東京⇔仙台の移動手段まとめ【2016年度版】

仙台駅

仙台駅

東京⇔仙台(宮城県仙台市)の移動手段(交通手段)についてまとめました。

まず、東京〜仙台の距離を確認しておきましょう。直線距離は約304km、JRの営業キロは351.8kmです。いずれも東京駅〜仙台駅の距離で計算しました。

さて、東京と仙台を結ぶ主な移動手段には、主に以下のようなものがあります。

  • 高速バス
  • JR在来線
  • 東北新幹線
  • 飛行機

それぞれの移動手段について、以下で詳しく見ていきましょう。

高速バス

【費用】1,840〜16,900円
【所要時間】約5〜6時間

高速バスは、東京⇔仙台の移動手段の中で最もリーズナブルな移動手段です。

運行会社や座席の種類によって運賃に幅があり、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などは運賃が高くなる傾向があります。3列シートは4列シートより少し運賃が高いですが、座席スペースがゆったりしています。

以下は東京〜仙台間の主な高速バス一覧です。運賃は2016年5月調査時点での運賃です。東京ディズニーリゾートに停車する高速バスには、Dマークをつけました。

東京〜仙台間の主な高速バス(2016年5月調査時点)
高速バス名(運行会社) 運賃(大人・片道) 時間帯 座席
仙台・新宿号(JRバス東北) 3,000〜5,500円 3・4列
仙台・東京号(JRバス東北) 3,000〜5,500円 昼・夜 3・4列
ドリーム政宗号(JRバス東北) 3,300〜6,500円 3列
ドリーム横浜・仙台号(JRバス東北) 3,300〜6,500円 3列
ドリームササニシキ号(JRバス東北) 4,800~6,500円 3列
広瀬ライナー(宮城交通) 3,800〜7,900円 昼・夜 3列
ニュースター号(東北急行バス) 3,000〜5,000円 昼・夜 3・4列
ホリデースター号(東北急行バス) 3,200〜5,000円 3列
スイート号(東北急行バス) 4,500〜6,000円 3列
ウィラーエクスプレスD 1,900〜16,900円 昼・夜 3・4列
キラキラ号 2,100円〜 昼・夜 4列
さくら高速バス 1,840円〜 昼・夜 3・4列
JAMJAMライナーD 2,000円〜 昼・夜 3・4列
オリオンバスD 2,000円〜 4列
サンシャインエクスプレスD 2,300円〜 3・4列
ミルキーウェイエクスプレス 1,900円〜 4列

JR在来線

JR東北本線の電車

JR東北本線の黒磯行き電車

【片道費用】5,940円(東京駅〜仙台駅の大人片道運賃)
【所要時間】約7〜8時間

JR在来線の列車(普通列車・快速列車)を利用して移動する方法です。つまり、新幹線には乗車しません。

在来線での移動は、特急料金がかからないので割安ですが、時間がかかります。乗り継ぎがスムーズにいくと仮定すると、だいたい7〜8時間は見積もっておく必要があるでしょう。乗り継ぎのルートや時刻を調べるには、ジョルダンの青春18きっぷ検索が便利です。

フリーきっぷを活用する

時期によっては、JRが発売しているフリーきっぷを活用することで、1日あたり数千円と格安で移動することも可能です。以下は、東京⇔仙台間で利用できる在来線向けフリーきっぷの一覧です。

青春18きっぷと北海道&東日本パスは、期間限定の発売です。週末パスと三連休東日本・函館パスは、土日祝日の移動に便利です。

東京⇔仙台間で利用できるフリーきっぷ
きっぷの種類 価格 発売期間 有効期間
青春18きっぷ 11,850円 春・夏・冬 1日間
北海道&東日本パス 10,290円 春・夏・冬 7日間
週末パス 8,730円 通年 2日間
三連休東日本・函館パス 13,390円 通年 3日間

JR東日本の株主優待割引券

少し裏技的な方法ですが、JR東日本の株主優待割引券を利用するという方法もあります。きっぷの購入時に株主優待割引券を提示すると、所定の運賃が2割引になります。

東京⇔仙台の場合は、運賃が4,750円になります。ただし、株主優待割引券を入手するためのコストも考慮に入れる必要があるので注意が必要です。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

 JR東日本の株主優待割引券で新幹線に安く乗る

東北新幹線

東北新幹線はやぶさ

東北新幹線『はやぶさ』

【片道費用】6,940〜19,930円
【所要時間】約1時間40分〜

東北新幹線を利用して、東京〜仙台間を移動する方法です。東京〜仙台間の移動手段の中では、最もポピュラーな移動手段です。

東北新幹線は、東京⇔仙台間を最短1時間40分前後で結びます。東北新幹線の列車には『はやぶさ』『はやて』『やまびこ』の3種類があり、最速で停車駅の少ない『はやぶさ』の料金は、『はやて』『やまびこ』より少し高くなっています。

