特急しらさぎ(名古屋・米原〜金沢)割引&乗車ガイド【2020年度版】

特急しらさぎと伊吹山

特急『しらさぎ』と伊吹山(写真:PIXTA)

この記事では、特急『しらさぎ』の基本データと、おトクなきっぷや割引など、乗車前に役立つ情報をまとめました。

特急『しらさぎ』の基本データ

特急『しらさぎ』路線図

特急『しらさぎ』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は、主な停車駅のみ表示)

特急『しらさぎ』は、名古屋・米原〜金沢を結ぶJR東海・JR西日本の特急列車です。東海地方・北陸地方の各主要都市(岐阜・敦賀・福井など)に停車します。敦賀〜金沢間は、特急『サンダーバード」が並行して走っている区間でもあります。

以前は金沢〜富山間、金沢〜和倉温泉間でも運転されていたのですが、2015年3月14日の北陸新幹線開業により、特急『しらさぎ』の運転区間は名古屋・米原〜金沢となり、金沢〜富山間と金沢〜和倉温泉間の運転は終了しました。

『しらさぎ』の列車は、名古屋〜金沢間をフルで走る列車(1号〜16号)と、米原〜金沢間を走る列車(51号〜66号)の2系統に分かれており、両者の割合はだいたい半々です。

運行線区

東海道本線・北陸本線

使用車両

681系・683系電車

運転本数

下り・上り各16本(名古屋〜金沢間各8本・米原〜金沢間各8本)

時刻・運行情報

特急『しらさぎ』の発着時刻や運行情報は、JR東海の公式サイトをご覧ください。

停車駅

名古屋駅尾張一宮駅岐阜駅大垣駅米原駅・長浜駅・敦賀駅武生駅鯖江駅福井駅芦原温泉駅・大聖寺駅・加賀温泉駅小松駅・松任駅・金沢駅
(全列車が停車する駅を太字で示しました。太字でない駅には一部の列車しか停車しません。)

スポンサーリンク

特急『しらさぎ』の運賃・料金(主な区間)

特急『しらさぎ』の運賃・料金(主な区間のみ)について、確認しておきましょう。大人1名が、通常期に乗車するという条件です。

繁忙期は通常期に200円プラス閑散期は通常期から200円マイナスです。

※以下の運賃・料金は、消費税率引き上げ後(10%)の運賃・料金です。
特急『しらさぎ』の運賃・料金(主な区間のみ)
区間普通車自由席普通車指定席グリーン車
名古屋〜米原2,540円3,070円3,840円
名古屋〜福井5,280円5,810円8,080円
名古屋〜小松6,490円7,020円10,680円
名古屋〜金沢6,930円7,460円11,120円
小松〜金沢1,270円1,800円2,570円
福井〜金沢2,540円3,070円3,840円
米原〜金沢5,280円5,810円8,080円

特急『しらさぎ』と競合する移動手段

特急『しらさぎ』と競合する移動手段は、高速バスです。具体的には以下の路線です。

高速バスと、特急『しらさぎ』の所要時間と費用を比較してみます。比較する区間は、名古屋〜福井(高速バスは名鉄バスセンター〜福井駅東口)と、名古屋〜金沢(高速バスは名鉄バスセンター〜金沢駅東口間)です。

名古屋〜福井
所要時間費用
高速バス 名古屋〜福井線約2時間50分3,300円
特急『しらさぎ』約2時間10分5,280〜8,080円
名古屋〜金沢
所要時間費用
高速バス 名古屋〜金沢線約4時間5分4,500円
特急『しらさぎ』約3時間6,930〜11,120円

スポンサーリンク

特急『しらさぎ』の割引きっぷ

特急『しらさぎ』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。

  • 名古屋往復割引きっぷ(JR西日本)
  • 名古屋指定席特急回数券(JR西日本)
  • 北陸往復割引きっぷ(JR東海)
  • 北陸指定席特急回数券(JR東海)
  • 北陸観光フリーきっぷ(JR東海)
  • ジパング倶楽部(シニア向け)
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの内容について、以下で簡単に紹介します。

名古屋往復割引きっぷ(JR西日本)

