特急『踊り子』(東京〜伊豆急下田・修善寺)割引&乗車ガイド【2020年度版】

特急『踊り子』号と富士山

富士山麓を走る特急『踊り子』号

特急『踊り子』の基本データ

特急『踊り子』路線図

特急『踊り子』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は、主な停車駅のみ表示。2020年3月14日ダイヤ改正後のデータを元に作成)

特急『踊り子』は、東京(池袋・東京・新宿)と静岡県の伊豆地方(修善寺・伊豆急下田)を結ぶ特急列車です。

首都圏〜伊豆地方の移動手段としての役割と、観光向けの列車としての要素を同時に兼ね備えているのが特徴の列車です。

特急『踊り子』は、東京駅〜伊豆急下田駅間(伊東駅経由)を走る列車と、東京駅〜修善寺駅間(三島駅経由)を走る列車に分かれています。伊豆急下田駅を発着する列車のほうが運転本数が多く、修善寺駅発着の列車はあまり多くありません。

伊東駅〜伊豆急下田駅間は伊豆急行、三島駅〜修善寺駅間は伊豆箱根鉄道の区間を走ります。

特急『踊り子』には通常の『踊り子』に加えて、観光列車としての『サフィール踊り子』号(2020年3月14日運転開始)も運転されています。『サフィール踊り子』号については、下の項目で紹介しています。

車両タイプ

  • 185系電車・E257系電車(踊り子号)
  • E261系電車(サフィール踊り子号)

その他

  • 全席禁煙です。
  • 『踊り子』号は車内販売がありません。『サフィール踊り子』号には、カフェテリア車両があります。

スポンサーリンク

『サフィール踊り子』について(2020年3月14日運転開始)

サフィール踊り子』は、リゾート車両を使用した観光列車で、2020年3月14日から運転が開始されました。これまで運転されていた『スーパービュー踊り子』は、『サフィール踊り子』に吸収される形になりました。

『サフィール踊り子』は全席グリーン車というのが特徴で、通常のグリーン席に加えて、プレミアムグリーン席と、4人または6人収容のグリーン個室も設けられています。

『サフィール踊り子』は毎日の定期列車が1日1往復の運転で、臨時列車も運転されます。

特急『踊り子』と競合する移動手段

2020年3月現在、特急『踊り子』と競合する移動手段には、高速バスがあります。具体的には以下の路線です。

東京〜伊東・下田方面を結ぶ定期運行の高速バスは、2020年3月時点でありません。

また、乗り継ぎが必要ですが、新幹線やJRの普通列車・快速列車なども、移動手段として利用可能です。新幹線や普通列車・快速列車の場合、乗り継ぎ駅は熱海駅三島駅になります。

特急『踊り子』『サフィール踊り子』の運賃・料金

特急『踊り子』と『サフィール踊り子』の運賃・料金(主な区間のみ)を以下の表にまとめました。

  • 大人1名が通常期に乗車するという条件です。
  • 普通車指定席の場合、繁忙期は通常期に200円プラス閑散期は通常期から200円マイナスです。通常期・繁忙期・閑散期のカレンダーはこちら
  • 新宿駅発着の運賃・料金も東京駅発着の運賃・料金と同じです。
特急『踊り子』号の運賃・料金(大人1名・通常期)
区間普通車自由席普通車指定席グリーン車
東京〜熱海3,340円3,870円5,440円
東京〜伊東3,670円4,200円5,770円
東京〜修善寺4,270円4,800円設定なし
東京〜伊豆急下田5,730円6,370円8,350円
特急『サフィール踊り子』号の運賃・料金(大人1名)
区間グリーン車プレミアムグリーン
東京〜熱海5,940円7,440円
東京〜伊東6,270円7,770円
東京〜伊豆急下田9,110円11,430円

『サフィール踊り子』号のグリーン個室の料金については、公式ページや『みどりの窓口』等でお問い合わせください。

スポンサーリンク

特急『踊り子』の割引きっぷ

特急『踊り子』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。

  • 南伊豆フリー乗車券
  • 自由席特急回数券
  • 大人の休日倶楽部ジパング(シニア限定)
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの内容について、以下で見て行きましょう。

