特急『さざなみ』『新宿さざなみ』割引&乗車ガイド【2020年度版】

特急さざなみ

特急『さざなみ』255系(写真:PIXTA)

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の運賃・料金やおトクなきっぷなど、乗車前に役立つ情報をまとめました。

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の基本データ

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』路線図

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は、主な停車駅のみ表示)

特急『さざなみ』特急『新宿さざなみ』は、東京と千葉県の内房エリアを結ぶJR東日本の特急列車です。

『さざなみ』と『新宿さざなみ』はJR内房線を走るという点で同じですが、その役割が異なっています。それぞれの列車の特徴は、以下の通りです。

特急『さざなみ』の特徴

  • 東京〜君津間で運転
  • 平日の朝・夕方の時間帯に運転される通勤・通学向けの列車(土休日の運転なし)
  • 全車自由席(さざなみ4号を除く)

特急『新宿さざなみ』の特徴

  • 新宿〜館山間で運転
  • 土休日に運転(平日の運転なし)
  • 臨時列車という扱いだが、近年は土休日の運転が継続中

※特急『さざなみ』は従来、東京〜館山間で毎日運転されていたのですが、2015年3月14日のダイヤ改正以降は平日のみの運転、そして全列車が東京〜君津間の運転になりました。

車両編成

さざなみ1〜3号、5〜9号:5両編成(指定席車1両・自由席車4両)

さざなみ4号:9両編成(指定席車1両・自由席車7両・グリーン車1両)
※2018年3月17日のダイヤ改正により、全列車に指定席が連結されるようになりました。

時刻・運行情報

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の最新の時刻や運行情報は、JR東日本の公式サイトをご覧ください。

停車駅

さざなみ:東京・蘇我・五井・姉ケ崎(一部列車のみ)・木更津・君津

新宿さざなみ:新宿・秋葉原・錦糸町・船橋・津田沼・千葉・蘇我・五井・木更津・君津・浜金谷・保田・岩井・富浦・館山

競合する移動手段

高速バス

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』と競合する移動手段には、まず高速バスがあります。

高速バスの路線には、日東交通京成バスが運行する君津~東京線、木更津〜東京線、君津〜新宿線(新宿君津号)、館山〜新宿線(新宿なのはな号)などがあります。

これらの高速バスの運賃は、総じて特急『さざなみ』『新宿さざなみ』より安いです。例えば東京駅八重洲口前〜君津駅南口間の運賃(大人・片道)は1,500円、バスタ新宿〜館山駅前間の運賃(大人・片道)は2,550円です。

高速バスのスピード(所要時間)に関しては、特急列車とほぼ同じぐらいですが、特急『新宿さざなみ』より速い路線(新宿はのはな号)もあります。

なお高速バスの場合、渋滞が発生すれば到着予定時刻に間に合わないこともある、という点は可能性として頭に入れておく必要があります。時間通りに運行してくれる「定時性」を重視するなら、特急列車のほうに分があります。

マイカー

そして、特急『さざなみ』『新宿さざなみ』と競合するもう一つの移動手段がマイカー(自動車・二輪車)です。東京湾アクアラインによって東京方面〜千葉県の内房方面のアクセスが向上したため、マイカーでこの区間を移動する方も多いです。なお東京湾アクアラインは有料道路なので、通行するには料金がかかります。

2015年に特急『さざなみ」の運転区間が東京〜君津間に短縮になったり、平日のみの運転になったりしたのは、こういった交通事情の変化が背景にあります。

スポンサーリンク

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の運賃・料金(主な区間)

特急『さざなみ』と『新宿さざなみ』の運賃・料金(主な区間のみ)について確認します。大人1名が通常期に乗車するという条件です。

普通車指定席の場合、繁忙期は通常期に200円プラス、閑散期は通常期から200円マイナスです。繁忙期・通常期・繁忙期のカレンダーはこちら

※以下の運賃・料金は、消費税率引き上げ後(10%)の運賃・料金です。
特急『さざなみ』の運賃・料金(大人・通常期)
区間普通車自由席普通車指定席
東京〜蘇我1,290円1,820円
東京〜五井1,940円2,470円
東京〜木更津2,290円2,820円
東京〜君津2,470円3,000円

