特急『北斗』(札幌〜函館)割引&乗車ガイド【2020年度版】

※特急『スーパー北斗』は、2020年3月14日のダイヤ改正で、特急『北斗』に名称が変更されました。
駒ケ岳と北斗

特急『北斗』と駒ケ岳

特急『北斗』の基本データ

特急『北斗』路線図

特急『北斗』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。2020年3月14日ダイヤ改正後のデータを元に作成)

特急『北斗』は、札幌〜函館を結ぶJR北海道の特急列車です。以下に、特急『北斗』の特徴を簡単にまとめました。

  • 札幌〜函館間を、最短3時間30分で結びます。
  • 261系または281系車両で運転されています。
  • 以前は特急『スーパー北斗』という名称でも運転されていましたが、2020年3月14日のダイヤ改正で、特急『北斗』に名称が統一されました。
  • 北海道新幹線との接続駅(乗り換え駅)は、新函館北斗駅です。
  • 新函館北斗駅と函館市中心部の函館駅まではやや離れているため(上の路線図を参照)、新函館北斗駅〜函館駅間のアクセス列車として、『はこだてライナー』という普通・快速列車が運転されています。

特急『北斗』の停車駅

札幌・新札幌・南千歳・苫小牧・登別・東室蘭・伊達紋別・洞爺・長万部・八雲・森・大沼公園・新函館北斗・五稜郭・函館

特急『北斗』と競合する交通機関

札幌〜函館間で特急『北斗』と競合する交通機関は、飛行機(ANA・JAL)と、高速バス『はこだて号』です。飛行機の路線はANA新千歳空港発着の便と、JAL丘珠空港(札幌)発着の便があります。

各移動手段の費用・所要時間を比較したのが、以下の表です。発着地点が異なるので厳密な比較にはなっていませんが、参考までにご覧ください。飛行機の場合、空港へのアクセスに必要な費用と所要時間は計算に含めていません。

交通機関費用(大人・片道)所要時間
特急『北斗』8,910〜13,100円約3時間30分〜4時間
飛行機(ANA 新千歳〜函館線)6,670〜17,970円約40分
飛行機(JAL 丘珠〜函館線)6,600〜19,100円約45分
高速バス『はこだて号』4,900円約5時間30分〜40分

スポンサーリンク

特急『北斗』の運賃・料金(主な区間)

特急『北斗』の運賃・料金(主な区間のみ)は、以下のようになっています。

特急『北斗』の運賃・料金
区間普通車自由席普通車指定席グリーン車
札幌〜苫小牧2,830円3,360円4,130円
札幌〜東室蘭4,690円5,220円7,490円
札幌〜伊達紋別5,390円5,920円8,190円
札幌〜洞爺5,830円6,360円8,630円
札幌〜長万部6,930円7,460円11,120円
札幌〜函館8,910円9,440円13,100円

特急『北斗』の時刻・運行情報

特急『北斗』は、下り・上りそれぞれ、1日に12本運転されています。

最新の時刻や運行情報は、JR北海道の公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

特急『北斗』の割引きっぷ

特急『北斗』の割引きっぷには、以下のようなものがあります。

  • 『えきねっとトクだ値』
  • 乗車券往復割引きっぷ
  • 北斗オプション特急券
  • 学生割引(学生限定)

それぞれの内容について、以下で見ていきましょう。

なお札幌〜室蘭の割引については、この記事では扱いません。以下の記事をご覧ください。

 特急すずらん(札幌〜室蘭)の割引まとめ

『えきねっとトクだ値』

えきねっとトクだ値』は、JRのインターネット予約サービス『えきねっと』(会員登録無料)の会員向けに発売されている割引きっぷです。

『えきねっとトクだ値』は乗車券と特急券がセットになっているタイプのきっぷで、席数・区間は限定です。席数が限定なので、予定が決まっているのであればなるべく早めに予約するほうがいいでしょう。