通常のきっぷを購入するのが一番普通の方法ですが、以下に挙げるような割引きっぷを購入して、ある程度は費用を節約することも可能です。

以下は、普通車指定席のきっぷ一覧です。

東京⇔仙台の新幹線きっぷ(普通車指定席)
きっぷの種類 価格 備考
お先にトクだ値 6,940〜7,750円 えきねっと限定
13日前までに要購入
スーパーモバトク 8,960円 モバイルSuica会員向け
えきねっとトクだ値 9,400〜10,120円 えきねっと限定
当日1時40分までに要購入
モバトク 9,970円 モバイルSuica会員向け
新幹線回数券 10,130円 1枚あたりの価格
6枚つづりで60,780円
通常のきっぷ(はやて・やまびこ) 10,890円
通常のきっぷ(はやぶさ) 11,200円

以下はグリーン車向けのきっぷ一覧です。

東京⇔仙台の新幹線きっぷ(グリーン車)
きっぷの種類 価格 備考
お先にトクだ値 9,140〜9,850円 えきねっと限定
13日前までに要購入
スーパーモバトク 11,950円 モバイルSuica会員限定
えきねっとトクだ値 12,290〜13,010円 えきねっと限定
当日1時40分までに要購入
新幹線回数券 13,530円 1枚あたりの価格
6枚つづりで81,180円
モバトク 14,080円 モバイルSuica会員限定
通常のきっぷ(はやて・やまびこ) 14,480円
通常のきっぷ(はやぶさ) 14,790円

以下はグランクラス向けのきっぷです。グランクラスはグリーン車よりさらにグレードの高い座席で、E5系車両に設置されています。

東京⇔仙台の新幹線きっぷ(グランクラス)
きっぷの種類 価格 備考
モバトク 17,170〜19,220円 モバイルSuica会員限定
通常のきっぷ 17,570〜19,930円

お先にトクだ値』『えきねっとトクだ値』は、JR東日本のポータルサイト「えきねっと」(会員登録無料)の会員向けの割引きっぷです。『えきねっと』でのきっぷ購入にはクレジットカードが必要です。なお『お先にトクだ値』は乗車日13日前までの予約・購入が必要です。

えきねっとはこちらです
JR東日本「えきねっと」

週末に東京⇔仙台を往復する場合は、上の在来線の項目で紹介した「週末パス」を利用することが可能です。特急券を別に購入すれば、週末パスで新幹線にも乗車可能です。

また、JR東日本の株主優待割引券を利用することも可能です。株主優待割引券を利用する場合は、運賃・料金がそれぞれ2割引になります。

 JR東日本の株主優待割引券で新幹線に安く乗る

宿泊する場合

新幹線で東京⇔仙台を往復し、かつホテルに宿泊する予定がある場合は、日本旅行などが発売しているJR+宿泊セットプランを利用する方法があります。新幹線とホテルを個別に手配するより、旅費全体を安く抑えることができます。

【日本旅行】東京→仙台のセットプランを探す(仙台に宿泊)

【日本旅行】仙台→東京のセットプランを探す(東京に宿泊)

飛行機

仙台空港ターミナルビル

仙台空港ターミナルビル

【片道費用】12,740〜23,140円
【所要時間】約1時間5分 〜 1時間10分

運航路線(2016年5月調査時点)
航空会社 路線 運賃
ANA 成田⇔仙台 12,740〜23,140円

ANAが、成田⇔仙台線を1日2往復で運航しています。成田空港発着便なので、東京都心方面まで移動する場合は、東京都心方面〜成田空港のアクセス時間も考慮する必要があります。

 東京⇔成田空港の移動手段(アクセス)まとめ

なお「早割」タイプの運賃を利用することで、費用をある程度安くすることが可能です。「早割」は予約期限が設定されているタイプの運賃で、例えば「早割75」なら、搭乗日の75日前までの予約が必要です。

予定が決まっている場合は早めに予約手続を進めるほうがいいでしょう。また、「早割」のキャンセルにはキャンセル料がかかるので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

東京⇔仙台の移動手段を表にしてまとめると、以下のようになります。

東京⇔仙台の移動手段
交通機関 費用(片道) 所要時間
高速バス 1,840〜16,900円 約5〜6時間
JR在来線 5,940円 約7〜8時間
東北新幹線 6,940〜19,930円 約1時間40分〜
飛行機 12,740〜23,140円 約1時間5分 〜 1時間10分

東京⇔仙台は、東北新幹線がメインの移動手段です。運転本数が多く、「定時性」に優れているのが新幹線のメリットです。

飛行機は成田空港発着便のみで、運航便数が少ないです。利便性で新幹線より少し劣りますが、空港の近くにお住まいなら有力な選択肢です。

コスト面を重視するなら高速バスか、JR在来線です。JR在来線で移動する場合、青春18きっぷや北海道&東日本パスを使える時期であれば、格安で東京⇔仙台間を移動することも可能です。

この記事の内容は、動向に応じて随時更新していく予定です。


スポンサーリンク

タグ

仙台宮城東京東北地方関東地方

関連するコンテンツ