まっているのであれば、日帰りでも行けないことはないですが、数日程度滞在したほうが、このきっぷの効果を最大限に発揮できます。

スポンサーリンク

タグ

JR西日本USJ北九州大阪岡山広島福岡近畿地方

関連するコンテンツ

スポンサーリンク