『新幹線よかよかきっぷ』で博多〜小倉を3150円で往復!

小倉駅 新幹線口

小倉駅 新幹線口

『新幹線よかよかきっぷ』は、JR西日本が発売している新幹線の往復きっぷです。博多〜小倉・新下関・厚狭の新幹線きっぷが、行きと帰りの2枚セットになっています。

以下では『新幹線よかよかきっぷ』の詳しい内容について紹介します。

スポンサーリンク

『新幹線よかよかきっぷ』の主な特徴

博多〜小倉・新下関・厚狭間の新幹線往復きっぷ

『新幹線よかよかきっぷ』は博多〜小倉・新下関・厚狭間の新幹線往復きっぷです。

博多〜小倉・新下関・厚狭間の新幹線きっぷが、『ゆき』と『かえり』の2枚セットになっています。

博多〜小倉間は博多発と小倉発の両方の設定がありますが、新下関・厚狭〜博多間に関しては、新下関発と厚狭発の設定のみで、博多発の設定はありません。

新幹線の普通車自由席(『のぞみ』『みずほ』を含む)に乗車可能です。

土日祝日やゴールデンウィーク、年末年始に利用できる

土日祝日、ゴールデンウィークや年末年始の期間中に使えます。平日(月曜日〜金曜日)には利用できません。

日帰り限定で利用可

『新幹線よかよかきっぷ』の有効期間は1日間です。日帰り限定で利用できます。

『新幹線よかよかきっぷ』の発売期間・利用期間(2020年度版)

発売期間

〜 2021年3月28日(日)

利用期間

〜 2021年3月28日(日)の土日祝日

ゴールデンウィーク(2020年4月29日~5月10日)、年末年始(2020年12月30日〜2021年1月3日)は、毎日利用可能です。

『新幹線よかよかきっぷ』の発売場所についてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

『新幹線よかよかきっぷ』の価格

※以下の価格・運賃等は、2019年10月1日の消費税率引き上げ後のものです。
『新幹線よかよかきっぷ』の価格
出発駅 おとな こども
博多発 3,150円 1,570円
小倉発 3,150円 1,570円
新下関発 5,090円 2,540円
厚狭発 7,840円 3,920円

普通に新幹線のきっぷを購入する場合、正規の運賃・料金(往復・普通車自由席)が4,320円なので、『新幹線よかよかきっぷ』を使うと1,170円安くなる計算(博多・小倉発の場合)です。割引率は27.1%です。

次に、『新幹線よかよかきっぷ』と博多〜小倉(北九州)間の他の移動手段を比較してみます。以下の表は、大人1名が福岡〜北九州(博多〜小倉)を日帰りで往復する場合の比較です。

博多〜小倉(北九州)間の移動手段
きっぷ(移動手段) 運賃・料金(往復) 所要時間(片道)
西鉄高速バス(往復乗車券) 2,200円 約1時間20分
JR在来線(鹿児島本線快速) 2,620円 約1時間10分
新幹線よかよかきっぷ 3,150円 約17分(のぞみ号利用)
特急『ソニック』普通車自由席 3,660円 約42分
新幹線『のぞみ』普通車自由席 4,320円 約17分

まとめ

JR西日本の『新幹線よかよかきっぷ』を紹介しました。

土日祝日やゴールデンウィーク、年末年始に、新幹線で博多〜小倉・新下関・厚狭間を『安く速く』日帰り往復するのに便利なきっぷです。

2015年度までは博多〜小倉間のみの設定しかありませんでしたが、2016年からは新下関駅発の設定が新たに追加されました。

このきっぷのメリットは、乗車日当日に購入可能で使いたいときに使えるという手軽さと、価格の安さです。

上の表で見たように、コストだけを比較するなら、JRの在来線や高速バスで移動するほうが安くなります。しかしスピードを重視するなら、やはり新幹線が便利です。

『新幹線よかよかきっぷ』の注意点は、日帰り以外には使えないという点です。また、平日には利用できないので注意が必要です。

スポンサーリンク

タグ

JR西日本九州北九州福岡

関連するコンテンツ