『えきねっとトクだ値』の価格(主な区間)は以下の通りです。『トクだ値15』や『トクだ値30』の数字は割引率を表しています。

『えきねっとトクだ値』の価格(主な区間)
区間トクだ値15トクだ値30
札幌⇔新函館北斗・五稜郭・函館8,010円6,590円

乗車券往復割引きっぷ

乗車券往復割引きっぷは、JR北海道が発売する乗車券タイプ往復割引きっぷです。

乗車券往復割引きっぷは乗車券タイプのきっぷなので、乗車券往復割引きっぷだけでは特急列車には乗車できませんが、特急券を別に購入することで、特急『北斗』にも乗車できます。

使い方としては、乗車券往復割引きっぷ単体で使うよりも、特急券や、以下の項目で紹介する『北斗オプション特急券』と組み合わせて使うほうが多くなるでしょう。

乗車券往復割引きっぷの有効期間は6日間です。有効期間内の6日以内に往復する必要があります。途中下車はできません。

以下の表に、乗車券往復割引きっぷの価格(主な区間のみ)を示しました。おトク額と、通常のきっぷとの割引率も計算しています。

乗車券往復割引きっぷの価格(主な区間のみ)
区間価格おトク額割引率
札幌~伊達紋別5,010円1,370円 21.5%
札幌~洞爺5,700円1,560円21.5%
札幌~長万部7,090円1,930円21.4%
札幌~八雲7,600円2,080円21.5%
札幌~新函館北斗・函館9,860円2,680円21.4%

北斗オプション特急券

北斗オプション特急券は、JR北海道が発売する特急券です。特急『北斗』の普通車自由席に乗車できる特急券です。

この北斗オプション特急券は、上で紹介した『乗車券往復割引きっぷ』と併用することが前提の特急券です。単体では利用できないきっぷので、注意が必要です。

この北斗オプション特急券は片道の特急券なので、往復する場合は2枚購入する必要があります。

北斗オプション特急券の価格と、設定区間は以下の通りです。なお札幌⇔函館の設定はありません。

北斗オプション特急券の価格
区間価格おトク額
長万部⇔函館640円1,190円
伊達紋別⇔札幌760円1,440円
洞爺⇔札幌760円1,440円
長万部⇔札幌2,070円350円

学生割引(学生限定)

学生割引は、JRが学生向けに提供している割引制度です。片道の営業キロが101キロを超える場合、運賃が2割引になります。

札幌駅から特急『北斗』に乗車する場合、登別駅(111.7キロ)を超えて乗車すれば、学生割引の適用になります。

函館駅から乗車する場合は、長万部駅(112.3キロ)を超えて乗車すれば、学生割引の適用になります。

割引きっぷのまとめ

  • 札幌〜函館を往復するなら、乗車券往復割引きっぷか『えきねっとトクだ値』が選択肢になります。
  • 学生で101キロ以上の区間を移動するなら、学生割引も利用できます。
  • 上では紹介しませんでしたが、函館周辺を観光するなら『はこだて旅するパスポート』というフリーきっぷがあります。特急券を別に購入することで、特急『北斗』の函館〜森間にも乗車することができます。

特急『北斗』の予約

特急『北斗』の指定席券は、以下のような方法で予約・購入できます。

  • 全国のJRの駅にある『みどりの窓口』
  • 主な旅行会社の窓口
  • JR北海道の主な駅にある指定席券売機
  • インターネット予約サイト(えきねっと)

えきねっと』は、JRのインターネット予約サイト(会員登録無料)です。シートマップで最新の空席状況を確認しながら、希望の座席を選択することができます。

『えきねっと』で注意すべきなのは、きっぷの受け取り場所です。特急『北斗』の場合、JR北海道とJR東日本の駅できっぷの受け取りが可能です。

特急列車のきっぷの買い方全般については、以下の記事をご覧ください。

 新幹線(特急列車)きっぷの買い方ガイド

スポンサーリンク

タグ

JR北海道函館北海道室蘭札幌苫小牧

関連するコンテンツ