特急ワイドビューしなの(名古屋〜松本・長野)割引&乗車ガイド【2019年度版】

※2019年10月1日からの消費税率引き上げに対応しました。運賃等は、消費税率引き上げ後のものを表示しています。
特急『しなの』と木曽駒ヶ岳

特急『ワイドビューしなの』と木曽駒ヶ岳(写真提供:フォトライブラリー)

この記事では、特急『ワイドビューしなの』(特急『しなの』)の基本データと、おトクなきっぷや割引など、乗車前に役立つ情報をまとめました。

特急「ワイドビューしなの」の基本データ

特急ワイドビューしなの路線図

特急『ワイドビューしなの』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は、主な停車駅のみ表示)

特急『ワイドビューしなの』(特急『しなの』)は、名古屋〜松本・長野を結ぶJRの特急列車です。名古屋〜長野間を、1日13往復しています。

※2016年3月26日のダイヤ改正により、大阪〜名古屋間の運転が廃止され、すべての列車が名古屋駅発着になりました。

車両編成

6両編成(自由席2両・指定席3両・グリーン車1両)

使用車両

383系電車

運転本数

下り・上り各13本

時刻・運行情報

特急『ワイドビューしなの』の発着時刻や運行情報は、JR東海、またはJR東日本の公式サイトをご覧ください。

停車駅

名古屋・金山・千種多治見・恵那・中津川・南木曽・上松・木曽福島塩尻松本・明科・聖高原・篠ノ井長野

(すべての列車が停車する駅は太字で示しています。太字でない駅には一部の列車しか停車しません。)

その他

  • 車内販売はありません。
  • 全席禁煙です。

スポンサーリンク

特急『ワイドビューしなの』の運賃・料金(主な区間)

最初に、特急『ワイドビューしなの』の運賃・料金について確認しておきます。

大人1名が通常期に乗車するという条件です。普通車指定席の場合、繁忙期はプラス200円、閑散期はマイナス200円になります。

※以下の運賃・料金は、消費税率引き上げ後(10%)の運賃・料金です。
特急「しなの」の運賃・料金(主な区間のみ・通常期)
区間 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車
名古屋〜多治見 1,440円 1,970円 2,740円
名古屋〜中津川 2,540円 3,070円 3,840円
名古屋〜木曽福島 4,170円 4,700円 6,970円
名古屋〜松本 5,610円 6,140円 8,410円
名古屋〜長野 6,930円 7,460円 11,120円

特急『ワイドビューしなの』と競合する移動手段

特急『ワイドビューしなの』と競合する移動手段は、高速バスです。具体的には以下の路線です。アルピコ交通、名鉄バスが運行しています。

高速バスと、特急『ワイドビューしなの』の所要時間と費用を表で比較してみます。比較する区間は、名古屋〜松本(高速バスは名鉄バスセンター〜松本バスターミナル間)と名古屋〜長野(高速バスは名鉄バスセンター〜長野駅)です。

名古屋〜長野
所要時間 費用
高速バス 名古屋〜松本・長野線 約4時間50〜55分 3,800〜5,100円
特急『ワイドビューしなの』 約3時間0〜10分 6,930〜11,120円
名古屋〜松本
所要時間 費用
高速バス 名古屋〜松本・長野線 約3時間30分 2,800〜4,100円
特急『ワイドビューしなの』 約2時間5〜10分 5,610〜8,410円

いずれも所要時間は特急列車のほうが短く、費用は高速バスのほうが安くなっています。

なお高速バスと特急『ワイドビューしなの』は、停車する地区が異なるので注意が必要です。例えば、高速バスは中津川、多治見、木曽福島などの地区には停車しません。

スポンサーリンク

特急『ワイドビューしなの』の割引きっぷ

特急『ワイドビューしなの』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。

  • 信濃路フリーきっぷ・木曽路フリーきっぷ
  • 青空フリーパス
  • 回数券
  • ジパング倶楽部(シニア向け)
  • 学生割引(学生向け)

それぞれの内容について、以下で紹介していきます。

信濃路フリーきっぷ・木曽路フリーきっぷ

信濃路フリーきっぷ木曽路フリーきっぷは、JR東海が販売しているフリーきっぷです。

信濃路フリーきっぷは長野・松本エリア、木曽路フリーきっぷは木曽福島エリアをそれぞれ周遊するのに使えます。

信濃路フリーきっぷと木曽路フリーきっぷの主な特徴は、以下の通りです。

  • 特急『ワイドビューしなの』の普通車指定席に往復で乗車できる
  • JRフリー区間が乗り降り自由(特急列車または快速・普通列車の普通車自由席)
  • バスフリー区間の指定されたバス路線が乗り降り自由
  • 木曽路フリーきっぷには1人用〜4人用がある
  • 有効期間は3日間
  • 4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~翌年の1月6日は利用できない
信濃路フリーきっぷと木曽路フリーきっぷの価格(名古屋市内発)
名前 価格(大人)
信濃路フリーきっぷ(名古屋市内発) 13,620円
木曽路フリーきっぷ(1人用・名古屋市内発) 9,390円
木曽路フリーきっぷ(2人用・名古屋市内発) 12,520円
木曽路フリーきっぷ(3人用・名古屋市内発) 15,650円
木曽路フリーきっぷ(4人用・名古屋市内発) 18,780円