名古屋往復割引きっぷ』は、JR西日本が販売する往復きっぷです。

『名古屋往復割引きっぷ』の内容をまとめました。

  • 北陸エリア〜名古屋市内の往復きっぷ
  • 出発駅の設定は敦賀・武生・鯖江・福井・芦原温泉・加賀温泉・小松・金沢・高岡・富山・黒部宇奈月温泉・和倉温泉
  • 特急列車の普通車指定席に乗車可
  • 米原~名古屋間黒部宇奈月温泉〜金沢間新幹線の普通車自由席にも乗車可
  • 有効期間は4〜6日間
  • 発売期間・利用期間は通年(繁忙期を除く)
  • 出発駅周辺の『みどりの窓口』等で販売

以下の表は、名古屋往復割引きっぷの価格(主な区間のみ)です。

『名古屋往復割引きっぷ』の価格
区間価格(大人)
敦賀〜名古屋8,070円
福井〜名古屋10,050円
金沢〜名古屋13,200円
富山〜名古屋15,600円

名古屋指定席特急回数券(JR西日本)

名古屋指定席特急回数券』は、JR西日本が販売する6枚つづりの回数券です。

『名古屋指定席特急回数券』の内容をまとめました。

  • 北陸エリア~名古屋市内の回数券(6枚つづり)
  • グループでも利用可
  • 出発駅の設定は敦賀・武生・鯖江・福井・芦原温泉・加賀温泉・小松・金沢・高岡・富山・黒部宇奈月温泉
  • 特急列車の普通車指定席に乗車可
  • 米原~名古屋間黒部宇奈月温泉〜金沢間新幹線普通車自由席にも乗車可
  • 有効期間は3ヶ月間
  • 北陸エリアの『みどりの窓口』等で販売

以下の表は、『名古屋指定席特急回数券』の価格(主な区間のみ)です。

『名古屋指定席特急回数券』の価格
区間価格(大人)1枚あたりの価格(参考)
敦賀〜名古屋23,280円3,880円
福井〜名古屋28,920円4,820円
金沢〜名古屋37,680円6,280円
富山〜名古屋44,280円7,380円

北陸往復割引きっぷ(JR東海)

北陸往復割引きっぷ』は、JR東海が販売する往復きっぷです。

『北陸往復割引きっぷ』の内容をまとめました。

  • 名古屋市内〜北陸エリアの往復きっぷ
  • 到着駅の設定は敦賀・武生・鯖江・福井・芦原温泉・加賀温泉・小松・金沢・高岡・富山・黒部宇奈月温泉・七尾・和倉温泉
  • 特急列車の普通車指定席に乗車可
  • 名古屋〜米原間金沢〜黒部宇奈月温泉間は、新幹線の普通車自由席にも乗車可(のぞみは乗車不可)
  • 有効期間は4〜6日間
  • 発売期間・利用期間は通年(繁忙期を除く)
  • 出発駅の『みどりの窓口』などで販売

以下の表は、『北陸往復割引きっぷ』の価格(主な区間のみ)です。

『北陸往復割引きっぷ』の価格
区間価格(大人)
名古屋〜敦賀8,070円
名古屋〜福井10,050円
名古屋〜金沢13,200円
名古屋〜富山15,600円

北陸指定席特急回数券(JR東海)

北陸指定席特急回数券』は、JR東海が販売する6枚つづりの回数券です。

『北陸指定席特急回数券』の内容をまとめました。

  • 名古屋・岐阜〜北陸エリアの回数券(6枚つづり)
  • 到着駅の設定は敦賀・武生・鯖江・福井・芦原温泉・加賀温泉・小松・金沢・高岡・富山・黒部宇奈月温泉
  • 特急列車の普通車指定席に乗車可
  • 名古屋〜米原間金沢〜黒部宇奈月温泉間は、新幹線の普通車自由席にも乗車可(のぞみは乗車不可)
  • 有効期間は3ヶ月間
  • 出発駅の『みどりの窓口』などで販売

以下の表は、『北陸指定席特急回数券』の価格(主な区間のみ)です。

『北陸指定席特急回数券』の価格
区間価格(大人)1枚あたりの価格(参考)
名古屋〜敦賀23,280円3,880円
名古屋〜福井28,920円4,820円
名古屋〜金沢37,680円6,280円
名古屋〜富山44,280円7,380円

北陸観光フリーきっぷ(JR東海)