南伊豆フリー乗車券

南伊豆フリー乗車券は、JR東日本が発売している『往復乗車券+フリーエリア乗り放題』タイプのお得なきっぷです。きっぷの有効期間は2日間です。

フリーエリア内までの往復には、JRの普通・快速列車の普通車自由席に乗車できます。利用する経路は、東海道線経由に限ります。

フリーエリア内では、伊豆急行の普通車自由席と、東海バスに乗り降り自由です。東海バスは、静岡県伊東市に本社を置くバス会社です。伊豆半島全域を路線網とする路線バスで、伊豆半島各地の移動に利用できます。JRで移動できないエリアに行くには、路線バスが便利です。

新幹線や、特急『踊り子』などの特急列車に乗車するには、別に特急券を購入する必要があります。東海道新幹線には乗車できません。

なお、この南伊豆フリー乗車券は乗車日前日までの発売です。当日には購入できないので注意してください。

南伊豆フリー乗車券の価格
出発地価格(大人)
東京都区内発6,270円
横浜市内発5,950円
小田原発4,490円

東京〜伊豆急下田間を普通列車で往復する場合、普通にきっぷを購入すると7,780円なので、南伊豆フリー乗車券で単に往復するだけでも元が取れます。

自由席特急回数券

自由席特急回数券は、伊豆急行が販売している10枚つづりの特急自由席回数券です。使用できるのは、伊豆急行の伊東〜伊豆急下田の区間です。

価格は1,000円(大人)です。1枚あたりの価格は100円で、通常の自由席特急料金(410円)より310円安くなっています。

大人の休日倶楽部ジパング(シニア限定)

大人の休日倶楽部ジパングは、JRが運営しているシニア向けの会員制サービスです。

入会には年齢制限(男性65歳以上・女性60歳以上)があり、年会費が別に必要です。

片道または往復で201km以上の距離を移動するという条件で、JRの運賃・料金が20〜30%割引になります。

大人の休日倶楽部ジパングの割引は、JR線の区間のみに適用されます。伊豆急行や伊豆箱根鉄道などの私鉄乗入れ区間については、別に乗車券と特急券を購入する必要があります。

特急『踊り子』の場合、東京駅〜熱海駅、東京駅〜伊東駅、東京駅〜三島駅などの区間を往復(片道では不可)すれば割引が適用になります。

学生割引(学生限定)

学生割引は、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の生徒が利用できる割引です。片道の営業キロが101キロ以上の区間を移動するという条件で、運賃が20%割引になります。

学生割引はJR線の区間のみに適用されます。伊豆急行や伊豆箱根鉄道などの私鉄乗入れ区間については、別に乗車券と特急券を購入する必要があります。

特急『踊り子』の場合、東京駅〜熱海駅、東京駅〜伊東駅、東京駅〜三島駅などが割引対象の区間です。

費用を比較

最後に、南伊豆フリー乗車券を利用した場合の費用と、所定の運賃・料金を比較してみます。大人1名が通常期に特急『踊り子』の普通車指定席で各区間を往復するという条件です。

『踊り子』(大人・通常期・往復)
区間南伊豆フリー乗車券所定の運賃・料金(普通車指定席)
東京〜伊東10,050円8,400円
東京〜修善寺10,210円9,600円
東京〜河津11,090円12,220円
東京〜伊豆急下田11,090円12,740円

東京〜伊東、東京〜修善寺などの区間では所定の運賃・料金のほうが安いですが、東京〜河津、東京〜伊豆急下田では南伊豆フリー乗車券を利用したほうが安くなります。

特急『踊り子』の予約

特急『踊り子』の指定席券は、以下のような手段で予約(購入)できます。

  • JRの駅の『みどりの窓口』
  • 主な旅行会社の窓口
  • 指定席券売機
  • インターネット予約サイト

JRの主なインターネット予約サイトには、『えきねっと』や『e5489』(いずれも会員登録無料)などがあります。

※『サフィール踊り子』号のプレミアムグリーン席グリーン個室は『えきねっと』などのインターネット予約サイトでは予約・購入できないので注意が必要です。プレミアムグリーン席は指定席券売機か『みどりの窓口』、グリーン個室は『みどりの窓口』のみでそれぞれ予約・購入できます。

JR東日本のエリア内にお住まいの方は、『えきねっと』できっぷを予約すれば、JR東日本の駅で、予約済みのきっぷを受け取ることができます。

『えきねっと』では、シートマップ(座席表)で最新の空席状況を確認しながら、希望の座席を選択することができます。

きっぷの購入方法全般については、以下の記事をご覧ください。

 新幹線(特急列車)きっぷの買い方ガイド

スポンサーリンク

タグ

JR東日本三島下田伊東修善寺小田原東海地方神奈川関東地方静岡

関連するコンテンツ