※グリーン車連結は『さざなみ4号』のみなので、グリーン車の運賃・料金は省略しています。

特急『新宿さざなみ』の運賃・料金(大人・通常期)
区間普通車自由席普通車指定席
新宿〜千葉1,340円1,870円
新宿〜五井1,940円2,470円
新宿〜木更津2,470円3,000円
新宿〜君津2,470円3,000円
新宿〜館山3,670円4,200円

スポンサーリンク

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の割引きっぷ

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。

  • えきねっとトクだ値
  • 房総料金回数券(指定席用・自由席用)
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの内容について、以下で見ていきましょう。

えきねっとトクだ値

えきねっとトクだ値は、JR東日本のインターネット予約サイト『えきねっと』の会員向けに設定されている特急列車の割引きっぷです。乗車券と指定席特急券がセットになっているのが特徴です。

以下の表は、特急『さざなみ』『新宿さざなみ』のえきねっとトクだ値の価格です。通常期・繁忙期・閑散期で、若干ですが価格が違います。通常期・繁忙期・閑散期のカレンダーはこちらで確認できます。

えきねっとトクだ値の価格
区間価格
東京・新宿〜五井・姉ヶ崎1,470〜1,730円
東京・新宿〜木更津1,700〜2,070円
東京・新宿〜君津1,810〜2,070円
東京・新宿〜館山2,390〜2,630円

房総料金回数券(指定席用・自由席用)

房総料金回数券(指定席用自由席用)は、JR東日本が発売している4枚つづりの回数券です。千葉エリアを走る特急列車の特急券が4枚セットになっています。特急券だけなので、乗車券は別に購入する必要があります。

房総料金回数券には、指定席用自由席用があります。有効期間は1ヶ月です。以下は主な区間の価格です。

房総料金回数券(指定席用)の価格
区間(列車)価格1枚あたりの価格1枚あたりの割引額
新宿〜館山(新宿さざなみ)4,600円1,150円740円

※特急『さざなみ』は全車自由席なので、指定席用の設定はありません。

房総料金回数券(自由席用)の価格
区間(列車)価格1枚あたりの価格1枚あたりの割引額
東京〜君津(さざなみ)2,920円730円220円
新宿〜館山(新宿さざなみ)3,800円950円410円

学生割引(学生限定)

学生割引は中学・高校・大学・専門学校などの学生向けの割引です。片道の営業キロが101キロ以上を超えているという条件で、運賃が20%割引になります。

特急『さざなみ』の場合、東京駅〜君津駅間の営業キロが101キロ未満なので学生割引の対象にはなりません。学生割引には新宿駅〜館山駅(新宿さざなみ)など、営業キロが101kmを超えている区間が対象になります。

営業キロは、えきねっとの『乗換・運賃案内』で確認できます。

価格を比較

上で紹介した割引きっぷの価格と、所定の運賃・料金を比較してみます。大人1名が通常期に、特急『新宿さざなみ』の普通車指定席で新宿駅〜館山駅間を往復するという条件です。

新宿〜館山(大人・往復・通常期)
きっぷの種類運賃・料金(価格)割引率
えきねっとトクだ値(通常期)5,020円40.2%
房総料金回数券(指定席用)6,920円17.6%
所定の運賃・料金(普通車指定席)8,400円

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の予約

特急『さざなみ』『新宿さざなみ』の指定席券は、JRの主な駅にある『みどりの窓口』、旅行会社の窓口、またはインターネット予約サイトで予約・購入できます。自由席の場合、予約は必要ありません。

インターネット予約については、JR東日本のインターネット予約サイト『えきねっと』で予約・購入できます。『えきねっと』では、シートマップ(座席表)で空席状況を確認しながら、希望の座席を選択することができます。

『えきねっと』で予約・購入するの注意点は、JR東日本の駅で紙のきっぷを受け取る必要があるということです。また、きっぷ購入時の決済にクレジットカードが必要です。

スポンサーリンク

タグ

JR東日本千葉君津新宿木更津東京関東地方館山

関連するコンテンツ