青空フリーパス

青空フリーパスは、JR東海が販売しているフリーきっぷです。

土日祝日年末年始限定で、フリーエリア内の普通列車・快速列車が1日乗り放題になります。『ワイドビューしなの』を含めた特急列車(新幹線は除く)にも、別に特急券を購入すれば乗車できます。価格(大人)は2,620円です。

『ワイドビューしなの』の区間では、名古屋〜木曽平沢間がフリーエリアに含まれています。(JR東海の区間すべてがフリー区間に含まれているわけではありません)

名古屋〜中津川名古屋〜木曽福島などの区間は、1往復すれば元が取れます。

回数券

『ワイドビューしなの』の各区間で利用できる回数券には、以下の3種類があります。

『ワイドビューしなの』の回数券
名前 設定区間 価格(大人)
指定席特急回数券 名古屋〜木曽福島・塩尻・松本・長野 25,740〜40,200円
自由席特急回数券 名古屋〜松本・長野 30,900〜38,280円
しなの特急回数券 名古屋〜中津川 7,440円

指定席特急回数券と自由席特急回数券は6枚つづりしなの特急回数券は4枚つづりです。2人以上のグループで同時に利用することも可能です。なお4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~翌年の1月6日は利用できません。

ジパング倶楽部(シニア向け)

ジパング倶楽部はJRが運営しているシニア向けの会員制サービスです。入会資格は男性65歳以上、女性60歳以上です。

JR線を営業キロで片道・往復・連続201キロ以上利用するという条件で、運賃・料金が2〜3割引になります。

学生割引(学生向け)

学生割引は、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の生徒が利用できる割引です。営業キロ(片道)が101キロ以上の場合、運賃が20%割引になります。

価格を比較

上で挙げた割引きっぷの価格と、通常の運賃・料金を比較してみます。大人1名が通常期に特急『ワイドビューしなの』で名古屋駅〜長野駅を往復するという条件での比較です。回数券の場合は、1枚あたりの価格です。

名古屋⇔長野を往復する場合の運賃・料金(通常期)
きっぷの種類 運賃・料金
自由席特急回数券(1枚あたり) 12,760円
指定席特急回数券(1枚あたり) 13,400円
信濃路フリーきっぷ 13,620円
通常の運賃・料金(普通車指定席) 14,920円

特急『ワイドビューしなの』の予約

特急『ワイドビューしなの』の指定席券は、全国のJRの主な駅にある『みどりの窓口』、旅行会社の窓口、JR東海の主な駅にある指定席券売機などで予約・購入できます。

インターネット予約については、お住まいのエリアによって利用できる場合と利用できない場合があります。

JR東海は、在来線特急向けのインターネット予約サービスを提供していません。

そのため、JR東海エリアにお住まいの方は、基本的にインターネット予約以外の方法できっぷを予約・購入する必要があります。

特急『ワイドビューしなの』の区間で言うと、名古屋〜塩尻間がJR東海のエリアになります。

JR北海道、JR東日本エリアにお住まいの方は『えきねっと』、JR西日本・JR四国・JR九州にお住まいの方は『e5489』できっぷを予約・購入できます。それぞれきっぷの受取場所が決まっているので、注意が必要です。特急『ワイドビューしなの』の区間では、塩尻〜長野間がJR東日本のエリアです。

※2019年4月1日から、JR西日本のインターネット予約サイト『e5489』で予約・購入したきっぷを、JR東海エリア内の主要駅で受け取ることが可能になりました。

きっぷの買い方全般については、以下の記事をご覧ください。

 新幹線(特急列車)きっぷの買い方ガイド

特急『ワイドビューしなの』の空席状況

特急『ワイドビューしなの』の空席状況は、JRサイバーステーション(6時30分〜22時30分まで)で確認できます。座席単位の細かい空席状況まではわからないですが、列車単位の大まかな空席状況を見ることができます。

スポンサーリンク

タグ

JR東日本JR東海名古屋東海地方松本甲信越地方長野

関連するコンテンツ