北陸観光フリーきっぷ』は、JR東海が販売する往復付きフリーきっぷです。

『北陸観光フリーきっぷ』の内容をまとめました。

  • フリー区間(北陸エリア)までの往復と、フリー区間乗り放題がセットになったフリーきっぷ
  • 出発駅の設定は名古屋市内・浜松・静岡
  • 出発地〜フリー区間の往復には、特急「ワイドビューひだ」または特急「しらさぎ」号の普通車指定席に乗車可
  • フリー区間では、北陸新幹線・特急列車・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由
  • 有効期間は4日間

以下の表は、『北陸指定席特急回数券』の価格(主な区間のみ)です。

『北陸観光フリーきっぷ』の価格
区間価格(大人)
名古屋市内〜フリー区間16,230円
浜松〜フリー区間18,330円
静岡〜フリー区間19,360円

北陸観光フリーきっぷの価格は、単に往復するだけだと通常のきっぷより高いです。フリー区間乗り放題付きなので、その分で元を取るという感じです。

ジパング倶楽部(シニア向け)

ジパング倶楽部は、JRが運営するシニア向けの会員制サービスです。

ジパング倶楽部の入会資格は、女性が60歳以上、男性が満65歳以上です。夫婦会員の場合は、夫婦どちらかが65歳以上なら入会できます。

JR線を片道・往復・連続で201キロ以上を旅行する場合に、運賃・料金が20〜30%程度割引になります。年会費は個人会員が3,840円、夫婦会員が6,410円です。

学生割引(学生割引)

学生割引は、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の生徒が利用できる学生限定の割引です。営業キロ(片道)が101キロ以上の場合、運賃が20%割引になります。

営業キロ(参考)
区間営業キロ(片道)
名古屋〜福井179.8km
名古屋〜小松228.1km
名古屋〜金沢256.5km

価格を比較

最後に、上で紹介した割引きっぷの価格と、通常の運賃・料金を比較してみます(ジパング倶楽部と学生割引は除く)。

大人1名が通常期に特急『しらさぎ』の普通車指定席で往復するという条件です。回数券は2枚あたりの運賃・料金です。

まず、名古屋〜金沢の比較です。

名古屋〜金沢(往復)
きっぷの種類運賃・料金
名古屋指定席特急回数券(2枚分)12,560円
北陸指定席特急回数券(2枚分)12,560円
名古屋往復割引きっぷ13,200円
北陸往復割引きっぷ13,200円
所定の運賃・料金14,920円
北陸観光フリーきっぷ16,230円

次に名古屋〜福井の比較です。

名古屋〜福井(往復)
きっぷの種類運賃・料金
名古屋指定席特急回数券(2枚分)9,640円
北陸指定席特急回数券(2枚分)9,640円
名古屋往復割引きっぷ10,050円
北陸往復割引きっぷ10,050円
所定の運賃・料金11,620円
北陸観光フリーきっぷ16,230円

特急『しらさぎ』の予約

特急『しらさぎ』の指定席券は、主に以下の方法で予約・購入できます。

  • JRの駅にある『みどりの窓口』
  • 主要旅行会社の窓口
  • 指定席券売機(JR西日本の場合はみどりの券売機

インターネット予約については、JR西日本が運営する『e5489』や、JR東日本が運営する『えきねっと』で予約・購入が可能です。

e5489では、シートマップ(座席表)で希望の座席を選択することができます。

※シートマップが利用できるのは、乗車区間がJR西日本エリアの区間(米原〜金沢)である場合に限ります。

インターネット予約サイトを利用する場合、注意するべきなのはきっぷの受取場所です。e5489で予約したきっぷはJR西日本、JR四国、JR九州の駅、えきねっとで予約したきっぷはJR東日本とJR北海道の駅で、それぞれ受け取りが可能です。

JR東海エリア内にお住まいの方は、JR東海の駅でインターネット予約サイトで予約したきっぷを受け取ることはできません。JR東海エリア内にお住まいの方は、基本的にインターネット予約以外の方法を利用する必要があります。

※2019年4月1日から、『e5489』で購入した特急『しらさぎ』のきっぷを、JR東海エリア内の主要駅で受け取ることが可能になりました。

特急『しらさぎ』の空席状況は、JRサイバーステーション(6時30分〜22時30分まで)でも確認できます。

スポンサーリンク

タグ

JR東海JR西日本北陸地方名古屋敦賀東海地方滋賀福井米原金沢

関連するコンテンツ